2013年07月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

ダンスに戻って来たのは

この漫画がきっかけでした。

ボールルームへようこそ(1) (月刊マガジンコミックス)ボールルームへようこそ(1) (月刊マガジンコミックス)
(2012/05/17)
竹内 友

商品詳細を見る

とは、先日語りあった学連(大学で社交ダンス部や同好会に所属していた方々を学連と呼びます)さんのお言葉。
または、「この漫画で社交ダンスに興味をもってサークルに飛び込んできました!」

という方も知っています。わかりますその気持ち。
私もダンスに対する情熱が下火になると、この漫画のお世話になってすぐに回復しますダンス熱。

現在4巻まで発行されていますが、安定したワクワク感というかハラハラ感……矛盾していますね。
次に何が飛び出すかわからないけど、主人公たたらくんの成長を描くという視点から言えばテーマはぶれていない描かれ方にずっと引き込まれています。

スラムダンクやヒカルの碁のように、漫画をきっかけとして一大社交ダンスブームが日本を席巻!

てなことになりませんかねえ。

社交ダンスを知らない方々にこそ、まずは読んでいただきたい一冊です。

スポンサーサイト
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

脳を単語辞書にする方法その3

フランス語脳プロジェクトのメソッドを使ってフランス語単語を覚え始めて一週間経ちました。

その効果やいかに……!?

データ本位 でる順仏検単語集―5級~2級準備レベルデータ本位 でる順仏検単語集―5級~2級準備レベル
(2006/04)
久松 健一

商品詳細を見る

↑ちなみに自分が今使用している単語集はこちらです。



結果:復習が最重要ということが身にしみてわかりました


この一週間で単語用に確保した時間は朝のカフェ最初の30分でした。
夜寝る前に暗記モノが良いなんて聞きますが、夜はなんのかんので遅かったり疲れきっていたりで難しそうだったので、コーヒーで頭をすっきりさせながらの朝暗記。

0)タイマーを10分間としてスタート
1)最初の数分で前日分の復習(パラ見)
2)残りの時間で当日分の暗記開始(時間切れまでひたすら進める)
3)2でたどりついたところまで、あと2周ループ
4)かならずひっかかる単語がちょこちょこあるので、重点的に見て声に出す
5)当日分の単語分は大体3周すれば記憶のどこかにひっかかる

翌日
1)前日分の復習……
以下延々と同じことの繰り返し

今のところは、フランス語を見て日本語の意味が出てくれば御の字としています。
書けるかというと、まだ無理。

しかしこの単語集を最後まで読みとおしたら、また最初に戻って今度は綴りながらさらっと復習しようと思っているので、今はまだ良いのです。

前日の復習は、ほんとに自分の記憶がいかにあやふやなものかが分かってイイ感じです。
半分も覚えてない。
だから翌日に復習するんですね。

見たことある、と流せる単語はこれまでの一年間で何がしかのテキストで読んだことがあるものばかり。
多分そうやって単語は覚えていけるので、何度もなんども見返すことは悪いことじゃないんだよ、と自分をいたわってあげることが一番の暗記方法なの、か、も……??

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【Le petit prince】第2回・冠詞について

フランス語脳プロジェクトの教材は、動画と紙での解説なので、手軽にささっと場所を取らずにできるのが一番の利点だと思います。

しかし内容はささっとできるものではないのだ~。

今回は星の王子さまで学ぶ文法講座・第二回です。

現在第五回までのビデオが届いてます。授業を受けたのは第三回までです。
今週は夜に出ていることが多く、家に戻ってからPCからウォークマンにダウンロードする時間がなかなか取れないのが進まない原因です。
週末には第五回まで終わらせますよ!

