ユーザータグ : フランス語の記事 (1/2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

バレエと語学

バレエレッスンに参加してきました。

レッスンの半分はストレッチ、しかもゆったりとした動きですのに、レッスン終わりには汗びっしょりです。
優雅な所作には、それだけエネルギーを使うという、良い証拠ですね。
プリンセスになる(である)には、どれだけ見えない部分を燃やして支えて学び続けなければいけないのか、教えてもらっていますバレエに。

そしてバレエは自らの体の改造のみならず、語学の場でもありました。

まず、ステップや立ち方などがごくごく普通にフランス語です。
プリエ、ドゥミ、グラン、ジュテ、クペ、タンデュなどなど。
私はバレエの前にフランス語を習っていたので、単語帳で覚えた用例と、実際のバレエでの使い方に差があると、思わず笑ってしまう方です。

しかし、フランス語の予備知識があってよかったことは確かですね。
バレエに関しては始めたばかりの超初級者ですが、用語は概要は既に分かっていて、バレエ独特の使い方にも応用することはわりあい容易です。
となれば、後は体で覚えたステップと、実際のフランス語ステップ名を結びつける だけ 。

まあ、これから何度もバレエレッスンは受けるのですから、一度で全部覚えようとせずとも良い、でしょう。
先生もそうおっしゃっていましたし。

ところで少し気になったのですが、他の国では一体バレエレッスンの際に何語が使用されるのでしょうね?
やはり用語としてはフランス語が世界共通なのでしょうか。
それとも国によって違うのかしら。
(社交・競技)ダンス用語は英語で統一されているからして、バレエはやっぱりフランス語統一かなあ。

***

↓こちらは、かなり前に購入したバレエストレッチ本です。
レッスンに行けないときはコレを参考に、ストレッチに励んでいます。

DVD付き バレリーナに学ぶはじめてのバレエ・エクササイズDVD付き バレリーナに学ぶはじめてのバレエ・エクササイズ
(2004/12/07)
牧阿佐美バレエ団=

商品詳細を見る


スポンサーサイト
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【Le petit prince】全36回復習完了

11月頭のハングル検定までは、自分にとっての新言語である韓国語に毎日少しずつでも触れる、が第一目的です。
馴染みが薄いものは、やはり興味が移ろいやすいですから。

その新言語に対して、「常にアツい」状態が理想ですが、毎日変わらぬ情熱を持って取り組める方はよほどのマニアか、その言語に付随する何かがものすごく好きか(良く言われる話ですが、恋人の使う言葉だからとか)ですよね。

そこまでの気概を持てぬ私は、言語学習を習慣にするプログラムを自分に対して作っています。
これは今まで学んできた教育機関や講座や研究所、プロジェクトの指導方法を基に、一番自分に合ったやり方を試してみた結果です。
怠ける気持ちがあっても、やることが当然で、やらないとなんとも気持ち悪い、収まりが悪い状態に持っていくことが習慣ですから。

その習慣のひとつが、「星の王子さまで学ぶゼロからのフランス語会話・文法講座」の復習です。
全36回の授業を、出勤日の朝の電車内ですべて復習しおわりました。

[ 続きを読む » ]
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

TRIVIUMコース復習の巻(2)

先週、TRIVIUMコースを復習しはじめました、との記事を上げました。
→『TRIVIUMコース復習の巻

今週の進捗状況です。
無事に二週目の復習が終わりました。
英語・ドイツ語は中級講座。
フランス語は初級講座の組み合わせです。

どの言語も、中級講座は和訳課題がメインです。
一方、初級は文法問題や、一文の和訳・仏訳がまんべんなくあります。

どの言語も横並び(例えば全部初級、もしくは全部中級)だったら途中で挫折していたでしょうが、一言語でもレベルが違ったことで私にはある種の余裕というか息抜きができて助かります。

いや、復習の今だからこそ「余裕」という言葉も出てくるのですが……。
受講当時は、本当にまったく初めて、ゼロからのフランス語でしたから、ここが一番時間がかかった課題でしたものね。

それを思うと、新しい言語ほどレベルアップの上昇率は高いですね。
いわゆる、入門から中級まではあっという間に伸びる、というやつです。
フランス語でそれを実感しています。
当時は辞書と首っ引きでも分からなかった一文が、今は辞書なしで、ドイツ語と同じように読める、理解できる、日本語に直せる、この喜び。
これこそ語学を学ぶ醍醐味ですよねえ。

