仏検対策講座の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

愛用のボールペン

仏検2級対策講座を「フランス語脳プロジェクト」で始めたときに、超暗記術として勧めていただいた技を今でも継続しています。
必要なのは、集中できる時間、参考書、ノート、筆記具、カレンダーそれにシール。
一部は省略していますが、今でもノートに単語を書いて覚える方法は毎日継続中。
仏検2級のときは「緑の本」と単語集でしたが、今はTOEIC対策で、「金のフレーズ」を使用しています。

その超暗記術では、必要にして最低限の書きうつしを推奨していました。
やみくもに書きゃあ良い、ってもんじゃない、と。

これはね、ものすごく納得できました。
今までは書き写すだけで満足して、結局覚えていない、という事態が多すぎましたもの自分は。
この暗記術講座を聴けただけでも、あの仏検対策講座を受講してよかったな、と心底思えました。

それでですね、必要なだけ、単語を書き写して覚えるようにはしたのですが。
今までのボールペンではやっぱりちょっと手に負担がかかりまして。
ちょっと値は張ってもいいので、軽くて書きやすくてずっと握っていられるペンを探しました。
4色ボールペンは300円くらいのものをつかっていたのですが、ずっと持っていると中指のタコの部分が痛むんですね。
いろいろ探して試してみて、私にぴったり来たのが、こちら。

三菱鉛筆 ジェットストリーム4&1多機能ペン (ボールペン0.7mm黒・赤・青・緑、シャープペンシル0.5mm) ボルドー 0.7 MSXE510007.65三菱鉛筆 ジェットストリーム4&1多機能ペン (ボールペン0.7mm黒・赤・青・緑、シャープペンシル0.5mm) ボルドー 0.7 MSXE510007.65
()
三菱鉛筆

商品詳細を見る


ジェットストリームって少し前に画期的、と騒がれていたのですね。
恥ずかしながら、まったく知りませんでした。
しかしネットで評判をあたり、実際に文具屋で試し書きをして一番フィットしたのがこちらのジェットストリーム。
なにより、緑のインクの出がいいのです。

超暗記術でも「緑インク」は重要視されていました。
それに加え、私は翻訳勉強時にも色ペンを多用しています。

赤は名詞、青が動詞、緑が副詞その他、と色分けをして分からない単語を調べています。
これは数年前から編み出した技で、まったく分からない文章を読むときに目安をつけるのに始めたものでした。
フランス語の長い文章など、動詞はどれ?から始めたものですから、この色分けには本当にお世話になりました。
ですので、このジェットストリームは黒赤青緑インクの4色入りで、かつ力を入れずにしっかりとしたインクが出るところが気に入っています。

そろそろインク切れが起こりそうなので、替え芯を常備して、引き続きお世話になる予定。
いやあ、良いペンと巡り合えました。
ペンを握る時間も楽しくなります。
スポンサーサイト
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

仏検2級、結果と得たもの

合格、しそびれました。おしい!



……ちょっと大きく言い過ぎました。現実的には、合格圏内にすら手が届いてませんでした。



それでも、試験は最後まで集中が途切れず、試験終了時間の満足感(対策講座の受講生ならわかってもらえるであろう、「これでいいのだ」感とも言います)は相当なものでした。

今回は残念ながら手が届きませんでしたが、当日中に自己採点と復習も終わらせ、次回の仏検は確実に合格できる、と気持ちを新たにしました。
試験を受けたその日のうちに答えあわせをすると、確かに自分の理解不足な部分がよくわかりますね。

ざっとあげると、

第一問(前置詞)=全問正解

第二問(語彙)・第三問(動詞)=0~1問正解

第四問~第七問(長文)=8割正解(ばらつきあり)

書き取り=1文のみ正解

聴き取り(単語穴埋め)=0問正解(スペルミスによる)

聴き取り(選択)=5割正解


特に第二問・第三問・聴き取り&書き取りが弱いですね。
来春までには緑の本&赤い本&虎と小鳥で、この3問を確実に取れるようにしていきます。

今回の仏検対策期間を振り返ると、織田先生の最後の対策講座での音声が全て、といった感じですね。
「これでいいのだ」は最強呪文だと思います。

やるだけやりました。
「合格」という結果は伴いませんでしたが、それは対公式での結果です。

私個人としては、この二ヶ月でものすごくフランス語力が伸びました。
この「伸び」が実感できたのは、仏検が終わってほっとしたところで聞いた、「虎と小鳥」です。

ここ1ヶ月ほど、ネット環境がぶつ切り状態で、ダウンロードが出来ていませんでした。
数回分をようやっとダウンロードして、音声だけで聞いた125回。
今まで○×△■?☆~と私の耳には聞こえていたカミーユのフランス語が、「今夜はいつものような夜ではありません。今夜はニュイ・ブランシュです」とすっと入ってきたのです。