***

今回は、「冠詞」です。
日本語とロシア語には冠詞はありませんが、私が習ったことのある他の言語には大抵ありました、この項目。

そしてドイツ語で何年もかかってじわじわと理解していった冠詞が、今回のビデオであっさり解明されていてちょっと面白くなかったり……。
いやいや。
こんなにすっきり解説されればこれから外国語を習得される方の時間と苦悩は大幅に軽減されるので、なんとも羨ましい限りです。

そしてフランス語とドイツ語の冠詞は似ていますが、一部やっぱり互いに独自なものがあるので、その違いが面白く感じました。

フランス語には不定冠詞・定冠詞・部分冠詞があります。
ドイツ語には部分冠詞はありません。

仏語で部分冠詞を使うのは数えられないモノに対してですが、ドイツ語であればそういった名詞は無冠詞で表すのが多いような気がします。
(※ここは後でしっかり調べておくこと※)

また、ワインひとつとってもいろいろと冠詞の違いで意味が前々違うというお話は興味深かったです。
大事なのは、冠詞を使うときの感覚。
発話する側の気持ちで冠詞が変わる。なんとも言葉は生き物ですねえ。

部分冠詞がいまいちつかめていなかったのですが、今回の動画でとっかかりができたように感じました。
うーん、動画で授業が受けられるのはとっても助かります。
通勤列車が教室に早変わりですからね。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

ホールドに始まりホールドに終わる……?

社交ダンスで何が一番難しい?
とよく聞かれますが、私の答えはいつもひとつです。

ホールド!!

男性役女性役のふたりがひとつに組んで、ひとつのステップを合わせながら踊るのが社交ダンスですよねえ。
ラテンはまだいいんです。
(と思うのは、私がラテンの入り口にも立っていないからかも。ラテン専攻の皆さま、ラテンを甘く見ているわけではありませんのであしからず)
接触面が少ないイメージですから。影響を受けるのは最小限で済むわけです。
女性はそのかわり、男性次第ではなく自分で動く必要があるわけです。これはこれで大変。

そこで、モダン(スタンダード)です。
基本はいつも、両手を相手に捧げているイメージです。
男性の右手が女性の左肩甲骨下あたりにおかれ、女性の左手は男性の右腕の上にそっと(ほんとにそっと?)置く。
逆手は互いに軽く握りあう。
これでホールドは完成です。

と、初めに習いました。
いまだに、習っています。

ダンスタイム 第9号 (講談社MOOK)ダンスタイム 第9号 (講談社MOOK)
(2011/09/26)
クレアポート

商品詳細を見る


↑イメージ画像。目指すホールドはこれです。
男性と女性の間の空間がこう、広がってほわっと見える形。

体に負担がかからず、見た目にもよく、自分たちも一番踊りやすい、
そんなホールドを、私は目指しています。

今日も練習頑張ってきます……。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

個人レッスン覚書

ダンスの話題が続いて恐縮です。

個人レッスンでお教えいただいたことをただひたすら連ねていきます。
(先生がここを読まれませんように……!)

毎回同じポイントに帰着するね、と先生もおっしゃってましたが、ほんとに私のひっかかりポイントはおそらくそこにつきますね。

・バックバランス
・腹筋を鍛えましょう
・後退の人が引っ張ります(下っ腹から)
・お互いに右側を与えるのです
・そのときの身体の角度が私は反対だったらしい
・そりゃあ男性が組みにくいはずですわ
・ホールドを組むときに上手な女性はどう近づくかの観察
・左側はかなりフリーになるよ
・太もも前側ではなく、臀部と太もも裏側を鍛えましょう
・首から上は後ろではなく左に倒す
・馬の首の筋肉
・右肩の存在をしっかりと確認し続けるホールドが綺麗なラインを作ります

ちなみにこれは全て、スローのベーシックを踊っていただいたときにでたコメントです。

30分の個人レッスンでここまで濃密なご指導いただけるのがありがたいことです。

それだけ改善点があるってことですね。

少しずつでも進化しているのでしょうか、私のダンスは。

そうだったらいいな、とは思いますが、いかんせん自分ではなかなかわからないところですからねえ。

まずは発達し過ぎた背筋に見合う腹筋トレーニングと、足の踏ん張り禁止令。
足ぶーらんが理想です。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【Le petit prince】第3回・名詞&冠詞復習

星の王子さまで学ぶ文法講座、とあるので題材はもちろん星の王子さまです。

何度か書いたかもしれませんが、私のフランス語目標は「星の王子さまを原書で楽しむこと」なので、文法を学びつつ段々と話も進んでいくのが楽しくて仕方ありません。

フランス語脳プロジェクト始めて良かったです。

そんなこんなで今回は始めての「復習回」でも王子さまの物語は先に進みます。

王子さまとパイロットの「ぼく」の出会いですね。
ヒツジの絵を描いて、とせがむのがファーストコンタクト、ってすごいです。これぞ物語、と思います。

一年前にフランス語を始めたときに、最初に口に出した文がこれでした。

スぃるぶぷれ、でぃしもわもとん
S'il vous plaît ... dessine-moi un mouton!
お願いですから、僕にヒツジの絵を描いて。
<敬称 vous と親称 tu のごたまぜがこの一文をより面白くしている、とものの本で読んだ覚えがあります>

