読書の記事 (1/2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【読】ガセネッタ&シモネッタ

ロシア語通訳、といえば私はこの米原万理女史がまず一番に頭に浮かびます。
おそらくそれは、以前読んだ女史の本が強烈だったからでしょうが。
こちら↓↓↓
不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)
(1997/12/24)
米原 万里

商品詳細を見る


『不実な美女か貞淑な醜女か』は、タイトルからしてすさまじいインパクトを残します。これが通常のフィクション小説の棚に置かれていたら見向きもしなかったでしょうが、語学系の棚に置かれていると、え、これは一体、と手に取ってしまうこと間違いなし。もちろん内容も、ご自身が考え実践されている通訳者論を根底にジョークも下ネタもからめつつ、読者を最後まで一気に読ませてしまう魅力にあふれていました。


今回手に取ったのは、その米原女史のエッセイ集。
こちら↓↓↓
ガセネッタ&(と)シモネッタ (文春文庫)ガセネッタ&(と)シモネッタ (文春文庫)
(2003/06)
米原 万里

商品詳細を見る


不実な~よりももう少し(というよりもかなり?)砕けて、ほんの少し(か?)下ネタが多い印象です。対談も2つ収録されています。
肩肘張らずに、気軽に読書をしたい、でもためになる本を読みたい方にはお勧めです。
矛盾しているようですが、軽妙な語り口で、言葉に対する意見をずばりと一言アクセントに入れている。また各エッセイのテーマがまた通訳者ならではのものが多いです。

厳重警備なガードマンへの「開け胡麻」な呪文の下り、ダジャレを好む通訳者の病など、電車内での読書だというのに思わず顔がゆるんでしまいましたもの。

また、対談でのエピソードで非常に参考になったことがひとつ。もちろん全編にわたって参考になりまくりではありましたが、今の私に特に刺さったものがあります。

「言語学をやる人が文学を読んでいないんですよね。(中略)言葉を愛するのなら、言葉の博物館である文学も愛してほしい。もちろん方法論は違うのですが、でも基本的にそれが根幹にないと、お話にならないと思うんです」
(本文108頁より引用)



文学に限らず、その国に住まう人なら最低限知っている知識もこれに含まれると思います。ここ最近でいえば、アメリカならばスターウォーズとスタートレックは必要にして最低限ですとか、マザーグースは英語圏の根底にあるだとか、そういったことを聞きますとただ言語を学ぶだけでは不十分なんだなあ、と思ってしまいますね。
まだまだまだまだ、学ぶことはたくさんあります。そして同時に、日本文学も読まないとね、と自分への戒めも。

軽快に最後まで読み切ってしまいましたが、この本もまた何度もお世話になること、間違いなしです。
スポンサーサイト
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【読】 5分の使い方で人生は変わる

最近新しく通うようになった図書館は、広すぎず狭すぎず。ぐるり一周するのにちょうどいい広さです。
蔵書も図書館によって違いがあって面白いですね。職場近くの図書館の後に、この自宅近くの図書館に寄るはしごをすることも。

この本も、図書館ぐるり一周中に目に付いたものです。

5分の使い方で人生は変わる (角川フォレスタ)5分の使い方で人生は変わる (角川フォレスタ)
(2013/12/21)
小山 竜央

商品詳細を見る

いわゆる、「これを行ったら成功します!」系の本ですが、冒頭から衝撃です。
以下、冒頭より引用。

「いきなりですが、断言します。これまでの成功本は全て役に立ちません」

「なぜなら、過去の成功本というものは、「たまたま」うまくいった事例を、あたかも全員に当てはまるように述べられているものがほとんどだからです」

「本書は、成功哲学についてではなく、成功科学についての本であると、私は考えています。ですから、極力、万人が結果を出せるメソッドを多く紹介しています」


どうですか、これ。ものすごい自信です。
自己啓発系の本はそれなりに読んできたので、全部丸のみで実践しよう!とは思ってませんが、なかなか説得力のある文章です。

そして、章立ても細かく、多数の案が提示されているので、おそらく一つか二つくらいはそれぞれビビビッと来る(古いでしょうか)項目があるのでは?

