英語の記事 (1/2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

187回TOEIC受験結果


1月のTOEIC結果が届きました。


……当初の目標スコアは、900でした。


当初の。
あくまで当初の、です。


実際のスコアが届いたら、とてもお見せできるようなシロモノではありませんでしたとさ。






で、終わってしまってもなんですので、合計スコアは抜きにして自分がどこまで伸びたかなどを、前回のスコアとの比較で書いてみようかと思います。

まずは、リスニング。
前回→今回で、20点アップ。
ぱっと見、あまり伸びた気がしません。
しかし、公式リスニング問題集を数サイクル回したおかげか、「今何をおっしゃってますか?」と耳が拒否するような問題はなかったように思えたので、細かいところで迷って間違えたパターンが多いのかも。
もともとリスニングはそこそこいい点数だったので伸びないという考えもあります。
いや、そんなによくないです。もっと耳は改善できる。


リーディング。
前回→今回で、55点アップ。
これは正直びっくりしました。
1月のTOEICには、どちらかと言えばリスニングを伸ばそうと思って取り組んでいただけになぜリーディングがこれほどアップしたのか。
むしろリーディングは最後の最後、10問前後は塗り絵だったのに。
リスニングに特化してもやはり英語は他の分野でもつながっているのでしょうか。


この結果を踏まえ、TOEICはしばらく受けないことといたしました。
TOEIC対策参考書のみに取り組むのでなくて、もっと手前からじっくり見なおしてみたいな、と思い直しまして。
次にTOEICを受けるときには、文法・リスニング・リーディング・会話の基底力が今よりも向上したときです。
やはり、小手先(とはいえ全力で数カ月TOEICに特化して取り組んできましたが)の勉強では限界がある、と今回の結果を見て反省しました。

基本にかえれ、ですね。
まずは今の自分にどのレベルの基礎が合うのか、本屋さんとネットの海に飛び込んでまいります。
基礎力向上、そして同時に翻訳もね。

がんばってきます。
スポンサーサイト
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

TOEIC後の行動(1)買い物編

昨日、TOEICが15時過ぎに終了しました。
今回、2分受験時間が多かったんですね。リスニングの時間が2分多かったからか……TOEIC歴短いのでそれもありか、と納得していたんですが、時間が長くなることってよくあることなのでしょうか?
(受験のしおりに受験内容を口外すること禁止、ってありましたがひょっとしてこんな情報も書いちゃだめなのかな?)

まあそんなわけで、張りきったTOEICも終わりました!
すぐ帰るのも味気ない!
買い物だ~!!

前回の初回受験後も、実は買い物して帰りました。
あのときは自分へのご褒美で、とあるアルバムを購入。欲しかったけど、TOEIC終わったら買っていいから、と自分を戒めていました。

今回も同じ手法です。
全力でやりきったら買っていいよ、と自分に条件付け。
事前にしっかり準備して、試験も最後まで集中切らさずにやりきりましたので、これはイイでしょ!とついつい調子に乗ってシングル2枚も買ってしまいました。
しかし後悔はしていない。
元々欲しかったシングルの隣に、今朝景気づけに動画で見ていた曲もあったんですもの。
ポイントも貯まっていたので、一緒に買い求めてしまいました。

次のTOEICまで、このシングル2枚が心の友です。
また次の受験が終わったら、次のシングル購入許可を、自分に。
まだまだ買っていないシングルがあるのです、自分ご褒美には事欠きませんぞ。


にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

187回TOEIC受験雑感

2回目のTOEIC受験でした。

初回は試験に慣れるためと割り切っていたところがありましたが、今回はガチです。
しかし……目標点数900など、密かに誓っていたのですが明らかに足りません。
わからない問題が多すぎた……。

後で思い出すための雑感など。

リスニング:パート3とパート4で理解できない対話と発話スピード早くない?と感じたセットがいくつか。消去法でチェックつけましたが、間違っているような気がする。

リーディング:パート5に時間をかけすぎて、パート7のDP(ダブルパッセージ・二文書型)を2つ読み切れなかったです。あと5分、パート5と6で短縮すること。

しかし、模試を何度も繰り返していたおかげか、思いのほか疲れは残りませんでした。
最初のころはリスニングの最後とリーディングはパート7くらいでもう集中力切れていましたからね。
何事も練習と積み重ねです。

今回で目標点数達成できたら卒業、と思っていましたがもう少しTOEICさんとのお付き合いは続きそうです。
ただ、前回よりも今回の方が理解度ははるかに上がりましたし、コツも飲み込めてきたと思うので次回こそ、です。

本日受験されたみなさま、お疲れさまでした。
今日は一緒に飲みましょう!