発音ルールなどろくに読まずに耳だけで覚えた一文だったので、フランス語を解するドイツ人にはさっぱり伝わりませんでした。
しかし発音の悪さは文法と勘で補ってくれたようで、すぐに星の王子さまの一節だと理解したのがすごい。

今では、ほんのちょっとだけ、もうちょっとだけ、聞き取れるようになっている、と、思います……。

ここで、王子さまは不定冠詞(un mouton)を使って、ヒツジを描いてと言っているわけですが、最終的にパイロットの木は「le mouton」君が望むそのヒツジを少々ずるをして描いておしまいにするのですね。

つい最近までこのくだりは、一休さんのとんち話みたいだなあ、と思っておったのですが(屏風の虎の話のような)、こうしてフランス語で見てみると、知っている話も違った視点で見られるのが素晴らしいです。

冠詞がない日本語に訳す苦労か……。

復習の仕方についての教授もありました。
思い出す、というのは単語にせよ授業にせよなんでも大切だと大きく頷きました。ダンスもしかりです。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

「虎と小鳥」の電子書籍

電子書籍読み終わりました!

このところ私がどっぷりはまっている、フランス語脳プロジェクトの一大計画だったようです。
(私はこの電子書籍が発売される頃にメンバーになったので、具体的なことは何も知りませんが……)

動画と解説で、‟野生の”フランス語を学んでいく「虎と小鳥のフランス日記」が電子書籍となって登場です。

虎と小鳥のパリ探訪 (虎と小鳥のフランス日記)虎と小鳥のパリ探訪 (虎と小鳥のフランス日記)
(2013/06/19)
虎と小鳥出版部

商品詳細を見る

今の私のフランス語能力では、ヒロインであるパリジェンヌのフランス語は、字幕なしには聞き取れません。
ましてやディクテなど夢の彼方……

しかしこの電子書籍には字幕こそないものの、フランス語&日本語訳が全部載っています。
耳を鍛えようとしているのにスクリプトに頼ったらあかんのですが、まずはとっかかりがないと、ね。

「虎と小鳥」は無料体験から始めた私ですが、もう少し遅く始めたら、ぜったいここが入り口でしたね。

文法と難しいテキストで慣れた私のフランス語世界に新風を巻き起こした、「虎と小鳥」。

今後レベルがあがったら、私もなにがしかお手伝いをしてみたい!と思わせてくれる作りでした。

¥300で5話掲載の電子書籍、フランス語の伸び悩みをこぼしていた友人にまずは勧めてみます。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

『虎と小鳥』第108話

今週のキーワード(自分向け):
・ヴァンセーヌの森
・ジャズ
・ミント
・doncの使い方

虎と小鳥のメンバーになってまだ一か月も経っていませんが、カミーユの生フランス語スピードに若干慣れてきた、かな……?
(それとも今週はゆっくりしゃべってくれただけ??)

今週はヴァンセーヌの森で開催中のジャズフェスティバルを聞き、植物園へと足を向けています。

音楽と植物、それにフランス語。

どれも私の好みにぴったりでした。

「本当に素晴らしいものでした」
C'était vraiment super bien.

難しいところは解説動画を見て復習するとして、まずは↑のような表現を私はまずインプットせねば~。

ところでジャズフェスの紹介で一曲動画に挟み込まれていましたが、あのジャズは速かったですね。
あの曲では踊れなんだ……

ジャズに合わせて踊れる社交ダンスといえば、スローフォックストロットかジャイブです。
特にスローはゆっくりめの4拍子に合わせて流れるように動くものなので、アクセントのついたジャズは本当にぴったりです。

http://youtu.be/JGb5IweiYG8
おススメジャズ↑ペギー・リー「Fever」

次の虎と小鳥日記が届くまであと何回か再生して、涼しげな森とカミーユのフランス語でこの猛暑を乗り切るといたしましょう……。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