ちなみに私のお気に入りは、
・「夢は原則、叶わない」
フェラーリに乗りたい、という夢は原則叶わない(これはこれで結構衝撃的な断言ですね!)。しかし、フェラーリを10台くらい購入できる規模の会社を興す夢を持てば、その夢の途中に、「フェラーリに乗る」ことが通過点として現れる。
つまり、夢=ゴールではなく、夢=通過点にしてしまいましょう、と提案されているのです。
これ、面白いです。
私も早速目標を一段階上げました。
今の自分ではちょっとキツイのでは、と思われるくらいの大それた目標設定です。
(ちなみに翻訳に関する目標です)
心の中と、手帳に書いた程度ですが、この効果凄いです。脳が目標を認識しなおしたのか、当初予定していた目標は、本当に「ああ、通過点だな」と気負うことがなくなりました。
このままいけば、当初の目標には到達できます。
これ、簡単にできますので是非この本をパラ、とでも読まれて試していただきたいです。
自分の認識って簡単に変わるんだな、を身をもって体験しました。

他にも、
・「世界はゲームである」と思う

・“神の視点”から自分を見る

・複雑なことは単純化して解決しよう

などなど、タイトルに沿った内容がもろもろ心に刺さります。

あとがきにもあるように、このレビューを時折自分でも見返して、忘れないことが大事ですね。
「思いこみ」と「当たり前の規準を高める」を続けていく、(一日たった)5分の努力。
良書でした。また借りたいです。


にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【読】 『絶対ブレない「軸」のつくり方』

絶対ブレない「軸」のつくり方絶対ブレない「軸」のつくり方
(2010/12/10)
南 壮一郎

商品詳細を見る

図書館で巡り合った本。
何の気なしに手に取ってみましたが、自分の今の状況を考えるに「しかるべき時に巡り合えた本」なのかな、と思えます。

内容に関しては、賛否両論まっぷたつに分かれそうです。
読む側の気持ちやバイオリズムで、今はこの本読みたくないとなるほど、熱いです。げきアツです。
ただ、自分に発奮をかけたいときにはよい燃料となります。
作中で何度も語られる、
「待っていてもドアは開かない」
「ドアは自分でこじ開けるもの」
「行動することにリスクなどない」
これは、魔法のフレーズです。著者が自身の夢のドアを開くためにとった行動は驚きの連続でしたが、それは情熱をこめた手当たり次第で、私が目指している道にも通じる部分がありました。
もちろん、手当たり次第では効率が悪い、情報をもっと集める方が実現は早くなる、と著者も後ほど語られるわけですが、それでも当時に行ったその無鉄砲行動は、無駄ではない、と締めています。

毎日読み返すには(なにせ本文がひたすらアツいため)エネルギーが要りますが、迷ったときや少しだけ外部から元気をもらいたいときには再び手に取りたい本になりました。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

東京の図書館情報なら……

サイト「東京図書館制覇!」さんがおススメです。

私は勤務地が東京で他県在住のため、平日に図書館に夜となると、都内の図書館に限られてきます。
そのため自分の通勤ルートにどんな図書館があるのか、パッと一目でわかるようなサイトが欲しいな、と思っていました。
(もちろん各区で図書館公式HPは作成されているのですが、途中駅が何区か、すぐに出てこない他県在住のうとさです)

また、実際に足を運んだ感想もついていれば尚よし、と探して見つけたのが、「東京図書館制覇!」さんです。
タイトルに違わず、本当に東京都内の図書館情報が網羅されています。
また、『駅から近い図書館リスト』や『平日に遅くまで開館している図書館リスト』など、ユニークなカテゴリもあったりで、至れり尽くせりです。
先日はこの、平日に遅くまでやっているリストから、自宅近くの図書館の存在を知り、しかも我が住む街が隣接しているため、利用者カードも作れることを知りました。

翻訳には資料がどうしてもつきものですし、それ以外でも外国語の本や普通の読書のため、図書館を利用することがあるかと思います。
そんなときに、こちらのサイトさんには大いに助けられます!
なにより、図書館を愛してやまないサイト管理人さんの文章に、つられて図書館に行きたくなってしまうこと、うけあいです。
最近は私も、本はまず図書館で読んでから。そこでお気に入りになった本を購入、というスタンスに変更しています。

今日も、借りた本を返しにちょっと図書館まで……。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【読】 「人生の半分は整理整頓ですべてうまくいく」

タイトルは、ドイツの格言(ことわざ)です。
"Ordnung ist das halbe Leben."