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

原点回帰

毎日TOEICの話題で恐縮ですが、ほんとに直前の追い込みのため、やっぱりTOEIC関連記事です。

日曜日の本番に向けて、原点回帰しました。
一番最初に購入した参考書に立ち戻って、忘れかけていた技術を再度頭に入れています。

新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ
(2006/12/21)
ロバート ヒルキ、ポール ワーデン 他

商品詳細を見る

真夏、しかもお盆休み中に本屋さんをはしごして決めたTOEIC対策参考書。

あの頃は正直、「直前の技術」といわれても……といまいちぴんときていませんでしたね。

しかしこの参考書、模試を受ければ受けるほど、役に立ちます。
確かにタイムマネジメント。
何分間と区切りを自分で切らないと、全文読んでいる時間はない!

パート7は時間制限がなければほとんど解ける問題ばかりなので、リーディングは本当に、パート5と6をいかに素早く解くかなんですねえ。
その技術、本番までに頭にたたきこみます!

これだけ毎日英語のテキストとがっぷりよつだと、流石に語彙が増えますね……公式模試を全文覚えるくらいにやりこめば、もう他に対策することはないと990点保持している友人が言っていました……そりゃあ、そこまでの根性があればどんとこいですよね。
私も、日曜日はどんとこいですよ。

2回目のTOEIC受験、楽しみです。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

英語の手ごたえ

直前も直前ですが、TOEIC対策を集中的に年末年始で行ってきた成果が、英語への苦手意識改善と言う形でようやく表れています。

正直に告白しますと、今まで英語さんと仲良くなれた試しがありませんでした。
幼少のみぎりは、あったように思います。
小学校低学年から英会話教室に通っていたころ。
英会話、というよりも英語を使って遊んでいた記憶しかありません。歌を歌ったり、カルタをしたり、お菓子を食べつつしゃべくりまくったり。
あのころは楽しかった。

いつ頃から英語に苦手意識を持つようになったのかなあ。
中学だったか高校だったか、きっかけは思い出せません。
でも少なくともドイツ語を本格的に始めた要因のひとつは、「英語が苦手だから」でした。

ドイツ語学校に通っていたころは周りのドイツ語仲間はだいたいそうでした。
英語を話さなくて済むから第二外国語頑張りましたという方々が……。
もしくは、英語はもう十分やり倒したから今度はドイツ語を、という一段上の階級の方々もいらっしゃいました。
ドイツ語を真面目に取り組んでいる方だからこそ、英語が苦手、という方式は今から思うとちょっと特殊だったのかな、と思います。
キズのなめあいではないですが、周りがみんなそうだから、私もこのままでいいんだ、と思ってしまった部分があります。

昨年からようやく本腰入れて英語に取り組み始め、今の英語漬けを経て。
春以降は、「英語を話す」段階に移行したいです。
今は未だ、瞬間英作文ができる回路ができあがっていないのは自覚しているので、そこを強化して。
少なくともドイツ語並みの反射神経は英語でも鍛えたい、と前向きに思えるようになりました。

いやあ、やっぱり集中的に自分をいじめるくらいにひとつのターゲットに集中する時間というのは必要ですね。
仏検2級受験のときにもフランス語のブレイクスルーを体験しましたが、今回のTOEIC受験で英語でも再度ブレイクスルーできるとは思ってもみませんでした。

ちょっとずつだけど全体的に底上げできた証明だと思うと、今までにかけた時間と集中力のご褒美として上出来です。

このまま本番まで、ちょっとずつ英語への自信が積み重ねられますように。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

