2014年09月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

TRIVIUMコース復習の巻

9月に入りましたね。
このところ夏の終わりを急激に感じる気候になったのと、転職先での業務にもやっとこさ慣れてきたようで、少し余裕が出てきました。

これまでは夏バテと新しい会社に馴染むので精いっぱいでしたので、正直なところ、朝一のドイツ語翻訳以外に新たな勉強法の開拓とはいきませんでした。

が、今のこの涼しさならいける!

と踏んだもので、先週から新しい勉強習慣を始めました。

以前通信教育で受講していた、ポリグロット外国語研究所の翻訳講座、「TRIVIUMコース」の復習です。
一年間で3~5カ国語をモノにする、が目的な通信講座でした。
この場合、モノにする=「翻訳ができるレベルまで持っていく」です。

受講生の外国語習熟度合いは様々なので、事前にレベルチェックのヒアリングが行われ、初級・中級・翻訳講座と難易度が違うコースを段階的に学習していく仕組みです。

私は、英語ドイツ語フランス語の3カ国語を受講しました。
フランス語のみ、ゼロからのスタートです。
残りの二カ国語はまがりなりにも義務教育と高校、それにゲーテ東京で数年間習っただけあり、初級文法講座は受けずに中級から始めたものです。
イチからスタートなのはフランス語だけだから、割と余裕で出来るのでは?と初めの頃はなめていたところがありましたね、実は。
しかし、もちろんこの後大変なしっぺ返しをくらうのは、世の常というものです。

毎週訪れる宿題提出の波。
新しい言語に慣れるまでの、ちんぷんかんぷんな呪文の羅列。
提出前に見返す自分の訳文の、絶望的なまでのセンスのなさ。
添削で戻って来た自らの訳文の甘さと、模範訳文のあまりの美しさに何度涙を飲んだことか。


ひるがえって、現在の復習状態ですが。
当時を思い返し、受講時と同じ締め切り設定で、初めからやり直しています。

しかし、当時は必死になって片づけていたためか、復習が、正しく『復習』になっています。
つまり、細かい部分まではもちろん読みこまないと出てきませんが、どんな分野のどのような流れのテキストかはタイトルと冒頭の数行で、「ああ、そうそうこれ読んだわー」状態です。
それだけ、一週間の間に何度も読み直して、訳文を練り直していたのですね。

これを踏まえると。

限られた時間の中で自分の限界まで出し切って翻訳をする。
量をこなす。

これが翻訳スピードを上げる最短ルートなのでしょうか。

そういえば、このTRIVIUMを受けている間はひいひい言いながらも締め切りは毎週ぎりぎり守れていましたもの。
タイムリミットが決まっていれば、そしてそれを守ろうと常に意識していれば、自然と体はそれに向かいますね。
先週の復習は、無事にクリアしました。

今週も英独仏全て期日までに仕上げます。
そして復習ですので、恥を忍んで当時の提出文と比べるのもまた楽し、です。


スポンサーサイト
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

アリスとバレエ

バレエを始めました。

きっかけは、このDVDです。

英国ロイヤル・バレエ団 「不思議の国のアリス」(全2幕) [DVD]英国ロイヤル・バレエ団 「不思議の国のアリス」(全2幕) [DVD]
(2012/06/20)
ローレン・カスバートソン、セルゲイ・ポルーニン 他

商品詳細を見る

もともと、バレエは好きでよく見ていましたが、自分でも踊ってみたいと思うようになったのはこのアリスがあまりに衝撃的だったから、です。

このアリス、内容が面白すぎます。
まず、古典作品ではない。
それゆえ、一から作り上げる苦労と楽しさが、特典映像のドキュメンタリーで伝わってきます。
さらに、内容がかっとんでいます。
マッドハッターがマッドタッパー(タップの超絶技巧は必見!)だったり、ハートの女王が古典作品をパロディ化して、禁断とも言えるコケっぷりを披露したり。
さらには主役であるアリスが、作品的にそうであらねばならぬとしても、ほぼ全幕で常に踊っています。収録時間は120分ですが、そのうちアリス役のプリマは100分は舞台に立ちっぱなしに違いない。これはすごいです。恐ろしい体力です。