しかし中級者以上になると、長い長い伸び悩みのトンネルが待ちうけるということもありますが……それはまた別のお話。

というわけで、復習二週目は無事完走です。
また来週に向け、気合い入れ直して復習してきます。


にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

TRIVIUMコース復習の巻

9月に入りましたね。
このところ夏の終わりを急激に感じる気候になったのと、転職先での業務にもやっとこさ慣れてきたようで、少し余裕が出てきました。

これまでは夏バテと新しい会社に馴染むので精いっぱいでしたので、正直なところ、朝一のドイツ語翻訳以外に新たな勉強法の開拓とはいきませんでした。

が、今のこの涼しさならいける!

と踏んだもので、先週から新しい勉強習慣を始めました。

以前通信教育で受講していた、ポリグロット外国語研究所の翻訳講座、「TRIVIUMコース」の復習です。
一年間で3~5カ国語をモノにする、が目的な通信講座でした。
この場合、モノにする=「翻訳ができるレベルまで持っていく」です。

受講生の外国語習熟度合いは様々なので、事前にレベルチェックのヒアリングが行われ、初級・中級・翻訳講座と難易度が違うコースを段階的に学習していく仕組みです。

私は、英語ドイツ語フランス語の3カ国語を受講しました。
フランス語のみ、ゼロからのスタートです。
残りの二カ国語はまがりなりにも義務教育と高校、それにゲーテ東京で数年間習っただけあり、初級文法講座は受けずに中級から始めたものです。
イチからスタートなのはフランス語だけだから、割と余裕で出来るのでは?と初めの頃はなめていたところがありましたね、実は。
しかし、もちろんこの後大変なしっぺ返しをくらうのは、世の常というものです。

毎週訪れる宿題提出の波。
新しい言語に慣れるまでの、ちんぷんかんぷんな呪文の羅列。
提出前に見返す自分の訳文の、絶望的なまでのセンスのなさ。
添削で戻って来た自らの訳文の甘さと、模範訳文のあまりの美しさに何度涙を飲んだことか。


ひるがえって、現在の復習状態ですが。
当時を思い返し、受講時と同じ締め切り設定で、初めからやり直しています。

しかし、当時は必死になって片づけていたためか、復習が、正しく『復習』になっています。
つまり、細かい部分まではもちろん読みこまないと出てきませんが、どんな分野のどのような流れのテキストかはタイトルと冒頭の数行で、「ああ、そうそうこれ読んだわー」状態です。
それだけ、一週間の間に何度も読み直して、訳文を練り直していたのですね。

これを踏まえると。

限られた時間の中で自分の限界まで出し切って翻訳をする。
量をこなす。

これが翻訳スピードを上げる最短ルートなのでしょうか。

そういえば、このTRIVIUMを受けている間はひいひい言いながらも締め切りは毎週ぎりぎり守れていましたもの。
タイムリミットが決まっていれば、そしてそれを守ろうと常に意識していれば、自然と体はそれに向かいますね。
先週の復習は、無事にクリアしました。

今週も英独仏全て期日までに仕上げます。
そして復習ですので、恥を忍んで当時の提出文と比べるのもまた楽し、です。


にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【Le petit prince】第12回・指代&所代&前置詞&特殊代名詞の復習

ちょっとお久しぶりになってしまいましたが、文法講座の復習を続けます。
この回で、12回終わりました。文法・会話講座は全36回のため、これでやっと三分の一が終わったことになりますね。

これを記念して、講座の冒頭で単語暗記の秘訣が披露されていました。
確かに、単語の選別をまず最初に行うべきだよなあ、と今まで自分が覚えてきた道のりを思い返してみるとしみじみ感じます。
そしてこの説明を聞くたびに、単語を覚えたくなります(単純な私です)。

この回は復習ですのである意味あっさりと終わりますが、これも前回までしっかり復習してきた成果ですね。
それと、少し時間を置いて(結果として)記憶を定着させたこともあるのかもしれません。