これは、驚きです。
初見ならぬ、初聞きでここまでカミーユのフランス語がフランス語として理解できるとは。
おそらく、仏検を受けなければ、仏検対策講座を受けなければ、ここまで急激なブレイクスルーはなかったと思うのです。
これだけでも、自分が二ヶ月頑張ってきたご褒美になります。
今後も継続して頑張ろうと思える、すばらしいご褒美です。

「合格率70%」がうたい文句の仏検対策講座の残り30%になってしまったのは残念ですし、申し訳ない気持ちもあります。
でもやっぱり、今回の仏検2級は、受検してよかったです。
次回は絶対合格できます。来春には、合格のお知らせができるよう、また今日から継続してフランス語を続けていきますね。

さて、次は1月のTOEIC!
の合間に、独日と英日の翻訳課題にも取り組みます~。 にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

全世界統一模擬試験(第一回→第二回)結果

最近仏語の話題が続いています。
今月末の仏検2級が終わるまでは、フランス語が私にとっての第一言語になりそうな勢いです。

さて、火曜日に仏検対策講座の一環として、「仏検二級 全世界統一模擬試験」がありました。
フランス語脳プロジェクトのメンバーで、今回の仏検二級を受ける方なら受講できた講座です。(現在は募集を締め切っているようです)

模試の第1回目は10月の初めの日曜日。
模試第2回目が、先日の火曜日でした。

その間約一か月。この間に自分のフランス語能力がどれだけ向上したのか、楽しみにしながら模試を受けてみました。

結果、ものすごいことが起きてました。自分でびっくり。

でしたので、今回の結果と前回の結果を並べて比較してみたいと思います。
第一回目の結果はみなさまにお見せするのも恥ずかしい点数なのですが、恥を忍んで大公表です!

【第一問】前置詞選択問題
第一回:1/4 → 第二回:3/4

【第二問】空欄補充問題
第一回:0/5 → 第二回:1/5

【第三問】動詞活用問題
第一回:0/5 → 第二回:1/5

【第四問】長文空所補充問題
第一回:2/5 → 第二回:3/5

【第五問】インタビュー対話文台詞選択問題
第一回:5/5 → 第二回:4/5

【第六問】長文内容一問題
第一回:3/7 → 第二回:5/7

【第七問】日常生活対話文空所補充問題
第一回:1/5 → 第二回:4/5



軒並み点数があがっています。いえ、第五問に関しては一点下がっていますが、これは納得の結果です。

先月、一回目の模試を受けたときには、正直2級に合格するどころか、模試の内容すら理解できませんでした。少なくとも、試験中、辞書なしでは無理でした。
ですので地味~に凹んでいました。受験料も払い込んだのに、難しいかも……と思うのも致し方ない感じ。

だがしかし。
一か月の間に仏検対策講座のビデオを受講し、緑の本に実直に向き合い、虎と小鳥を聞いて、読解編がようやく始まり、赤い本にも手が延びて。

火曜日の夜に取り組んだ模試は、内容が、少なくとも前回より頭に入って来たのでした。
もちろん、一回目の模試とは内容違いますよ。
一緒だったら流石に覚えているってものですもんね。
特に後半の、長文とインタビューと会話文は、フランス語のまま理解できることができ始めたように思います。

聞き取りと書き取りの問題もありましたが、こちらは自分のPCが古く、視聴ができなかったので今回はパス。代わりに、公式問題集のCDで対策を始めたいと思います。

今の時点で伸びが確認できたということは、残り一か月この対策講座を真面目に受けていけば、ひょっとしなくとも合格圏内に手が届く!
模試で元気になりました。試験本番まで、前半三問への対策を特に強化して、万全の態勢で臨みます。


にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

緑の本→赤い本でひたすら解く!