と、このアリスのバレエにあまりに熱中しましたので、自分でもバレエを始めちゃいました。
いまは大人バレエが確立し、安価で始められるようになっているのが嬉しいです。

職場近くのバレエ教室で、体験を経ての入会です。
レッスン内容や先生との相性などがありますので、こうして一度実際にレッスンを受けさせてもらえるのは良いですね。
体験用に、バレエシューズのみ購入しました。
後は、社交ダンスのレッスンウェアで。
レオタードやスカートは、もっと慣れてからでいいですよ、とアドバイスくださいました。

まだ始めたばかりですのでバレエ後の筋肉痛がひどいですが、慣れてくればきっと、夢のトウシューズまでは遠くない。
と、信じつつ今日もストレッチに励みます。

バレエのレッスンの半分はストレッチだと知ったときの衝撃ったらありませんでした。
やはりどの分野でも、基礎の反復がカラダを作るのですね。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

TRIVIUMコース復習の巻(2)

先週、TRIVIUMコースを復習しはじめました、との記事を上げました。
→『TRIVIUMコース復習の巻

今週の進捗状況です。
無事に二週目の復習が終わりました。
英語・ドイツ語は中級講座。
フランス語は初級講座の組み合わせです。

どの言語も、中級講座は和訳課題がメインです。
一方、初級は文法問題や、一文の和訳・仏訳がまんべんなくあります。

どの言語も横並び(例えば全部初級、もしくは全部中級)だったら途中で挫折していたでしょうが、一言語でもレベルが違ったことで私にはある種の余裕というか息抜きができて助かります。

いや、復習の今だからこそ「余裕」という言葉も出てくるのですが……。
受講当時は、本当にまったく初めて、ゼロからのフランス語でしたから、ここが一番時間がかかった課題でしたものね。

それを思うと、新しい言語ほどレベルアップの上昇率は高いですね。
いわゆる、入門から中級まではあっという間に伸びる、というやつです。
フランス語でそれを実感しています。
当時は辞書と首っ引きでも分からなかった一文が、今は辞書なしで、ドイツ語と同じように読める、理解できる、日本語に直せる、この喜び。
これこそ語学を学ぶ醍醐味ですよねえ。

しかし中級者以上になると、長い長い伸び悩みのトンネルが待ちうけるということもありますが……それはまた別のお話。

というわけで、復習二週目は無事完走です。
また来週に向け、気合い入れ直して復習してきます。


にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

散歩は思索と語学に最適!

本日の散歩ルート。

新橋駅(JR) 【スタート】
~銀座
~有楽町を通り過ぎ
~東京駅北口・丸善 【ゴール】

電車では2駅なのであっという間ですが、いざ歩くと結構時間がかかります。
(直線距離約2キロ・徒歩30分弱)

元々銀座のヤマハに楽譜を買いに、と思ったのですが定休日で無駄足に。
銀座のもう少し有楽町寄りに山野楽器があるので、そこで目当てのベートーヴェンさんを購入し、そのまま東京駅の北口にある丸善さんを目指しました。

足はくたくたですが、耳から語学で新橋から有楽町までは集中できました。(ドイツ語)
有楽町から東京駅、丸善での間はこれからの自分の目標、反省、改善点を考える時間にもなり、直近の予定も立ちました。(語学習得予定や、その先の目的手段目標など)

歩きながら考えるとアイデアがひらめく、といろいろなところで聞きますが、これは本当ですわ。
足の裏が地面とリズムよく接触するからか、はたまた歩くことは頭をからっぽにしていてもできることだから、その分頭の方により注意をむけられるからか。
そこいら辺はよくわかりませんが、体と頭が別々のことをしているのは効率的でもありますしね。

普段はスケジュールに追われてじっくり自分と向き合う時間がない方には、一日ほんの少しの、「歩くこと」をおススメします。
デスクワークでむくんでしまった足にも、よく効きますよ。(それは私です)