脳を単語辞書にする方法その4

フランス語の単語暗記がするする進むので、他の言語でも試してみることにしました。

新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
(2012/03/07)
TEX加藤

商品詳細を見る


そうなんです、近々TOEICを受けようと思い立ちまして。

ドイツ語は私にとって第一外国語。ほっといてもウォークマンからドイツ語は流れてきますし、夏からまた翻訳講座を受講するので、アツいです。

フランス語は、織田先生のフランス語脳プロジェクトに真面目に取り組んでいれば、一直線に習得できる信頼感が持てました。ブログマラソンなるものも始まり、大量のインプットと少量のアウトプットを組み合わせて能力向上を目指します。

それに比べ、英語。
私は英語が上手くならないというか、苦手意識がいまだにあり、それは多分に学習してきた絶対量が足りないのではないかと、フランス語脳プロジェクトを聞いていて気づきました。
ドイツ語は普通にしゃべれるようになっているのですから、語学のセンスが決定的に欠けていることはないんですよね。
となると、苦手を言い訳に真面目に効率よく取り組んでこなかったんだろうな、と。
翻訳には辞書があるから、とはいってもやはりお仕事に応募するときには客観的な自分の実力が示せる指標が欲しい。
となると、手始めにTOEICなのかな、と思います。
幸い教材にはことかきませんし、評判もよく自分が書店でパラ見した感じもよかったので、こちらの単語帳でまずはお世話になることといたしました。

フランス語単語帳は覚える時間(10分)で区切っていますが、こちらは一日70単語を目標にしました。
一ページ7単語×10頁で70語。
(訂正:一ページ10単語×7頁で70語でした)
一冊1000語なので、二週間あれば終わりが見えるペースです。

英語は単語が徹底的に不足している感がありますので、まずはこちらでほんのちょっとの自信をつけていきます。

もちろん並行してフランス語単語も覚えていきますよー。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

星の王子さまドイツ語版

先日の記事で、「ドイツ語は私にとって第一外国語」と書いちゃいました。
このブログでは独語に関する記事があまりありませんが、いろいろと時間もお金も費やしてきました。
ゲーテの皆々さまには本当にお世話になって……またあの青山一丁目に戻ることもあるのかな。
時期が来たなら、きっと……とは思っていますが今のところはドイツ語は独学で続けていきます。

Der Kleine Prinz: Mit Zeichnungen Des VerfassersDer Kleine Prinz: Mit Zeichnungen Des Verfassers
(2001/07)
Antoine de Saint-Exupery

商品詳細を見る

そんなわけで、独学のお供はやはり読書です。

フランス語脳プロジェクトの文法編で星の王子さまが取りあげられていることがあり、また幼少のころから読んでいた物語だけに、このところ小さな王子さまがアツいです。

本棚の整理をしていたら、出てきましたこちら。
星の王子さま ドイツ語版です。
正確には、小さな王子さま ドイツ語版です。

原題の、「小さな王子さま」が、「星の王子さま」に変わってしまったのは、日本だけでしょうか。
タイトルのインパクトは大事です。
私が翻訳に携わったら、ここまで印象に残るタイトルを思い着くかどうか。
先人の偉大さを思い知る瞬間ですねえ。

そんなわけで、ドイツ語は文法書の読解と、この星の王子さまの読書&音読でしばらくは過ごそうと思います。
最近ドイツ語を話していないので、第一章を音読しただけでそうとう脳みそ使いました。
やはり毎日ドイツ語を口にしていないと、劣化していきます。
一文一文をドイツ語らしい抑揚で、不自然なところで区切らないこと。
ぶつ切りでは伝わらないので、できる限り自然な抑揚での音読を心がけます。


しばらくはカバンの中に英語&フランス語単語帳&この星の王子さま独版が指定席に座っていることになりそうです。

そういえば、独版のオーディオブックも昔買ったような……これも探してみましょう。


にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

三連休、踊・語学・語学

カレンダー通りのお休みな本業のおかげで、この三連休はしたいことがたっぷりできました!