10月終わりに、ようやく緑の本(「仏検2級・3級対応」フランス語重要表現・熟語集)が一巡しました。
終わったのはいいのですが、このまま二巡目に入るか、他の対策本に取り組むか悩みました。
まあ悩んだのはその日の内だけだったのですけれども。

翌日には、赤い本をカバンに常備するようになりました。

完全予想仏検2級―筆記問題編完全予想仏検2級―筆記問題編
(2004/09)
富田 正二

商品詳細を見る

↑「赤い本」とはこのことです。

仏検対策講座が始まる前に、課題図書としてあげられていた一冊です。
これがまた、全261ページもある大作でして。。。

おそらく、試験本番までに解ききることはまず不可能!
どこかで妥協を余儀なくされそうです。

ただ、仏検本番に合わせて各章が構成されているので、自分の弱点を徹底的に見直すのには最適だと思います。
私は前半部分の、前置詞と、語彙と、動詞に関する問題が特に弱かったので(統一模試でほとんど点が取れなかった)、せめてこの3章だけは完璧に覚えるまで、解き続けたいと思っています。

あとは、聞き取りと書きとりの対策もぼちぼち始めないとですねえ。
虎と小鳥の聞き取りだけではやっぱり足りないかな……。

こちらは、実際にどんな問題か公式問題集に頼ってみようと思います。

仏検公式問題集 2級〈2012年度版〉仏検公式問題集 2級〈2012年度版〉
(2012/03)
フランス語教育振興協会

商品詳細を見る

↑こちらはCD付きでリスニング対策も網羅されています。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

緑の本、一巡目終了

10月も終わりの声を聞くころになって、ようやく緑の本が終わりました。

「仏検2級・3級対応」フランス語重要表現・熟語集「仏検2級・3級対応」フランス語重要表現・熟語集
(1999/09)
久松 健一

商品詳細を見る
通称・緑の本とはこの熟語集のこと。

終わった=前半の熟語を読み終わった+後半の問題集を全問解き終わった、ということです。

こちらは、フランス語脳プロジェクトの仏検対策講座で推奨されている熟語集です。
この緑の本をどう活用するか、ビデオを見たのは10月頭ですから、ほんとに丸々一か月かかったなあ。
毎日、朝カフェでこつこつと続けていたので実はいつ終わるのか、焦った時期もありました。
しかし始めがあれば終わりもあり。
一巡ではまったくもって身についた実感がありません!
明日からまた、今度は二巡目と、ぼちぼち公式問題集にも手をつけ始めようかと思うのですが……。

いやいややっぱりまだ緑の本を、と思う気持ちと違う参考書に行きたい気持ちがせめぎあっています。
それにTOEICの結果が予想よりもはるかに数字が小さかったのと、ドイツ語も……とあちこちに浮気が出てきています。
11月末までは、それでもフランス語一本集中!
仏検2級、夢じゃない!がんばるぞー。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

2013年仏検2級対策講座

以前、こんな記事をあげました→2013/9/13付「仏検か、独検か、それが問題だ

結論から言うと、今年は仏検一本にしぼりました!
しかも2級です。
フランス語を継続的に4年程度学習した方が受ける級です。
1年ちょっとのキャリアで受かるのか?
学習方法は? 対策は? 勉強時間は?

と、若干不安に思うところはありますが、私には強い味方がいます。
フランス語脳プロジェクトプレゼンツ、「2013年仏検2級対策講座」です!

今までは「虎と小鳥のフランス日記」「星の王子様で学ぶゼロからのフランス語文法・会話講座」のみ受講していましたが、このたびこの「文法講座」がめでたく全36課終了したこともありまして、申し込んじゃいました、仏検対策講座。

もちろん、仏検への申し込みも済んでいます。
後は、ひたすら勉強して合格するだけ!

対策講座自体は10月1日から始まり、今は通称「緑の本」で単語の暗記法を習慣化している段階です。
いろいろ必要なものがありましたが、開始日に全部入手し終わり、今日もこれから緑の本に30分取り組んできます。

教わった方法で単語暗記を始めると、1回30分が本当にあっという間です。
そして最高に集中するので、解説の通り、本当に頭が(脳が)疲れます。
仏検講座ではまだまだ隠し玉があるでしょうから、ここで最高の結果を出して、来年の独検1級対策にもぜひとも使ってみたいと思います。

まだ始まったばかりですが、楽しみです、仏検対策講座!!

「仏検2級・3級対応」フランス語重要表現・熟語集「仏検2級・3級対応」フランス語重要表現・熟語集
(1999/09)
久松 健一

商品詳細を見る

ちなみに緑の本とは、こちらです↑ にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。