スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

ハン検まで50日

新しく学ぶ言語の、単語はどうやって記憶されていくのか。

それをリアルタイムで追い、記録することで今後の学習指導にも違いが出てくると思います。
自分にとって韓国語は、本当にゼロから始め、まだ本格的に初めて一週間程度です。
それをこうして記録に残す、というのは自分にとっても糧とも枷ともなりますし、読んでくださっている方にもなんらかのヒントになればこれ以上に嬉しいことはありません。

***

キクタンで単語記憶を始めて4日目。
まだ今日の暗記はしていませんので、正確には3日目が終わったところですか。

今のこの超初級、もしくは入門者の時点では、この単語帳ひとつあれば、というよりもこの一冊を確実につぶすことが先決です。
あれだけ本屋さんで悩んだのですから、この単語帳はいまいち、と次に手を伸ばすのは言い訳です。

そしてハン検本番まで、残り50日です。
キクタン本編に書かれていた、一日12単語で5週間35日で一周では、遅すぎです。(とりかかる私のスタートが遅すぎたということですね)

ですので、1週間分を2日でこなす一周目としました。
5週分ありますので、10日で一周ですね。
このペースなら、来週末には一周目終了します。
一日最低36単語ですか。ちょっとだけ、厳しいペースです。
でも、この3日間は、なんとかこなせています。

ちなみにこのペースですので、100%一周で覚えようとはしていません。
あくまで、
1)ハングルに慣れること
2)ハン検5級に必要な単語レベルを知ること
3)馴染みのある、もしくは相性のいい単語は覚えられるだけ覚えること
これが目的です。
これから何周も繰り返して覚える前提なら、この超スピードにも思った以上にストレスがかかりません。

初学者の段階では、可能な限りスピードに載った方が、学習習熟具合もぐんと上がる気がします。
今日理解できなくとも、一日経つと理解できることが多いんです。
睡眠中にも無意識下では理解に努めているということでしょうかね?
この、「あ、わかった!」が多くなればなるほど、その言語にハマる確率は高くなるでしょう。
(そしてその「わかった!」は大抵、文法を紐解いていくと出会う頻度が高くなります……だから文法大事といわれるのですよね)

基本は、
1)単語帳を見る
2)読み方と意味を何度か見て覚えるよう努める
3)これでひとまずその日のノルマまで最後まで行く
4)戻ってきて、そこまでの意味を短期記憶できているか試す(赤シートが便利です)
5)覚えていなければ、今度はイメージと結びつける(勉強、はコンブだから、昆布で勉強、昆布で勉強……といった調子で)
6)さらにもう一度最後までさらう
7)ここで、キクタン音声の出番。音声だけ聞いて、その日のノルマを定着させる
8)余裕があれば、時間を置いて最後に音声+テキストで再定着

この手順で進んでいますので、朝一でまず単語を始め、お仕事帰りに仕上げの8)で復習します。
単語はその場その瞬間だけ覚えていても身につかないので、できるだけ時間をおいて復習できる環境が必要ですね。
前日夜やって、朝復習でもいいですし。
朝覚えて、夕方復習でも同じです。
大事なのは、前に覚えたことをまず復習。これにつきると思います。

本日もまた外出ですので、手すき時間に単語学習、で参ります。

【参考書】
改訂版キクタン韓国語初級編改訂版キクタン韓国語初級編
(2012/06/04)
HANA韓国語教育研究会

商品詳細を見る

スポンサーサイト
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

バレエと語学

バレエレッスンに参加してきました。

レッスンの半分はストレッチ、しかもゆったりとした動きですのに、レッスン終わりには汗びっしょりです。
優雅な所作には、それだけエネルギーを使うという、良い証拠ですね。
プリンセスになる(である)には、どれだけ見えない部分を燃やして支えて学び続けなければいけないのか、教えてもらっていますバレエに。

そしてバレエは自らの体の改造のみならず、語学の場でもありました。

まず、ステップや立ち方などがごくごく普通にフランス語です。
プリエ、ドゥミ、グラン、ジュテ、クペ、タンデュなどなど。
私はバレエの前にフランス語を習っていたので、単語帳で覚えた用例と、実際のバレエでの使い方に差があると、思わず笑ってしまう方です。

しかし、フランス語の予備知識があってよかったことは確かですね。
バレエに関しては始めたばかりの超初級者ですが、用語は概要は既に分かっていて、バレエ独特の使い方にも応用することはわりあい容易です。
となれば、後は体で覚えたステップと、実際のフランス語ステップ名を結びつける だけ 。

まあ、これから何度もバレエレッスンは受けるのですから、一度で全部覚えようとせずとも良い、でしょう。
先生もそうおっしゃっていましたし。

ところで少し気になったのですが、他の国では一体バレエレッスンの際に何語が使用されるのでしょうね?
やはり用語としてはフランス語が世界共通なのでしょうか。
それとも国によって違うのかしら。
(社交・競技)ダンス用語は英語で統一されているからして、バレエはやっぱりフランス語統一かなあ。

***

↓こちらは、かなり前に購入したバレエストレッチ本です。
レッスンに行けないときはコレを参考に、ストレッチに励んでいます。

DVD付き バレリーナに学ぶはじめてのバレエ・エクササイズDVD付き バレリーナに学ぶはじめてのバレエ・エクササイズ
(2004/12/07)
牧阿佐美バレエ団=