このところ良く本を読むように心がけています。
元々読書は趣味だったので「心がけて」いるのは、読書の時間を務めて確保することですかね厳密には。

後ほど読書メモを追記にまとめるとして、まずは最近読んだ読書リストをぽちぽちあげていこうと思います。


ドイツ式 暮らしがシンプルになる習慣ドイツ式 暮らしがシンプルになる習慣
(2011/08/01)
門倉 多仁亜

商品詳細を見る


カバンのなか、財布のなかは常に美しく保つ努力はしていても、自分の部屋はどことなく雑多な印象を持っている今必要と思われた本。似たような内容の本がずらりと並ぶなか、決め手は最初の2章。
「自分とアポをとる」が響きました。 にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【読】 「あなたも翻訳家になれる!」でエネルギーチャージ

今の自分がしたいことの手始めに、図書館にて必要な本探しに行ってまいりました。

体調上向き、気分も上々。
やりたいことも再確認できた。
あとはそこにたどりつくために必要なことを細分化して、段差の小さくなった階段を一歩一歩上るだけ、です。

必要な分野の蔵書を全部あたってみましたが、なかなかビビビッとくる本が……。

ありました。

帰りの電車内と帰宅後で二時間ほどで読み終わりました。

今の自分に必要なことは第5章と第6章に全部書いてある!(ような気がする)

あなたも翻訳家になれる!―エダヒロ式 [英語→日本語]力の 磨き方あなたも翻訳家になれる!―エダヒロ式 [英語→日本語]力の 磨き方
(2009/04/17)
枝廣 淳子

商品詳細を見る

こちら、環境問題での翻訳で有名な枝廣女史がお書きになった一冊です。

タイトルにもあるように、「翻訳家」ですので産業翻訳というよりは、出版翻訳にたどりつくまでの方法論が書かれています。ただ、翻訳は翻訳ですので、自分の翻訳文に迷いが生じていた私にはどのページもヒントの宝庫。

この本のアドバイスのひとつが、「翻訳に4000時間かけましたか」です。
量も質も、まだまだ私は足りていません。
そんな現状で、翻訳のうんぬんを語るのは早すぎですね。

まずは過去の翻訳講座の復習と、理解できる文章でのスピード翻訳。
ここから取り組んでいこうと思います。

翻訳者を目指している方には超おすすめ!本です。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【読】 習慣つながりでオーディオブック

『7つの習慣』読了。
歯ごたえのある本でした。週末は小旅行に出かけるので、それまでに読んでおきたかったので最後は駆け足になっちゃったかも。また戻ってきたら読みなおします。

自己啓発やビジネス書にはまっていた時期があり、ひところは片っ端から読んでいたこともあります。
そしていろいろな方法を読み過ぎて迷子になり、最終的に何もしない、で落ち着いた近い過去。

今は、ピエール・フランク氏の宇宙に気軽にお願いする方法がお気に入りです。
ドイツの俳優さんが書かれている本なのですが、真面目で頑固で通っている(と言われている)ドイツ人向けに、肩肘張らずに引き寄せの法則を説明……実践する方法が書かれています。
気軽に読めるし、ドイツ語も学べるし、一石二鳥で私はしょっちゅうお世話になっています。

旅の間は、新しく購入したこの新刊を、オーディオブックとして携帯していきます。

Der 6 Minuten Coach - Erfinde dich neuDer 6 Minuten Coach - Erfinde dich neu
(2013/05)
Pierre Franckh

商品詳細を見る

一日6分間のイメージで、新しい「習慣」が身につきますよ。

ここでも、「習慣」ですね。
そしてここでも、「習慣は一日にしてならず」が出てきます。
最低21日間、三週間は同じことを繰り返しましょう。寝る前がベスト。子供時代の自分の部屋を思い出してみて。
いろいろなことが収録されています。
このCDはアファメーションCDでもあるので、実際に聞きながら自分が考える時間も設けられています。
落ち着く音楽と瞑想と。

オーディオブックを聴き倒したら、本紙のオーディオではないブックを購入して、再びじっくり読みこむつもりです。


にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【読】 「習慣」つながりで『7つの習慣』

フランス語脳プロジェクトで現在(たぶん昔から?私は入りたてなので過去におススメされていたのかわかりません)推奨されている課題図書があります。

書店で平積みされていたから、私も興味はあったのですが。
手にとって試し読みするには気合いが要る頁数だったので躊躇していました。

今回かなりプロジェクトでおススメされているのをきっかけに購入に踏み切り、現在「第6の習慣」まで読み終わったところです。週末には全部読み終わりそう。

読み始めるまではかなりの「えいやっ」が必要でしたが、最初が飲み込めれば後は止められなくなりました。
耳に痛いこともかなり書いてあります。
おそらく一回読んだだけでは飲み込めないとも思います。