冬休みのTOEIC対策

もうすぐ年末年始のお休みも終わりますが、この暦に恵まれた今年の冬休みに私が集中的に行ったのは、これです。

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉
(2012/06)
Educational Testing Service

商品詳細を見る

ひたすら、TOEIC公式問題集を解きまくること。
といっても、やみくもに解いているわけではなくて、ヒロ前田氏推奨の3回チャレンジ法に従っています。

1回目→実際の試験時間に従って2時間(リスニングはノンストップ、リーディングは55分きっちり計って)
2回目→解答の記号のみチェックし、正答数だけ数えてすぐ2回目チャレンジ。このとき時間は気にせず、わかるまでひたすら問題に向き合う。
3回目→2回目の後解説を読み、完全に理解してから数日経って再び時間通りに解答。完璧に答えられる、のが理想だけれどもなかなかそうはならない。不思議。

これの、2回目がものすごく時間がかかっています。
とてもじゃないですが、試験時間内には終わりません。
聞き取れるまで、リスニング問題をリピートしてもわかりません。分からない問題は、十回聞いてもわかりません。ただ、内容が分からないのであれば語彙不足。聞き取りづらいのであれば、スピーカーのお国なまりに私の耳が対応できていない可能性も。そこを洗い出すのがこの、「分かるまでリピート」「分かるまで読み込む」2回目なのかな。

しかし公式問題はお流石です。
解答を繰り返しているうちに自然とTOEIC語彙が増えていきます。今まで金のフレーズでなんとなくなじみがなかった単語も、公式問題集で何度も出てきますから、頭にようやく定着していきます。

これは……公式問題集が永遠のベストセラーな理由がわかります。
多少お値段が張ることも目をつぶりますよ。
TOEICはつくづく、本人の英語力だけでなく、いわゆる「TOEIC力」がないと時間通りに解答できないものなのだなあ、と問題を解いていてしみじみ思います(といっても、私の英語力自体はたいしたことないのですけれども……それをカバーできるのがプラスのTOEIC力かな?)

来週の本番が楽しみです。 にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

2014年1月TOEIC対策

11月の仏検2級が終わってから、早速TOEICモード再開です。
1月に向けて、今回取り組んでいる参考書はこちら。

新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
(2012/03/07)
TEX加藤

商品詳細を見る

こちらの「金フレ」は9月のTOEIC対策から引き続きお世話になっています。
仏検対策講座で教えていただいた、「超暗記」の技術を使って最初からつぶし中。

***

TOEICテスト公式プラクティス リスニング編TOEICテスト公式プラクティス リスニング編
(2011/01)
Educational Testing Service

商品詳細を見る

まずはリスニングセクションの強化!
と、公式のリスニング問題集を真っ先に買い求めました。一週間で一回まわしました。

***

1駅1題  新TOEIC TEST文法特急1駅1題 新TOEIC TEST文法特急
(2009/10/07)
花田 徹也

商品詳細を見る

リスニングの後は、パート5とパート6だろう!
と思い、導入編として特急シリーズでめちゃおススメされているこの文法特急を2日で読み終えたところです(いまここ)。
音声ダウンロードして、明日から本番まで何回回せるか数えてみます。

***

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉
(2012/06)
Educational Testing Service

商品詳細を見る

ここからはひたすら本番に備えるのみ、で模試をひたすら繰り返そうと思っています。
やっぱり公式かしら。

それとも、グプタで始めたTOEICだから、やはりそちら系の模試にも惹かれているんですよねえ。

CD付 新TOEICテスト「直前」模試3回分 (TOEICテスト 技術(テクニック)シリーズ)CD付 新TOEICテスト「直前」模試3回分 (TOEICテスト 技術(テクニック)シリーズ)
(2007/10/29)
ロバート・ヒルキ、ポール・ワーデン 他

商品詳細を見る

こちらにするか。

迷うところ。その前に、「直前の技術(テクニック)」の模試をまず完璧にするべきか。

まずは2時間きっちり計って模試を試してみます。きっと夏に解いた模試は頭から抜け落ちているはず。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