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

ハン検まで60日

趣味で始める外国語。

ではなく、必要に迫られた外国語学習はどのように身につくのか。

自らの身をもって体験するため、11月のハングル能力検定試験5級を受検することとしました。
日々の進捗をこのブログにつづることで、未来の自分のためにもなるし、今現在の自分への励みにもなります。
そして同じように、ハングル能力検定を受けられる方への刺激にもなったら、これ幸いです。

11月の第二日曜に試験はあります。
逆算すると、あと60日。

ハングル能力検定試験の一番下の級である5級の出題範囲ならびに合格に必要なレベルは、
「60分授業を40回受講した程度」
「100点満点中、60点以上で合格」
「約450語の単語や限られた文型からなる文を理解することができる」

今まで韓国語(朝鮮語)に触れたこともなかった私が残り60日でここまでたどり着けるのか。
いや、たどりつくための記事にしていきます。

まずは、合格に必要な参考書揃えから。
ハングルは日本語でもアルファベットでもない、未知なる文字ですので、まずはそこに慣れるところからですね。
そして単語を覚え。
文法を理解し。
自らも発信できるようになる。

最後の発信は、5級ではまだ問われないですね。
なにはなくとも、まずは、「ハングル」です。

【CD付】 どんどん身につく韓国語入門【CD付】 どんどん身につく韓国語入門
(2014/06/26)
オ・スンウン

商品詳細を見る

転職してすぐに購入した韓国語入門書。
ゼロからの挑戦としては、ちとレベルが高かったようでまだ進んでいません。

***

1日でハングルが書けるようになる本―ヒチョル式超簡単ハングル講義1日でハングルが書けるようになる本―ヒチョル式超簡単ハングル講義
(2012/08)
チョ ヒチョル

商品詳細を見る

本日購入。
全8時間中2時間目を読み終わったところです。
タイトルに偽りあり、かもしれません。……いや、一日中勉強していられる環境なら、「1日で書ける」ようになるのは不可能ではないかもですが、書ける=使いこなせるというわけではない。
まずはこの本を上げます。

***

「ハングル」能力検定試験過去問題集〈第9巻〉5級「ハングル」能力検定試験過去問題集〈第9巻〉5級
(2014/03)
ハングル能力検定協会

商品詳細を見る

同じく、本日購入。
検定対策には過去問です。
なにはなくとも、過去問です。
ハングルに慣れたら(書ける読めるようになった頃あいで)、文法と並行でこの過去問に取り組む予定です。

現在の計画としては、
ハングルに慣れる、書ける
→どんどん~で文法を覚えつつ耳を慣らす
→同時進行で過去問解く
→単語増強(キクタン? ラジオ講座? 公式単語集?)(参考資料は考え中)

11月頭には過去問をひたすら繰り返す1週間としたいので、それまでに上記は全て片づけないとですね。
また、本業と多の言語が優先事項のため、ハングルに割ける時間は1日1時間程度です。
しかしこの1時間を集中し、効率良く学習を行えば、5級は十分狙えると判断しました。

予定学習時間は、就寝前と、スキマ時間です。

【本日の学習成果】
・ハングルの母音字(アイウエオ・ヤ行・ワ行・2重母音)が見てわかるようになった
・自分の名前がハングルで書けるようになった
・ハングル能力検定の詳細を理解した



にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

ハン検まで59日

【本日の学習成果】
・ハングルの子音字の一部(鼻音・流音・平音)を見てなんとか読めるようになった
・母音字の復習で、母音字部分に載っている単語はすらすら口に出せるようになった
・ハングルが踊る人形の暗号のように楽しいものになってきた



【参考書】
1日でハングルが書けるようになる本―ヒチョル式超簡単ハングル講義1日でハングルが書けるようになる本―ヒチョル式超簡単ハングル講義
(2012/08)
チョ ヒチョル

商品詳細を見る


【本日の学習範囲】
・0~2時間目の、母音字の復習
・3~4時間目の、子音字の読解・練習問題を手書き

***

今日学んだ子音字は、
「ナスのN」「マッチ箱のM」「螺旋階段のR」(ここまで鼻音・流音)