でもこれから何度もお付き合いする本になりそうです。


完訳 7つの習慣 人格主義の回復完訳 7つの習慣 人格主義の回復
(2013/08/30)
スティーブン・R・コヴィー

商品詳細を見る
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【読】 耳で読書

カテゴリを「読書」にすべきか「音楽」にすべきか迷いましたが、今回は「読書」で。

最近MDプレーヤーからMP3プレーヤーへと進化しました!
ソニーのウォークマンとiPodで迷いましたが、音質が良いのと語学学習モードがあるのが決定打で、ウォークマンをお買い上げです。
MDとの違いはやはり容量ですね。音楽ファイルをどれだけ入れても本体は重くならないし、カセットの取り換えが必要ないし、聞き取りが難しいところは3秒巻き戻しや、部分リピートも可能。
語学学習モード、大変重宝しています。

主に通勤電車の車内で聴いているのですが、中身は毎日いろいろです。英語・フランス語・ドイツ語・ダンス音楽と幅広く偏りなく入れているので、たまに全曲シャッフルで、ドイツ語グリム童話のあとにフランス語星の王子さま、さらに美しく青きドナウが流れたりもします。

今最新で取り込んだのが、オペラ「魔笛」です。ドイツ語絵本の付属についていたCDなので、説明はドイツ語、歌ももちろんドイツ語です。(もともと魔笛の歌はオリジナルがドイツ語ですが)
ドイツ語を本格的に始めた時に、「くるみ割り人形」「動物の謝肉祭」「魔笛」と大好きな曲シリーズでドイツアマゾンから取り寄せたものでした。
どれも絵本なので、子供向けのゆっくりとした説明と、それに続いて原曲が流れます。
ドイツ語の勉強にもなるし、大好きな曲を朝から聞けて一石二鳥!
特に魔笛ではパパゲーノの歌う曲が好きなので、最後のお嫁さんパパゲーナとのデュエット「パ・パ・パ」は携帯の着信音にもしているほどです。

Die ZauberfloeteDie Zauberfloete
(2005/07)
Marko Simsa

商品詳細を見る

検索してみたらありました、日本アマゾンでも取り扱ってました!

ドイツはオーディオCDが充実しているお国ですが、フランスではどうなのかな~同じように子供向けの絵本でCD付きだったら、いつかのためにも注文しておきたい。
でも、まずは星の王子さまを聞き取れるようになりたいな。まだまだちんぷんかんぷんです、フランス語。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

Wie sollte man auf Fremdsprache lesen? 外国語書籍をどう読むか

英語でなら、アリスかオズ。それにホームズ。
ドイツ語でなら、ホッツェンプロッツかクラバート。それにはてしない物語。
イタリア語でなら……イタリアの童話といえばピノッキオくらいしか思い浮かびませんすみません。読みたい本は、ダンテの「神曲」です。

ここのところ、哲学や精神世界のお話に興味を引かれるようになってきて、そのなかでも手当たり次第ではなく、
自分に合いそうな本を選んで読んでいます。
「ソフィーの世界」はまず当たり前ですが、日本語で読みました。その後原書はノルウェー語だけれども、日本語訳にするときにはドイツ語版を参照にした、ということを知ってからドイツ語版にもチャレンジしました。
哲学用語には日本語・ドイツ語どちらの言語でも馴染みがなかったので、ドイツ語版を読むときには邦訳版が非常に役に立ちましたねえ。

ドイツ語を一度にたくさん読むことは、最初のうちはすごく難しいと思います。私もページにびっしり書かれたドイツ語を見ると、条件反射的に本を閉じたくなりますもん。
でもそれが、興味のある分野や内容をどうしても知りたいものであったら、頑張れる気がしませんか?
その読みたい本や資料に邦訳があるのなら、隣に並べて参考にするのはとっても効率が良いと思います。
ソフィーの世界を一日一章読み続けられたのは、確実に邦訳を先に読んでからドイツ語にとりかかったからだと思います。

日本語で一章読み、ドイツ語でそれを追いかける。
一ページごとに読み返すのはなかなか骨が折れるので、私には一章ごとの読み返しが性に合っていたみたい。

話の流れがつかめれば、細かいところはあとで辞書で見返してもいいし(といって意味を調べた単語はほとんどない)、何度も日本語で読み込んでいる本であれば、いっそ自分の記憶を頼りにいきなりドイツ語版に挑戦してみてもいいと思います。

必要なのは、このテキストが読みたいな、という気持ちと気合い。
えいや、っと最初の一ページが読めたら、続けるのは意外なほど楽な気がします。

ということで、新しく興味を持った分野のドイツ語文献を見つけたので、今日から、「えいやっ」と読み始めています。
最初のとっかかりで流れに乗れさえすれば、すれば……っ!!
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。