[ 続きを読む » ]
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

「虎と小鳥」の年間継続

昨年2013年に始めた、フランス語脳プロジェクト(現・虎と小鳥のフランス語スクール)から継続案内メールが届きました。

もう一年になるんですね!月並みですが、光陰矢のごとし、です。
この一年でフランス語脳プロジェクトさんには本当にお世話になりました。

ポリグロット外国語研究所さんでTRIVIUM(三カ国語翻訳講座)コースを一年学び、そこでフランス語を一から始めました。まったくのゼロからで、一年間と数カ月で実務翻訳テキストまで読めるようにカリキュラムが組まれていたあのTRIVIUMコースにも脱帽ですが、そこから虎と小鳥にすぐさま移った、昨年の私の決断にも実は感心しています。
自分で決めたことですが、あのときの決心は速かったですし、間違っていなかったと実感しています。

このフランス語脳プロジェクトのおかげで、苦手だったフランス語への意識が消えたばかりか、早くフランスに行きたいなあ、とまで思えるようになりましたもの。

また、虎と小鳥では本当にたくさんの方が学んでいらして、それぞれご自身で情報を発信されています。
私などはまだまだフランス語中級の端のほうですので、プロジェクト参加を夢見ている段階ですが、歌詞の和訳や、本を制作・翻訳されるチームなどもいらっしゃるようです。

その方々が、この虎と小鳥のフランス語スクールで飛躍的にフランス語能力を伸ばしたというのが驚きですね。
改めて、この講座のメールや無料体験ガイダンスビデオを見返すと、その情熱に強く引き寄せられます。

その情熱っていったいなんなのかな、と考えてみるに、まずは講師である方々の受講生への思い、です。
もっとこの講座を良くしたい、分かりやすく、興味が続くように、無味乾燥な授業にはしたくない、というメッセージが聞こえてくるようです。
そして実際に、毎回面白い講座です。
参考書に載っている文法ももちろん取り上げますが、それ以上にその文法をどうしたら受講者の記憶に残るようなものにできるか、に心を砕いていらっしゃるように見受けられます。

さらに、これは長く続いている講座だからこそなのでしょうが。
受講生の方々が授業を受けた後、フィードバックがあちこちで見受けられる。
このことこそいわゆる「講座に対する信頼」があるのではないでしょうか。
初めて見た時は、私も「本当に大丈夫かなこの講座」と不安になりました。
インターネットが普通になった時代とはいえ、少なからず受講料をお支払いしても身にならなかったどうしよう、とちょっとは思いました。
ただ、当時拝見していたとあるブログの管理人さんもこの「虎と小鳥」を受講されていて、その効果を絶賛されていたんですね。
一度きりの記事であれば、うがった見方をすれば宣伝かな、とも思いますが。
それが継続されて、かつ毎回楽しそうなご様子だったのを覚えています。
ああ、これはいいなあ、と素直に思えたのがやはり最後のひと押しでしたかね。

今は虎と小鳥の講座感想をブログ記事にすることはお休みしていますが、毎週虎と小鳥は見ています。
真剣にスクリプトを覚えるまで口に出すこともあれば、さらっと流す週など、自分のスケジュールに合わせた学習方法ではありますが。
しかし一年続けてきた、そのことをまずは評価したいと思います。
なかなか他の講座で毎週欠かさず、というのはないですものね。

そして今回、継続のご案内が届いたことも良いきっかけです。
2014年も引き続き、この虎と小鳥のフランス語スクールでフランス語を学び続けます。

年間継続の手続きも済ませてきました。
また来週から、新たな一年が始まります。(今回の契約は6月で切れるため、来週の講座から新たな年間講座になります)

もしもまだ虎と小鳥のフランス語スクールに参加されていなくて、でもちょっとは興味がおありでしたら、まずはこちらでビデオをご覧になってはいかがでしょうか?
→ 『虎と小鳥のフランス語スクール ガイダンス

こちらは、最新の157話のサンプル動画です。↓↓↓


にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【Le petit prince】第11回・基本前置詞&特殊代名詞

この星の王子さまで学ぶフランス語文法講座を復習し始めてからというもの、フランス語を復習するのが主眼であるのはさることながら、同時にドイツ語文法書も横に置いてドイツ語も一緒に復習しています。

第10回までは、順調に二言語の文法事項交換が行われているようです(自分の頭のなかでは)。
しかし今回、初めて、「あかん、これドイツ語対応できないわ」とお手上げになりました。
ターゲット言語を完璧にカバーできるソース言語はないと知りつつも、今までなんとか該当する文法用語なり用法を発見できていたので、今回も……と思ったのですが。