「鎌のK」「タオルのT」「パッとのP」「スウォッチのts」「さくらんぼのS」(ここまで平音)

でした。

この本、なんでしょう。
読んでいるだけで、ハングルがすっと頭に入ります。
似たような形が多い(と初学者である私は感じている)ハングルが、こうして解説されると理解できるのです。
歴史のごろ合わせ暗記法と同じ匂いがしますが、初期の初期にはこうしたこじつけとイメージによる焼き付けは絶対に必要なので、無駄のない教え方と言えますね。

うん、最初歩でこの本を選んで正解でした。
新しい言語を習うには、はじめの一冊には薄くて軽くてすぐに終わる参考書がいいです。

その根拠は……
・持ち運びが容易なので、いつでも隙間時間に取り組める
・もっとも初めに知っておかなければならないことしか書いていないので、それだけに集中できる
・すぐに終わるので、一冊仕上げた達成感なるものを、始めてすぐその新しい言語で味わえる

必要にして最低限、これを少しずつ上重ねしていくのが良いと思います。
下積みならぬ、上積み学習。

この本は今週中に仕上げ、もう手放しても良いくらい読み返しまくって来週には次の段階に移る予定です。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

ハン検まで58日

本日は会社の飲み会でした

いーい気分に酔っぱらっております。
そしてこうなることは予想できていたので、本日分のノルマは夜までに済ませておきました。

【本日の学習成果】
・ハングルの子音字の残り(激音・濃音)を見てなんとか読めるようになった
・有音声化の法則の理解が進んだ


【参考書】
1日でハングルが書けるようになる本―ヒチョル式超簡単ハングル講義1日でハングルが書けるようになる本―ヒチョル式超簡単ハングル講義
(2012/08)
チョ ヒチョル

商品詳細を見る


夜の予定はもともと入っていたので、その時間を外しても今日のノルマを達成できるように時間調整しました。

明日も同じようなスケジュールです。
もう少し要領よく、もろもろこなしていきます。


にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

ハン検まで57日

正直にご報告します。

昨日ブログ記事を書いたこと、きれいさっぱり記憶にございません。

それほど飲んだ記憶はないのですが、家の鍵を開けた(であろう)場面と、ブログを書いた(であろう)シーンは、昨日の脳内記録動画には収録されておりません。
鍵開けて、パソコン開いてブログ書いたんですよ、ね私が?

お酒おっそろしい。
容量用法を守って節度ある飲みを心がけたいものです。

そんなこんなで、今日はとある音声学セミナーに参加してまいりました。
いかに今まで無意識で発話していたかがわかる、実り多いセミナーでございましたことよ。
言語が異なれば、発話の際に使う部位も変わる、とは知ってはいましたが実際に自分の口で試したことはなかった机上の空論でした。
耳で聞くのと、実際に自分の口の中でいろいろな位置を変え音に乗せたときの格差社会。自分のスピーチを録音して聞きなおすのが音読の最上トレーニングと聞いたことありますが、確かに最も良いでしょうよ。
録音でなく、ただ単に口に出した音を自分の耳でリアルタイムに聞くだけでもアレですのに、わざわざ録音して後で聞きかえすなど、羞恥を通り越して拷問です。
だけれども、だからこそ録音音読で訓練している人の発話が劇的に改善されるのもわかります。
私の韓国語も、早く聞こえる音と自分の発した音の一致を試みたいものです。

***

そんなこんなで(二回目)、本日のトレーニング。

【本日の学習成果】
・「1日でハングルが書ける~」本一周目終了
・鼻音と流音のパッチム、閉鎖音のパッチムが(なんとなくぼんやりと)時間をかければ書けるようになった
・週末までに参考書を上げる、と自分に課した目標が達成できた誇らしさ
・最後の最後の頁、二重パッチムに対する未消化感



【参考書】
1日でハングルが書けるようになる本―ヒチョル式超簡単ハングル講義1日でハングルが書けるようになる本―ヒチョル式超簡単ハングル講義
(2012/08)
チョ ヒチョル