土曜日は半日ぶっ通しのダンス。レッスンと自主連と反省会と、舞台に向けたお買いもの。
この一年続けてきたことがもうすぐお披露目できるかと思うと、わくわく半分どきどき半分です。
自分のダンス力はどれほどついたのか、またどこまでお客さんに伝えられるのか、当日はダンサーのガラスの仮面をかぶってがんばりますよ!(実際にガラ仮面をかぶるわけではないですが)

日・月はひたすら単語とアメリアの課題。
特に単語はお休みの日にも覚えることを習慣づけようと、まず学習時間のとっかかりに始めました。これ、後回しにすると今日はいいや、なパターンに陥りがちな自分への対策です。
どうしても、な項目は一番最初に手をつけると集中も途切れず、安心感も違います。

さらには同じ道を歩く友人と、その師匠とお食事する機会にも恵まれ、非常に励まされました。
できないはずがない、と言いきっていただけると単純な私はホントにすぐ信じ込みますから。
フランス語は始めて一年、ドイツ語と英語にかけた時間とは違うんだから。
来年にはドイツ語と肩を並べられるよ、と背中を押してくださったお言葉忘れません。

語学はやり直せる! (角川oneテーマ21)語学はやり直せる! (角川oneテーマ21)
(2008/02)
黒田 龍之助

商品詳細を見る

黒田節炸裂なこんな本が語学のお供。
疲れたときに、黒田せんせいのエッセイを読むと効きます。
次の語学学習が楽しくなる(気がする)。
黒田せんせいの著作は全部揃えたいなあ。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

『虎と小鳥』第109話

今週のキーワード:
バーゲン
サ イ エ!(再び)
ディクテ
お店の外で待つのはわんこと同じです

フランスでは6月末から夏のセールが始まった、との報告から始まる今週の虎と小鳥。
つい先日私も日本で参戦してきただけに、今回のお話は何回も見てしまいました。
どの場所にいても女性の情熱って共通なのね……。

さて、今回はいつもの動画鑑賞に加え、新しいことを試しました。
ディクテです。
カミーユのナレーションを聞いて、フランス語で書きとっていく作業です。

むろん、虎と小鳥初心者である(かつフランス語音声に親しみ始めて一か月経っていない)私がいきなりチャレンジして書きとれるわけはないので、下準備込です。

まずは、動画を見る。
日本語字幕→フランス語字幕→字幕なし

→解説授業(授業メモをPDFスクリプトに書付)

→万全を期して、ディクテ。

そして冒頭のカミーユの説明で脳みそを使い果たし、終了。

一分にも満たないフランス語を書きとるのにこんなにも時間と労力を使うのですね!
最初の夏のセールを説明する第一段落だけで30分くらいは全部でかかったでしょうか。
いやあ、外国語って難しい。
だがそれが面白い。

語尾の子音を読まないフランス語なら、ディクテは聞き取った音+文法理解力が鍵ですね。
幸いにも文法知識は若干ついていたので、後で子音を書き足して一部自己採点で丸がつくところもでました。

今回カミーユは冒頭部分をそうとうゆっくりとしゃべってくれたので、初挑戦でも何度も聞けば聞き取ることができました。
小さな成功体験♪
また来週も、ちょっとだけでもディクテにチャレンジします!

***

そして忘れちゃいけない今回の大事な表現。

Alors ça y est, j’ai craqué.
さて、やっぱり負けました。

サイエさんは前にも虎と小鳥でお知り合いになったことがありましたが、今回もいらっしゃいましたね。
文脈次第でどうにもとれる万能表現、とのことですが、これは翻訳泣かせでもありますね。
こういった短い文章こそ、日常的に使われる分定訳がなくて……頭をひねり倒してうまく日本語に置き換えることができたときのあの「やった感」がたまらないのですが。
またお出ましになったときにはどんな日本語さんになられているのでしょう、サイエさん。楽しみです。

最後に一言。
もしも私なら、買い物長いのでその日は別行動にすると思います。
このインタビュー受けた男性はそうとうに優しいですね。
それか彼女にべた惚れなのか……うらやましい。


にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

裏切らないモノ

明日はダンスで大事な舞台があるので、今日はちょっと短めで。

一緒に練習してきた友人が、すごく大事なことをぽつりと言いました。

「練習は、裏切らないよ」

組んでいる相手と上手く合わず怒られたり、先輩にだめ出しされたり、突然カップル解消されたりと、ダンスにもいろいろ苦労があります。
理想はいつも楽しくだけれども、楽で面白い道のりばかりではないことは重々承知です。まだ二年も経っていない社交ダンス歴ですが、ほんのちょっとはわかります。

