2013年01月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

2012振り返りと2013決意表明

新年あけましたが、いかがお過ごしでしょうか。

2012年を振り返ってみると激動の一年でした。
やりたいことしかやってこなかったので悔いはないのですが、ちょっと(だいぶ?)予定を詰め込みすぎた感はあります。

全部はこちらに書くことができないのですが、お誘いを受けることが多い一年でした。
ありがたいと思って全部承諾していったら、フルタイムで働く身には厳しいスケジュールが半年ほど続きました。
最後には体調を崩し、あやうく半年間の努力が無駄になるところでした。危ないあぶない。
今はようやく終わってほっとしています。
年明けまで、ちょっとだけ、長めの休憩をとってまた今日から走っていきます。

しかし今年はもうちょっと控えめに、きちんと計画立てて受けること、勇気を持ってお断りすることを調整していきたいです。

それにしても、全部依頼を受けたことはやりきりました!
2012年の自分はよくやった。
新しいことを始めるにあたっては周りの環境が非常に重要なんだなあ、と実感した一年でした。

今年の小さな目標は。
1)多読。もっと本を読もう。翻訳のためにも、趣味のためにも。

2)新しいダンス教室に通う。ひとつの場所だけでは判断つかないことが多くなったので、多角的にダンスを眺めてみたいです。

3)貯金。学ぶためのお金は必要ですが、もうちょっと支出を見直して貯められるものは残していかないと。

4)ブログ更新。紙媒体のドイツ語日記は毎日つけていますが、それ以外の、人様の目に触れる場所に自分の日本語を残していこうと気持ちを新たにしました。

5)ポリグロットの通信講座無事終了。今の時点でかなりの遅れが生じていますが、期間延長を申し込んですべての課題をやり遂げます。

旅行に行く暇は……今年は難しそうです。計算してみると、通信講座の終了予定(余裕込み)が5月の連休明けですからして……。
今の小さな我慢で将来に役立つと思えば、残念ですが自分を納得させられそう。でも海外は無理でも国内小旅行なら、PCも持ち運べるし場所が変わっていい気分転換にもなるかも?

なんにせよ、さらに飛躍の年にしていきます。
これからもどうぞ宜しくお願いします。

スポンサーサイト
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【読書メモ】「星の王子さま」をフランス語で読む

ポリグロット外国語研究所のTriviumコース受講で、初めてフランス語に触れました。

3月からですので、10ヶ月ほど経った今、この本を読んでみました。
もともとフランス語の目標が、この「星の王子さま」を原文で楽しむことでした。いつかはこの本を読むんだー、とオーディオブックとフランス語原書を入手したのは、やはり3月か4月ごろ。もちろん今まで積ん読です。
オーディオブックのみ、耳からフランス語に慣れようとよく聞いていますが、まだまだ音から内容を読み取るまではいきません。
ところどころ聞き取れるように思うのはあくまで日本語で内容を把握しているからかと。

今回、ふと思いついて棚からこの本を引き出してみました。
ページをめくるのが楽しい。
書いてある文法解説が、ところどころでも分かる。
フランス語は上達している実感がなかったのですが、思いがけずにいいレベル把握になりました。
一年弱のフランス語学習は無駄ではなかったわけです。辞書や参考書なしでも、何が書かれている原文なのかが推測できる(何章のこの部分、と解説されているからでもありますが)。

言語を習得したいのなら精読と多読というのは本当ですね。
フランス語は通信講座の課題で手一杯ですが、ぼちぼち易しい薄い本をフランス語版で探してもいい時期なのかもしれません。
まずは対訳つきの童話かしら……。

「星の王子さま」をフランス語で読む (ちくま学芸文庫)「星の王子さま」をフランス語で読む (ちくま学芸文庫)
(2000/10)
加藤 恭子

商品詳細を見る
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

学連の一時間練習

新年会で久々にダンスサークルの仲間たちと歓談しました。
私が通っているところはヤングサークルなので、つい最近まで学生だった方がごろごろいます。むしろアラサーな私のような存在の方が少ないのかも。