TOEIC初挑戦記録

本日、人生初のTOEIC受験をしてきました。
今のご時世、学生の頃にすでに経験済みの方が多いかと思います。
しかーし、私は以前にも書きましたが検定試験には興味なっしんぐ街道を爆走してきたため、英語検定試験初体験がこんな年になってしまいました。

今後はちょいちょいお世話になる予定のTOEICですが、お初は一回きりなので、体験記録として残してみます。

1)8月初旬、9月末の受験を決める。
 いつかは、なんて自分に言い訳をして受験を延ばしてきたのは、自分の英語力に自信がなかったからでした。ポリグロットの講座でまがりなりにも翻訳講座まで仕上げておきながら、それでも英語には苦手意識というものがついてまわっていまして……。しかし、来年転職するのならやはりまず必要とされるのが英語なんですよね。TOEICはその点目指す数字が明確なので、目標も明確に設定できるし、でやる気になりました。
あとはこの時期に、「不思議の国のグプタ」を読んでTOEICが受けたくなったというのが一番の後押しかもしれません。
DL特典付 不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れるDL特典付 不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる
(2013/04/10)
ヒロ前田、清涼院流水 他

商品詳細を見る


2)お盆休みに対策本を1冊上げる。
 今年のお盆はひたすらTOEIC対策でした。この本とがっぷりよつでしたね。
新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ
(2006/12/21)
ロバート ヒルキ、ポール ワーデン 他

商品詳細を見る

この本に決めるまでは、本屋を何軒はしごしたかわかりません。一時間くらいTOEICコーナーでパラ見して、結局選べず帰る日が数日続きました。なにせ、対策本が多すぎる!ここから一冊なんて、とても一回では選べません!!
それくらい、TOEICを皆さん重視しているんですね。
最終的にはグプタを書かれた方つながりでこの本にしましたが、初受験が終わった今は自分の選択は正しかったなと思っています(自画自賛)。
お盆休みだったので、いろんな観光地のカフェで勉強していました。スカイツリーのお足元、ソラマチのスタバとか、TDRのお膝元、舞浜のスタバとか。勉強に頭が疲れたら辺りをぶらついてリフレッシュ、なんて戦法でした。
おかげでテキストも期間内に終わり、模試までできました。


3)お盆後は毎日単語集で語彙増強。
 普通の英単語(とはどんなものか?)でもおぼつかないのに、TOEICに特化した英単語というのはいかなるものか、と購入したのがこの単語集。
新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
(2012/03/07)
TEX加藤

商品詳細を見る

当日まで大変お世話になりました。レベル別に語彙が分かれているので、せめて目標の730点レベルは全部覚えて試験に臨みたいと思い、5回くらいまわしましたかね?おかげで次のTOEICでは860点と990点レベルを覚えればこの語彙は仕上がります。


4)直前一週間はTOEIC強化週間。
 主に語彙とリスニングを強化しました。しかし仏語と独語もちょいちょい挟んで、まんべんなく三カ国語に触れるようにはしていました。今から思うと、ここでちょっと詰め込み過ぎたかも?


5)前日に発熱。
 金曜の夜からおかしいな、と思っていたのですが。土曜は朝から発熱&関節痛&頭痛でダウン。ダンス練習もパーティーも勉強も何もできませんでした。ちょっと無理しすぎたのかも。それと朝晩寒かったですから、薄着だったのでしょうおそらく。
でも私は元来前日詰め込み型ではなかったので、ある意味あきらめが入って肩の力が抜けて丁度よくなったのかも。


6)当日は熱のおかげか緊張なく臨める。結果オーライ?
 熱はあらかた下がりましたが、微熱とふらふらする身体で試験に臨みました。直前まで迷いましたが、薬を飲むと眠くなるのとぼーっとして集中できないので、薬は飲まずです。マスクして行ったので同じ教室の方々にはうつっていないと、思います、が……。身体はだるかったですが、薬の副作用がなかったので集中できました。
リスニングは8割方理解できたと思います。
リーディングが難しく、最後のパート7で、2問読めずに全部Aにマークすることになってしまったのが悔しい。
タイムマネジメントが甘かったということですね。
リーディングに改善の余地があるということがよく分かりました。