でも、どれだけ怒られても悪態つかれて自分のダンスがわからなくなったとしても、まずは続けていれば確実に自分の身体に返ってくる。
かけた練習時間に上達度合いは比例するそうです。

大学からダンスを続けている彼女の言葉は重みが違いました。

私は時間がないから、とできるだけ練習せずに上達する方法を探してみたことがありました。
本を読んで知識を入れ、DVDで脳内再生できるくらいに映像を頭に入れたら、身体が勝手に動くようになるんじゃないかと、できる限り身体を動かさない方向での手抜きを考えていたくらいです。

もちろん、やみくもにシャドウばかりしていても、そのシャドウの姿勢が悪く、続けていると悪い癖がついてしまう可能性があります。
しかしそれでも、まずは練習ありきなんですね。

最初から上手くできる人はまずいない。
みんな最初は、世界チャンピオンだってへたくそだった。
それが上手くなったのは、練習時間と情熱と正しい知識、だったのだろうと思います。

身体が自然に動くくらいに練習して、その途上で正しい知識とわかりやすい指導で形を整えていく。
結局ここなんだな、と思います。

これはダンスに限らず、語学も同じですよね。
やみくもに時間をかければいいってものではなく、集中(情熱)と正しい知識(自分に合った学習法)を伴っていなければ。

ダンスが好きでここまで来たので、明日はその楽しい気持ちを爆発させて一日頑張ってきます。
その後のことは、またゆっくり考えましょう。

練習が、したいなあ……。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

燃え尽きちまった症候群

こうなることは薄々気づいていたけどやっぱり止められなかった……!

日曜に、あるダンスイベントに参加してきました。
大分前から準備にかかり、このときのために練習してきたメンバーとダンスを披露し、イベントも成功に終わり、晩万歳です。

心地よい疲労感と程良い酩酊感に包まれた日曜日でした。

一夜明けて、月曜日。

トニー力がでないよ……!(ケロッグコーンフロスティのCMご存じですか)

どうやら満足感と達成感それに筋肉痛にも襲われているようです。
さらに言えば、今後語学系で忙しいスケジュールを組んでしまったので、ダンス関係のイベントは今年は入れないように自分で調整してしまったのでした。

これから何を目標にダンスしていけばいいのだ……。

あくまで社交ダンスは趣味の範囲です。
それで食べていこうとは……今の年齢ではもうとても言えません。
しかしながらそれでも小さな目標を持って練習を重ねるのと、目の前のレッスンをただこなすのでは雲泥の違い。
早々に、なんらなかの目標を立てて練習は続けていこうと思うのですが、さてどこに標的を絞るか。

もっともっと、と気持ちは焦るのですが。
今週いっぱいくらいは焦る気持ちをなだめながら、ゆっくり考えてみようと思います。


にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

『虎と小鳥』第110話

今週の私的キーワード:
・ジョニー・アリディ
・伝説には2種類
・知っているとコネの違い

虎と小鳥を見始めて、新しい発見がいっぱいです。
自分だけの独学ではおそらく、今週の内容は積極的に調べなかったことでしょう。

ジョニー・アリディという伝説のロックスターがコンサートをしますよ、という回です。
このお方、御年70歳で現役シンガーとのこと。
しかも、今回はカミーユがファンの皆さんにインタビューをして回っています。
そのコメントがひとつひとつ、アツい。
ロック魂とはかくあるものか、と画面のこちら側もなんだか興奮してきます。

ジョニーはどんな歌を歌うの?
そんなにフランス人の心をくすぐるジョニーのロックはどんなもの?
彼の経歴は?
今はこの魔法の箱ひとつでおおよそのことが調べられる便利な世の中になりました。
でも、その伝説さはやはり自分の目で見ないと本当のすごさはわからないんだろうな、とも思います。

私もかれこれあるロックバンドを追いかけて20年になります。
彼らは今年結成40周年です。
彼らのおかげで、今現在ドイツ語を話す私がいます。
「私のアイドル」と女性ファンの1人が嬉しそうに話していますが、ファン心理ってそんなものですよね。
すごーくよくわかります。
彼(ら)がいくつになろうと、自分が何歳になってしまおうと、やっぱり自分のアイドル(崇拝の対象)はキラキラして見えるんです。