商品詳細を見る


にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

ハン検まで53日

外国語習得に必要なものは、単語と文法。

ということで、単語帳を購入してまいりました。
本屋さんで、出ている単語帳を全部ぺらぺらめくり、今の自分レベルに合う1冊を選んだつもりです。

改訂版キクタン韓国語入門編改訂版キクタン韓国語入門編
(2012/06/04)
HANA韓国語教育研究会

商品詳細を見る

残り50日と少しですからね。
毎日持ち歩け、カバンに入り、手軽にパラパラめくれ、かつハン検に対応しているものとなると、なかなか条件にあう本が少なかったです。

あとは単純に私の好みに合うかどうかが最終的な決め手です。

こちらのキクタンは、単語の読みあげは付属のCDでしてくれますが、載っている例文の音声は別売り(か他の言語ではないのもある)なのがあと一歩、というところですが。
それでも単語の読みあげを韓→日→韓で読みあげてくれるところはポイント高いです。

音で慣れ、ハングル表記を音からも強化する、は良い手です。
見慣れぬ文字ならなおさら、音の重要性は高まるというものです。

【本日の学習成果】
・学んできたハングル文字が、単語と結びつくことでより簡単にするすると口から出るようになる
・一週間学んだ中でいつの間にか覚えた単語もいくつかあったことに気付かされた
・漢字や外来語由来の単語はほとんどそのままの音声のため、イメージして覚えるのが容易と知る

・キクタン1週目・5日目まで単語終了



文法に関しては、「どんどん身につく~」で進めています。

今日から毎日、韓国語単語覚えの時間は確保していきますよ。
まずは、明日の朝の復習と、新しい単語覚えです。新しい単語帳は、妙にわくわくしますね!

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

ハン検まで54日

ぼちぼち、単語の習得も始めないとな、と思い立った週明けでした。

昨日は一日韓国語はお休み。
記憶を定着させるためにも、適度な休息は必要です。(本当は別のことをしていて、ハングルに回す時間が足りず。休日はスケジュールが狂いまくります)

現在は、「書けるようになる本」をベースに、「どんどん身につく~」のハングル入門部分で問題を解いています。
ハングルはある程度書けるようになりましたが、ヒアリングが甘いです。アマちゃんです。
特に、「オ」のふたつが聞きとれていません。同じに聞こえる。

今週も予定がきちきちなので、明日にでもまた本屋さんに寄り、今の自分に合った(=ハン検5級に対応している)韓国語単語集を探すとしましょう。

【本日の学習成果】
・韓国語リスニングで、日本語にない母音が聞きとれていないことが判明
・これは何度も聞き返して慣れるしかない
・単語帳の必要性をひしひしと感じる



【参考書】
1日でハングルが書けるようになる本―ヒチョル式超簡単ハングル講義1日でハングルが書けるようになる本―ヒチョル式超簡単ハングル講義
(2012/08)
チョ ヒチョル

商品詳細を見る


【CD付】 どんどん身につく韓国語入門【CD付】 どんどん身につく韓国語入門
(2014/06/26)
オ・スンウン

商品詳細を見る



にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

ハン検まで56日

新言語を学んでいて一番中だるみするのは、ひとつ目標を達成したときです。

今回で言うと、参考書を1冊、一周目を終えたときです。
つまり昨日のことですね。
一度終えたものをもう一度繰り返すのは、正直なところ楽しいものではないです。
だって新しい言語ですから、どんどん先に進みたいですもの。
わかります。
なんだか気が焦ってしまって、次から次へと新しいことを覚えたくなるんです。

しかしその結果、文法の取りこぼしや、表面的な理解にとどまってしまった経験があります。
さらっと覚えた5000語よりも、しっかりと身についた、すぐに口から出てくる500語の方が役に立ちます。
これは、ドイツ語単語帳のコラムにあった格言です。
真理ですわ。

しかし、だからといって完全に丸々前の参考書をなぞるだけではつまらない。
となれば。復習と、新しいことを織り交ぜた学習を試してみました。

1)ハン検過去問をさらっと解いてみる

2)その結果を踏まえ、ハングル書く本に戻る

この流れです。

【本日の学習成果】
・公式過去問を、さらっとでも最後まで見たことで問題の傾向がつかめた
・現状では、この過去問は一問も解けないことが判明した
・試験はマークシートであり、5級では記述問題はないため、確実に見て理解できれば良いことがわかった
・発音、単語、文章、ヒアリングの求められているレベルが、他の外国語と比較してどれほどのものか理解できた
・過去問を眺めたことで、ハングルに対してのモチベーションが再び上がった
・それを踏まえ、「ハングル書く」本の0時間目をしっかりと、復習し初日には理解できなかったことが今度は確実に身についた



「書く」本に割く時間が少なくなってしまいましたが、過去問を見ることで得たものがそれ以上に多かったので、自分としては満足のいく学習時間でした。
やはり次の本に行く前に、「書く」本をしっかりとマスター、がよろしいようです。


【参考書】
1日でハングルが書けるようになる本―ヒチョル式超簡単ハングル講義1日でハングルが書けるようになる本―ヒチョル式超簡単ハングル講義
(2012/08)
チョ ヒチョル

商品詳細を見る


「ハングル」能力検定試験過去問題集〈第9巻〉5級「ハングル」能力検定試験過去問題集〈第9巻〉5級
(2014/03)
ハングル能力検定協会

商品詳細を見る


にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。