また、ダンスを社会人になってから始めたいと門戸を叩く方と、学生時代に社交ダンスを大学サークルで習っていた方と半々くらいで在籍しています。
経験者が多いというのはとっても初心者の私たちにはためになります。

大学時代のサークル練習の厳しさがだいたいどこの大学でも共通だったとか、程度の差はあれどあの基礎練があったから今より昔の方が上手かった等々、いろいろ学連の逸話を聞いてしまいました。

一時間ホールド練習。
一時間ボックス練習。
が普通、だったそうです。

一曲(一分半)ホールド張るだけの練習でもプルプルしている私にはそれをかける40回ですよ。
一日40回、ホールド練習すれば、それは上手くなりますわ。
あとはワルツのボックス練習ですね。

これから練習場で何をしたらいいのかちょっと迷っていたのですが、まずはこの基礎訓練から始めてみようかと思います。なによりもまずは基礎ですよね。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

ベストな集中時間は?

今年の年末年始のお休みはなんと驚きの九日間でした。
ポリグロットのTriviumコースを始めてからこんなに長期のお休みは初めてかもしれません。
夏休みは5日間でしたし。

そんなわけで、年末のお休みはすべて通信講座に費やしました。
一日だけ、仲間内での忘年会に参加しましたが、それ以外はほとんど一日中机にかじりついたまま。
通常の平日、本業の勤務時間をすべて外国語学習に費やしましたら、夜には頭がわやに(働かなく)なりました。

特に後半の4日、5日あたりには脳の疲労もピークのようで、夕方には訳文を考えることも一時難しい状態に。

このまま訳文思いつかなかったらどうしよう、とその場で泣き言いいそうになりましたが、
一晩寝たらすっきり爽快。むしろ一晩置いたおかげでひらめいたりもしました。
適度な休憩、必要です。おそらくあれはオーバーヒートだったのでしょうねえ。

今回は大体二時間に一回休憩を取るペースで毎日の課題に取り組んでいたのですが、これだと自分の頭には長すぎる集中時間なのかな。
月曜はポモドーロテクニックを使って、25分に一回5分の休憩を心がけてみました。
これ、携帯のストップウオッチ機能を使って手軽にできました。今日まで、自分のガラパゴス携帯にこんな機能がついていたことすら知りませんでしたよ……。

集中して講座に取り組んでいたおかげか、ちょっとは自分の訳すスピードが早くなった気がします。
また本業が始まり、短時間でいかに集中できるかという今までとは真逆な頭の使い方が必要になってくるんですね。
翻訳だけで食べていけるのはまだまだ先でしょうから、二束のわらじを履いての本業と翻訳の効率アップを目指します。

さて、ひとまず一週間、ポモドーロ作戦でこまめに小休止を取りつつ課題に取り組んでみますか。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

英語力向上計画

2014年、イギリス旅行めざします!

ので、より一層英語に励みます!

英語が苦手でドイツ語に走った私ですが、そろそろ本気で英語の苦手意識を克服したいと思い続けて早○○年。
趣味と合致するイギリス旅行計画を立てることで、今度こそ英語を私のドイツ語レベルにまで引き上げたいとかたく心に誓いました。

ドイツ語でなら、旅行会社の仲介なしに個人旅行ができます。
実際今までのドイツ&オーストリア旅行は宿も飛行機も旅行会社なしの直やり取りで問題なかったですし。

これが英語でもできるようになれば。
某所のグランドフロア指定席はツアーでないと買い求められないようですが、それ以外の部分はなんとか交渉次第で安くなったりしない、かな……。
トッププロの特別レッスンを受けるなら、せめてレッスンでプロが言っているダンス用語は聞き取って理解できて宿でメモ取るまで覚えていられるくらいのリスニング力をつけねば。

一週間ずっとダンス漬けになれるイギリス旅行。
目指して、貯蓄と英語力アップと実務翻訳デビュー(そしてダンス基礎力アップ)に励む一年になりそうです。

まだ2013年も始まったばかりなのに、気も早い16カ月先の目標でした。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

自主練への疑問点

社交ダンスの自主練って、どんなものでしょう?