商品詳細を見る


パッチム、特に二重パッチムに関しては消化不良を起こしていることは間違いありません。
ただ、大急ぎで書けるように、との目的で作られた本ならば、必要にして十分な知識なのかもしれません。
理解ができていないから、書けない。
であれば、その部分だけでも完璧に理解するよう、文明の利器を使っていろいろ情報を入手するのが一番早いですね。

ここからの三連休は、この本の二周目と、いよいよ次の参考書です。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【Le petit prince】全36回復習完了

11月頭のハングル検定までは、自分にとっての新言語である韓国語に毎日少しずつでも触れる、が第一目的です。
馴染みが薄いものは、やはり興味が移ろいやすいですから。

その新言語に対して、「常にアツい」状態が理想ですが、毎日変わらぬ情熱を持って取り組める方はよほどのマニアか、その言語に付随する何かがものすごく好きか(良く言われる話ですが、恋人の使う言葉だからとか)ですよね。

そこまでの気概を持てぬ私は、言語学習を習慣にするプログラムを自分に対して作っています。
これは今まで学んできた教育機関や講座や研究所、プロジェクトの指導方法を基に、一番自分に合ったやり方を試してみた結果です。
怠ける気持ちがあっても、やることが当然で、やらないとなんとも気持ち悪い、収まりが悪い状態に持っていくことが習慣ですから。

その習慣のひとつが、「星の王子さまで学ぶゼロからのフランス語会話・文法講座」の復習です。
全36回の授業を、出勤日の朝の電車内ですべて復習しおわりました。

[ 続きを読む » ]
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

ハン検まで56日

新言語を学んでいて一番中だるみするのは、ひとつ目標を達成したときです。

今回で言うと、参考書を1冊、一周目を終えたときです。
つまり昨日のことですね。
一度終えたものをもう一度繰り返すのは、正直なところ楽しいものではないです。
だって新しい言語ですから、どんどん先に進みたいですもの。
わかります。
なんだか気が焦ってしまって、次から次へと新しいことを覚えたくなるんです。

しかしその結果、文法の取りこぼしや、表面的な理解にとどまってしまった経験があります。
さらっと覚えた5000語よりも、しっかりと身についた、すぐに口から出てくる500語の方が役に立ちます。
これは、ドイツ語単語帳のコラムにあった格言です。
真理ですわ。

しかし、だからといって完全に丸々前の参考書をなぞるだけではつまらない。
となれば。復習と、新しいことを織り交ぜた学習を試してみました。

1)ハン検過去問をさらっと解いてみる

2)その結果を踏まえ、ハングル書く本に戻る

この流れです。

【本日の学習成果】
・公式過去問を、さらっとでも最後まで見たことで問題の傾向がつかめた
・現状では、この過去問は一問も解けないことが判明した
・試験はマークシートであり、5級では記述問題はないため、確実に見て理解できれば良いことがわかった
・発音、単語、文章、ヒアリングの求められているレベルが、他の外国語と比較してどれほどのものか理解できた
・過去問を眺めたことで、ハングルに対してのモチベーションが再び上がった
・それを踏まえ、「ハングル書く」本の0時間目をしっかりと、復習し初日には理解できなかったことが今度は確実に身についた



「書く」本に割く時間が少なくなってしまいましたが、過去問を見ることで得たものがそれ以上に多かったので、自分としては満足のいく学習時間でした。
やはり次の本に行く前に、「書く」本をしっかりとマスター、がよろしいようです。


【参考書】
1日でハングルが書けるようになる本―ヒチョル式超簡単ハングル講義1日でハングルが書けるようになる本―ヒチョル式超簡単ハングル講義
(2012/08)
チョ ヒチョル

商品詳細を見る


「ハングル」能力検定試験過去問題集〈第9巻〉5級「ハングル」能力検定試験過去問題集〈第9巻〉5級
(2014/03)
ハングル能力検定協会

商品詳細を見る


にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

ハン検まで54日

ぼちぼち、単語の習得も始めないとな、と思い立った週明けでした。

昨日は一日韓国語はお休み。
記憶を定着させるためにも、適度な休息は必要です。(本当は別のことをしていて、ハングルに回す時間が足りず。休日はスケジュールが狂いまくります)