この回は、わがことのように感じられる、親近感の沸くものでした。
ブログにあげるだけでなく、今後何週にも渡ってスクリプトを覚えていきたい回です。

***

覚えておきたいフランス語表現
「知っている」
connaitreとsavoir の意味の違いです。
どちらも、知っているなのは間違いないのですが、使うときの心理が違うのですね。

Tu connais? Pas du tout.
知ってる? 全然。

このカミーユとアントワーヌのやり取りは、
「あなたよく知ってるの?」「ぜんぜん知らないよ」ってことなんですね。

コネがある、というくらいの「知っている」。
ただ知っているよりも、もっとよく、もっと深く知っている。
それが、connaitreか~。

savoirはこれに対して、「知っていて、できる」を含んでいる。
「これ知ってる?」だとわかりにくいので自分の分野で言い換えると……。

---

「タンゴ、知ってる?」とある男性が私に右手を差し伸べながら聞いてきました。
この場合、女性側の答えは二つです。
A「ええ、ベーシックだけならなんとか」
もしくは、
B「ごめんなさい、まだ習ってないんです」
(注:本当にベーシックしかできないのか、習っていないのか、そもそもこの2種類の返しは体のいい断り文句じゃないのか、などは考えたらいけません・苦笑)

「タンゴ」という社交ダンスの1種目を知っているかどうか、と男性に聞かれたときには、それはもう、「私と踊りませんか、タンゴを」の意味なのです。
ですから、日本人的謙遜とダンサー的保守精神の表れで、「ベーシックだけなら」か、「習ってないの」が出てくるというわけです。

私は、タンゴを「知っているし、踊れ」ます。
それが、「savoir 知っている」に含まれているんですね。なるほど納得です。

---

まだまだスクリプトを自分なりに翻訳していくと続けられそうですが、今回はこの辺で。
この回をじっくり繰り返し聞けば、フランス語でのファンの表現を覚えられそうです。 にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

とりとめなき日々

近況です。

社交ダンスに関してはちょっとのんびり構えようと、前の記事で書きました。
そうしましたらタイミングよく、遊びのお誘いが入りました。
おそらく友人はこのブログを読んではいないはず。多分。
いや、読まれて困ることを書くつもりはないので、ばんばん読んでもらってかまわないのですが。

それにしても私の書くジャンルに興味を持ちそうも無い友人からのお誘いなので、これは完全に偶然か、思し召しか、ですね。

夏休み、たまには、はっちゃけますか!

***

ダンス以外のノルマはお休みすることなく続けられています。
単語集はフランス語も英語も1冊の半分は進みましたか。
フランス語脳プロジェクトも未消化のものは届いたばかりの11課のみ。
ドイツ語はDW(ドイチュ・ヴェレ)のトップテーマをひたすら翻訳。それと星の王子さまのドイツ語版を数ページずつ熟読。

脳休めの読書には、イタリア語通訳のシモネッタこと田丸公美子女史のエッセイ集など。

ダルワイヨのマカロンをいただく。
お、パッケージのフランス語が少し読めるようになった。
駅前のヴィドフランスもそうだけど、ちゃんとフランス語なんだな、と変なところで感心しています。

さて、おやつもいただきましたし、ホールドの練習をしてから今日もゆっくりと休みましょう。
頭と体、両方毎日使える生活を続けたいですね。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

行き当たりばったり小旅行

この週末に、ふらっと旅に出てきました。
やらねば、なことは終わらせてきたので、旅先で〆切りの不安におびえなくて済みました。

さらには、今までの自分にない行動も取ってみました。

行きの切符のみ予約、帰りはその場で購入、です。

私にとって旅と言えば、事前にプランを立ててそれに従ってきっちり行動するもの。
特に今までは海外旅行が多かったので、ホテルと飛行機の予約はかなり前からしていました。大体出発の半年前くらいには手配始めているくらいです。

始まりと終わりが決まっていると、すごく楽です。
時間通りに間に合わなければ、という縛りが私にとってはすごく楽なのでした。
友人はそれがたまらない、といっていつも予定は未定と言いきり、旅の話を聞いてもホントに寅さんのようでびっくりします。
羨ましい気持ちがものすごくあるのですが、その勇気が私には出せなかったんですねえ。今までは。