今まで一年習ってきたのはサークルのグループレッスンで、先生が作ったカリキュラムどおりに流れていくものでした。しかし、これからはサークルのみならず自由に練習する時間も作りたいなと思ったわけなのですが。

いざ、その時間を想像したら、頭の中でハテナが渦巻いてます。

まず、練習といってもなにをするのが今の自分に合うのか。
時間は?
毎日時間を割けるのか?
フロアに流れる音楽が変わったら練習の種目も変えるべき?
リーダーさんがいない女性だけの自主練ってどんなもの?

練習の先に見据える目標は?

考え始めるとわけがわからなくなってきました。
ので、早速近いうちに聞ける場所へ行ってこようと思います。

みなさんどうしてはるんかな。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

おすすめダンス本その1

社交ダンスを始めて一年強。
ダンス力向上のためには練習が一番の近道だとは知りながらも、なかなかその時間が取れないときもあります。

そんなときには、やはりこれですかね。

ダンス本の読書。

どこまでいってもインドア派な私なりの苦肉の策です。
それほど数は持っていないのですが、今の便利な時代にふさわしい一冊がこちらです。

谷堂誠治&早野恵美のスタンダードダンステクニック【DVDブック】谷堂誠治&早野恵美のスタンダードダンステクニック【DVDブック】
(2011/02/19)
谷堂誠治

商品詳細を見る


なんといってもチャンピオン(統一全日本選手権5連覇)が自ら書かれたテクニックブックです。(一部編集さんの手によるものもあるかもしれませんが)
しかもDVDでの指導が4種目(ヴェニーズ以外)、全部で70分もあります。
初級を卒業して、さてこれからどうしようと思った時に紹介された本なのですが、これは良いです。
男性の方々には特に参考になるのではないかな。
私が男性パートをちょっと教わったときに、このDVDが非常に重宝しました。

女性はいかに美しく魅せるか、をDVDでたっぷり目で味わえます。女性ダンサーとしてかくありたい、姿を早野恵美先生が体現しています。
コレを見て、赤坂にある、たにどうダンスワールドに教わりに行きたいな熱があがりました。
あがっただけで、まだ実現していないのですが。

とにもかくにもダンスで陥りがちな上手くいかないところ、こうしたらもっと良くなるよ、というポイントが盛りだくさんの一冊。
目から情報を入れたい私のようなタイプの方にはぜひともおすすめです。

今日のレッスン前にもう一度見返しておこうっと。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

レッスン備忘録(タンゴ1回目)

今回はタンゴを集中的に習いました。
今までよりももっと細かいところを教わったので、大事なところを忘れないために、記録として残していきます。
(なので、自分だけにわかるように書いてしまっているかもしれません。備忘録のため、表現が足りないところがあったらすみません)

・ヴェニーズクロス
 一歩目の後退ではまだ回転が起こらない。一歩ついてから二歩目までに回転が始まる感覚でいること。
 お互いの頭がもっと離れる。そのためには、もっと下の体幹部をお互いに接触させると反発で頭が離れられる。

・オーバースウェイ&スウェイチェンジ
 オーバースウェイはもっと右足に乗る。膝を曲げる。
 スウェイチェンジは、ブリッジをする感覚。骨盤を男性に押しつけるくらいで。それで背中がしなる。背中は男性の右手によろしく、と体重をかけて大丈夫。

・セイムフットランジ
 セイムフットになる左足はもっと男性の体と自分の体のぎりぎりを通る感覚で。そのまま左足を出せば、おへその向きは男性に向いたままでいられる。
 左足モモ後ろ部分と、男性の右足(膝ゆるめてちょっと屈んだ状態)が重なって、椅子に座った感覚になれればOK。
 女性の左ひじはもっと後ろにぴんと張る。

・オープンプロムナード
 PPからSQQの最後の右足は横やや後ろ。インサイドエッジの右足。中間バランス。もっと幅を出していい。このQで男女のおへそが向き合う。やや後ろに右足をつくのは、その後のリバースターンで男性が右足をそのスペースに前進させるため。真横だと足が入れない。

・ドラッグ
 女性は自分で右足の距離を決めないこと。男性のリードに従って歩幅が決まる。その距離を身近に感じるために、もっと体幹部をくっつける。
 ドラッグで離れた時は、スウェイチェンジのときのブリッジ状態と一緒。体がしなる!