こんな流れです。

実際に何点取れているか……今回は初受験なので、730点取れていれば御の字です。
730以上なら、12月に。
730未満なら、来年1月に再度受けようと思っています。

さて、次は来週のびあ検(ビール検定)、そして11月の仏検です。
今度は体調を徹底的に整えて臨みますよ!
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

TOEIC模試点数

最初の一冊に選んだTOEIC対策本についていた、付属の模試を受けてみました。

新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ
(2006/12/21)
ロバート ヒルキ、ポール ワーデン 他

商品詳細を見る


結果は、670点。
リスニングが345点、リーディングが325点計算でした。

TOEICを今まで一回も受けたことがなく、対策本を1回読んだだけの点数としては上出来ではないでしょうか。
まあ、目標は700点だったので、ちょっと足りなかったわけですが。
それでも、本番想定の模試で時間内に最後の問題前終わらせられたことにまずは満足です。
(ぎりぎり2分前に、200問全部終わりました)

「不思議の国のグプタ」から始まったTOEICの旅路は、これからです。

目標は、今年度中に900点。
英語力向上のため、というよりは転職のために必要な点数だと思っています。
目標がはっきり見えたことで、苦手だった英語にも親近感と興味が非常にわいてきました。
グプタさまさまです。

模試はあと2回、繰り返して取り組む所存です。
まずは1回目、時間通りに受けてみました。
その後、正誤だけチェックして、解説はまだ読んでいません。

今日はこれからダンスレッスンがあるので、明日模試の2回目に臨みます。
今度は、時間制限なし。
理解できるまでひたすら一つの問題に取り組む方法。
リスニングならいくらでも繰り返して聞いて、答えがわかるまでエンドレスリピート。
リーディングなら、辞書までは使わないにしても、時間を気にせずひたすら読みこみ。
これで、本来の自分の英語力が測れるみたいです。

しかしTOEICというのは二時間の時間制限のある試験。
時間内に点数を稼ぐことが目標なので、いかにタイムマネジメントが必要な試験かというものか。
実際に模試を受けてみて、その重要性が身にしみました。

後は、自分の弱点をいかにカバーするかですね。
語彙が徹底的に弱いので、ここは「脳を単語辞書にする方法」を用いてなんとか来月の本番までに語彙増強に努めたいと思います。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

TOEIC学習、まずは一冊目

先日もご紹介しましたが、この本で私はTOEICのディープでマニアな世界に片足をつっこみました。

不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる
(2013/04/10)
ヒロ前田、清涼院流水 他

商品詳細を見る

本編を読み終わったあとに、特典コンテンツをダウンロードしてみました。
対談音声ファイルに、ミニ模試&解説、それに学習メソッドの解説までありました。

まずは本編読了→ミニ模試&解説→学習メソッド熟読→対談を聞く、の順で試してみましたが、どうやらこれがベストのようです。
TOEICへの興味がかきたてられるようにできていると思います。
フィクション小説とも言えるし、TOEIC小説ともいえる。さらには時代の特性をいかしたダウンロードコンテンツまでついて、初めてこの「グプタ」の本は成り立っているのではないかな。
本編だけではちょっと物足りなかった私ですが、ミニ模試と対談音声で、評価を大いに覆しました。
著者の方々、TOEICへの愛が半端ないです。
しかし、そういった愛ある方が書かれたTOEIC本を選んでみたいとも思ったので、このグプタはいいきっかけになりました。

***

いろいろ書店を回って、自分にとってのTOEIC本第一冊目を決めたのが金曜日。
それから毎日1章取り組んでいますので、現在5章目です。

新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ
(2006/12/21)
ロバート ヒルキ、ポール ワーデン 他

商品詳細を見る

この対策本は11章仕立てなので、あと6日頑張れば一周することになりますね。
最低3回はまわして、しっかりとTOEICの基礎を身につけたいと思います。

あとは、語彙だ!!


にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。