これは完敗です。フランス語にのみ特化した文法事項でした。(他のロマンス語系なら同じものがあるかも。スペイン語とかイタリア語とか)

まあ、それがわかっただけでも収穫です。
ですので今回は純粋にフランス語のみの復習で。
[ 続きを読む » ]
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【Le petit prince】第10回・指示代名詞&所有代名詞

この、<『星の王子さま』で学ぶゼロからのフランス語文法・会話講座(長いので、以下「文法講座」とします)>は授業のビデオと、ビデオで使用したスライドをPDF化したもの、そして音声(MP3)の3種セットになっています。

まがりなりにも一度最後まで文法講座はやりとおしたはずですので、全講座記憶に残っています!
と、胸を張って言えれば良かったのですが……。人間忘れる生き物です。
講座を復習する前に、PDFだけ毎回先に見て記憶を読み戻そうとしてはいてもやはり細かいところは思いだせないですし、何が要点だったかはPDFだけ見ていてはわからない!

それだけ、講座のなかでの「音声」は大事です。この復習時にはむしろ授業のスライドには書いていないこと、さらっと講座で述べられたことをこそ書きとめるようにしています。

さらに今回は、この単元があったがために私のドイツ語弱点部分の復習もできた記念回でもありました。ああ、ドイツ語でも指示代名詞ってあったんですね、というかこれってそういう違いあったんだ、と文法書を見返して改めて学んだという……。


※ブログ運営者である私(ソフィー)はドイツ語履修者です。そのため、ドイツ語から見たフランス語、といった視点が混じります。ちょいちょい挟まれるドイツ語やドイツ関連は豆知識としてご活用いただければ幸いです。

[ 続きを読む » ]
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【Le petit prince】第9回・人称代名詞&指示形容詞&所有形容詞の復習

みっちり、むっちり、ごりごりの復習回でした。
先生ご自身も講座のなかで、今回はちょっと難しいとおっしゃられています。
実際に練習問題で復習した結果。

全12問中11問正解でした。また全問正解できなかった……。
つめが甘いとはこのことです。
それと、今回の分野は口から反射的に、つまり考えなくても正しい答えが出てくるまでごりごり練習する必要があります。とっさに間違えたら、なんだか気持ち悪いな、居心地悪いな、レベルまで昇華できればマスターと言っていいのではないでしょうか。

もちろん私はまだまだその域には達せられておりません。考えながら答えています。要修業。


[ 続きを読む » ]
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【Le petit prince】第8回・指示形容詞&所有形容詞

この文法講座がひとつの流れに沿っていると確信できた回です。

学習者は授業を聞いて理解をする。そこまではごくごく普通の光景です。あらかじめ組まれたカリキュラムに従って授業を行う側、受ける側ともにしゅくしゅくと知識を身につけていく。

ただ、文法事項って基本細切れというか、ぶつ切りなイメージがあるんですよね。
名詞を学んだら、次は動詞か。え、次は形容詞?といった感じです。
もちろんひとつの言語を用いるための規則=文法なので、ひろーい分野にわたって学習しなければいけないのはよくわかるのですが。そして複数言語を学んでいるため、それに慣れてもいるのですが。

この文法講座のように、名詞から始まり、冠詞、形容詞、複数形ときてからの指示形容詞&所有形容詞、となると、「ああ、そうだったのか!」感がものすごく得られます。
初めは五里霧中なのですが、講座回数を重ねるごとに、受講者はそれと知らずにいつの間にか必要な知識を身につけている。だから、覚えることは必要最小限で済む。

なんだかこう書くとものすごく画期的な文法講座ですね。いや実際そうだと思うのですが。
フランス語をきっちり学ぼうと思い立ち、フランス語脳プロジェクトを選び毎回きっちり履修してこられた方のフランス語能力の伸びは相当なものなのだろうなあ、としみじみ思います。

※ブログ運営者である私(ソフィー)はドイツ語履修者です。そのため、ドイツ語から見たフランス語、といった視点が混じります。ちょいちょい挟まれるドイツ語やドイツ関連は豆知識としてご活用いただければ幸いです。

[ 続きを読む » ]
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。