あとは、ステップの如何にかかわらず、女性は領空侵犯をしないこと。
男性の右側を超えて左側に侵略しない!右側キープ!!

ううーん、たくさん教わりました。
いつもありがとう、先生。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

トマト技術

ここ一週間ほどですが、新しい時間管理術を使い始め、その効果に驚いています。

トマトを使います。

いえ、名前だけです。
ポモドーロテクニック、と名付けられたこのツール、私には大層合っていたようです。
(ポモドーロはイタリア語でトマトの意)

25分目の前のタスクに集中。
そして5分休憩。
また25分の集中。
5分休憩。

これを繰り返していくだけです。
25分で1単位。1ポモドーロです。なんだか可愛らしい単位ですね。

4ポモドーロ集中したら、長めの休憩に入ります30分くらい。
4ポモといえば2時間ですから、通常のお仕事からするとその程度の時間で30分も休憩取ってもいいの?と思うでしょうが、いいんです。

なぜなら、このポモドーロテクニック。
めっちゃ疲れます。

1ポモドーロの間はひたすら目の前に集中です。電話が鳴ろうが、友人に呼ばれようが、ひたすら集中です。
この、集中というのが思いのほか疲労をもたらします。
4ポモももちませんでした私は。
大体3ポモ終わらせたくらいで長めの休憩を自主的に取っています。

こうして読むだけなのと、実際に体験することの差が激しいのがこのテクニックだと思います。

25分の集中もはたから見ると短く感じますが、実際に短いです。
興が乗ってきたところでタイムリミットです。しかし、残り5分くらいで目の前の数字が減っていくのを目の当たりにすると、あと×分で終わらせなければ!という意識が働くのかより一層スピードアップできます。

おかげさまで昨日の大雪でも自宅でポリグロットの課題がたいそうはかどりました。
今後も翻訳の際にはこのトマト技術を使っていこうと思います。

詳しい説明は、↓の本か、公式サイトでどうぞです。

http://www.pomodorotechnique.com/

アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門
(2010/12/16)
Staffan Noeteberg

商品詳細を見る


翻訳や語学の勉強のみならず、時間に追われがちな方には一度お試しいただきたい時間管理術でした。

ポモドーロを始める前に、まずは今日のポモ予想を立てるのですが、これが自分の作業スピードと目算能力の向上に役立ちます。この仕事は3ポモくらいかな、と思ったら4ポモかかった。逆に2ポモで終わってしまった、となれば自分の予想の立て方が甘かったということになります。
目の前の仕事に対して、自分ならどのくらいの時間(何ポモ)で終えられるのか。
これが把握できれば、翻訳の仕事に役立つこと間違いなし、ですよね。

いやあ、いいトマト仕入れられました。これからもたくさんのトマトを実らせていこうと思います。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

添削とコメント

トリヴィウムコースはようやっと半分過ぎあたりです。
フランス語の中級講座が終わり、最終講座の添削が返ってきました。点数はびっくりするくらい低かったのですが、コメントに励まされました。

構文の読解が弱いです。
日本語能力はあります。
一文もっときちんと読みこみ、構文理解に努めればよいでしょう。

とのことでした。
フランス語の構文は確かに弱いところが多々あります。考えてもわからないところはカンどころで提出してしまったのもわかってしまってるんですね。

たくさん原文を精読し、インプットを積み重ねることが私の現在の課題ですね。

それと、どう頑張っても一年間では終了できないので、延長をお願いすることにしました。
延長しなくても希望すれば解答例はいただけるようですが、やはり提出して添削いただくことに意味があると思うので。
延長することで少しばかり猶予のできたトリヴィウム講座。
もっと気合い入れて頑張ります! にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。