現在は、「書けるようになる本」をベースに、「どんどん身につく~」のハングル入門部分で問題を解いています。
ハングルはある程度書けるようになりましたが、ヒアリングが甘いです。アマちゃんです。
特に、「オ」のふたつが聞きとれていません。同じに聞こえる。

今週も予定がきちきちなので、明日にでもまた本屋さんに寄り、今の自分に合った(=ハン検5級に対応している)韓国語単語集を探すとしましょう。

【本日の学習成果】
・韓国語リスニングで、日本語にない母音が聞きとれていないことが判明
・これは何度も聞き返して慣れるしかない
・単語帳の必要性をひしひしと感じる



【参考書】
1日でハングルが書けるようになる本―ヒチョル式超簡単ハングル講義1日でハングルが書けるようになる本―ヒチョル式超簡単ハングル講義
(2012/08)
チョ ヒチョル

商品詳細を見る


【CD付】 どんどん身につく韓国語入門【CD付】 どんどん身につく韓国語入門
(2014/06/26)
オ・スンウン

商品詳細を見る



にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

ハン検まで53日

外国語習得に必要なものは、単語と文法。

ということで、単語帳を購入してまいりました。
本屋さんで、出ている単語帳を全部ぺらぺらめくり、今の自分レベルに合う1冊を選んだつもりです。

改訂版キクタン韓国語入門編改訂版キクタン韓国語入門編
(2012/06/04)
HANA韓国語教育研究会

商品詳細を見る

残り50日と少しですからね。
毎日持ち歩け、カバンに入り、手軽にパラパラめくれ、かつハン検に対応しているものとなると、なかなか条件にあう本が少なかったです。

あとは単純に私の好みに合うかどうかが最終的な決め手です。

こちらのキクタンは、単語の読みあげは付属のCDでしてくれますが、載っている例文の音声は別売り(か他の言語ではないのもある)なのがあと一歩、というところですが。
それでも単語の読みあげを韓→日→韓で読みあげてくれるところはポイント高いです。

音で慣れ、ハングル表記を音からも強化する、は良い手です。
見慣れぬ文字ならなおさら、音の重要性は高まるというものです。

【本日の学習成果】
・学んできたハングル文字が、単語と結びつくことでより簡単にするすると口から出るようになる
・一週間学んだ中でいつの間にか覚えた単語もいくつかあったことに気付かされた
・漢字や外来語由来の単語はほとんどそのままの音声のため、イメージして覚えるのが容易と知る

・キクタン1週目・5日目まで単語終了



文法に関しては、「どんどん身につく~」で進めています。

今日から毎日、韓国語単語覚えの時間は確保していきますよ。
まずは、明日の朝の復習と、新しい単語覚えです。新しい単語帳は、妙にわくわくしますね!

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

バレエと語学

バレエレッスンに参加してきました。

レッスンの半分はストレッチ、しかもゆったりとした動きですのに、レッスン終わりには汗びっしょりです。
優雅な所作には、それだけエネルギーを使うという、良い証拠ですね。
プリンセスになる(である)には、どれだけ見えない部分を燃やして支えて学び続けなければいけないのか、教えてもらっていますバレエに。

そしてバレエは自らの体の改造のみならず、語学の場でもありました。

まず、ステップや立ち方などがごくごく普通にフランス語です。
プリエ、ドゥミ、グラン、ジュテ、クペ、タンデュなどなど。
私はバレエの前にフランス語を習っていたので、単語帳で覚えた用例と、実際のバレエでの使い方に差があると、思わず笑ってしまう方です。

しかし、フランス語の予備知識があってよかったことは確かですね。
バレエに関しては始めたばかりの超初級者ですが、用語は概要は既に分かっていて、バレエ独特の使い方にも応用することはわりあい容易です。
となれば、後は体で覚えたステップと、実際のフランス語ステップ名を結びつける だけ 。