今回は国内の小旅行でしたし、帰りをいつにするか当地でのスケジュールがまったく読めなかったので帰り便の手配はせずに出発しました。
飛行機でなく新幹線での移動でしたから、まあなんとかなるかなというのが正直なところです。

新幹線に乗るのも十年ぶりくらいだわ、関西方面への旅行もかなり久しぶりだわ、旅行の興奮と醍醐味をたっぷりと味わって夜は夜更かしせずにばたんきゅーだわ、と新鮮味あふれる旅行となりました。

帰りは案の定予定が押して、なんとなくそれに乗れたらな、な新幹線を直前で逃し一時間待ち、なんてこともありました。
でも案外発車直前でも席はあるんですね。シーズンや曜日の差かな?
なんとかなりました。
うーん、しかし帰りの新幹線で単語集を少しでも進めようとしましたが、どうにもこうにも襲ってくる眠気には勝てず……東京までぐっすりでした。

単語は体力が余っているときに覚えること。
今回の旅の教訓ですな。

そして、今までの自分にない行動を取ると、新しい経験として自信がつくこともわかりました。
たまにはこうして、ふらりとあてのない旅に出るのも楽しいものですね。
大きなイベント事が終わったら、またこうして小旅行に出てみるのをご褒美にしてみるのもいいかもしれません。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

『虎と小鳥』第111話

今週の私的キーワード:
・ウォークマンの助けを借りても早口カミーユ
・かかし!
・ぷてとる聞き取れる
・ジャック・ドゥミはシェルブールの雨傘!

先週のジョニー・アリディの続きです。
タイトルは、「ベルシーその2~ベルシー公園」です。

今回も自分なりの虎と小鳥感想です。

◆まず、今回はビデオでなく音声をウォークマンにダウンロードしました。いつもは映像と音声セットの動画のみなので、初の試みです。
そして音声(MP3ファイル)にしてみたら、流石はウォークマン。語学系に特化しているだけあります。
音声スピードを変えられました。今回のキーフレーズ、カミーユの決め台詞がどうにも速くてスクリプトと対応できない感じがひしひしとしていたので、ノーマル×1.0倍から×0.75倍まで落として聞いてみました。

でも、速い!!
どう何回聞いてもこうは言っているように聞こえないよ!

Ça il va falloir y aller, hein. これは行かないとね。
Il faut y aller.の近接未来形で、va(=aller)が入ることによって、なんとこの文には動詞が3個も詰まっています。これはフランス語特有なのかな?
ドイツ語だったら、Man muss unbedingt dorthin gehen.とかでしょうか。ちょっとニュアンス強いかな……。

◆そしてビデオの中で心ひかれた、かかしさん。子供たちの手作りってのがいいです。
かかしは、フランス語で épouvantail (エプヴォンタイユ)というそうです。読み方カワイイ。
しかし語源は、épouvonter 「~をおびえさせる」という動詞から来ているそう。カワイクナイ。

かかしで思い出すのは、オズとハウルですね。どちらもドイツ語版で本とオーディオブックを何度も読んだので、かかしといえば、Vogelscheuche (フォーゲルショイヒェ)な頭があるのですが、エプヴォンタイユも今日から頭のかかし欄に追加です。ドイツ語のかかしは、Vogel(鳥)+ scheuchen(おどかして追い払う)なので、鳥さんに特化した役割だったのでしょうか。

◆peut-être ~かもしれない
プテトル。また発音がカワイイ。一か月虎と小鳥を聞いてきて、ようやく字面と音が対応してくるようになりました、私の耳。
この調子で他の成句もがんがん聞き取れるようになろう!

◆ビデオ冒頭でカミーユが説明している、シネマテーク・フランセーズ。現在はジャック・ドゥミ展覧会が目玉のようです。ジャック・ドゥミといえば、私の中ではこの1曲。


「シェルブールの雨傘」

映画の内容までは知りませんでしたが、この曲はメロディラインが美しすぎる。映画音楽は本当に素晴らしいものが多いです。

映像美ももちろん素晴らしいのですが、私はどうも耳に残るものに弱いようです。
今回のバックに流れているTIPAの音楽もステキだったな……。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。