まあ、これから何度もバレエレッスンは受けるのですから、一度で全部覚えようとせずとも良い、でしょう。
先生もそうおっしゃっていましたし。

ところで少し気になったのですが、他の国では一体バレエレッスンの際に何語が使用されるのでしょうね?
やはり用語としてはフランス語が世界共通なのでしょうか。
それとも国によって違うのかしら。
(社交・競技)ダンス用語は英語で統一されているからして、バレエはやっぱりフランス語統一かなあ。

***

↓こちらは、かなり前に購入したバレエストレッチ本です。
レッスンに行けないときはコレを参考に、ストレッチに励んでいます。

DVD付き バレリーナに学ぶはじめてのバレエ・エクササイズDVD付き バレリーナに学ぶはじめてのバレエ・エクササイズ
(2004/12/07)
牧阿佐美バレエ団=

商品詳細を見る


にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

ハン検まで50日

新しく学ぶ言語の、単語はどうやって記憶されていくのか。

それをリアルタイムで追い、記録することで今後の学習指導にも違いが出てくると思います。
自分にとって韓国語は、本当にゼロから始め、まだ本格的に初めて一週間程度です。
それをこうして記録に残す、というのは自分にとっても糧とも枷ともなりますし、読んでくださっている方にもなんらかのヒントになればこれ以上に嬉しいことはありません。

***

キクタンで単語記憶を始めて4日目。
まだ今日の暗記はしていませんので、正確には3日目が終わったところですか。

今のこの超初級、もしくは入門者の時点では、この単語帳ひとつあれば、というよりもこの一冊を確実につぶすことが先決です。
あれだけ本屋さんで悩んだのですから、この単語帳はいまいち、と次に手を伸ばすのは言い訳です。

そしてハン検本番まで、残り50日です。
キクタン本編に書かれていた、一日12単語で5週間35日で一周では、遅すぎです。(とりかかる私のスタートが遅すぎたということですね)

ですので、1週間分を2日でこなす一周目としました。
5週分ありますので、10日で一周ですね。
このペースなら、来週末には一周目終了します。
一日最低36単語ですか。ちょっとだけ、厳しいペースです。
でも、この3日間は、なんとかこなせています。

ちなみにこのペースですので、100%一周で覚えようとはしていません。
あくまで、
1)ハングルに慣れること
2)ハン検5級に必要な単語レベルを知ること
3)馴染みのある、もしくは相性のいい単語は覚えられるだけ覚えること
これが目的です。
これから何周も繰り返して覚える前提なら、この超スピードにも思った以上にストレスがかかりません。

初学者の段階では、可能な限りスピードに載った方が、学習習熟具合もぐんと上がる気がします。
今日理解できなくとも、一日経つと理解できることが多いんです。
睡眠中にも無意識下では理解に努めているということでしょうかね?
この、「あ、わかった!」が多くなればなるほど、その言語にハマる確率は高くなるでしょう。
(そしてその「わかった!」は大抵、文法を紐解いていくと出会う頻度が高くなります……だから文法大事といわれるのですよね)

基本は、
1)単語帳を見る
2)読み方と意味を何度か見て覚えるよう努める
3)これでひとまずその日のノルマまで最後まで行く
4)戻ってきて、そこまでの意味を短期記憶できているか試す(赤シートが便利です)
5)覚えていなければ、今度はイメージと結びつける(勉強、はコンブだから、昆布で勉強、昆布で勉強……といった調子で)
6)さらにもう一度最後までさらう
7)ここで、キクタン音声の出番。音声だけ聞いて、その日のノルマを定着させる
8)余裕があれば、時間を置いて最後に音声+テキストで再定着

この手順で進んでいますので、朝一でまず単語を始め、お仕事帰りに仕上げの8)で復習します。
単語はその場その瞬間だけ覚えていても身につかないので、できるだけ時間をおいて復習できる環境が必要ですね。
前日夜やって、朝復習でもいいですし。
朝覚えて、夕方復習でも同じです。
大事なのは、前に覚えたことをまず復習。これにつきると思います。

本日もまた外出ですので、手すき時間に単語学習、で参ります。

【参考書】
改訂版キクタン韓国語初級編改訂版キクタン韓国語初級編
(2012/06/04)
HANA韓国語教育研究会

商品詳細を見る

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。