スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【読】 Gluecksregeln fuer die Liebe 愛のための成功法則

Gluecksregeln fuer die LiebeGluecksregeln fuer die Liebe
(2006/01)
Pierre Franckh

商品詳細を見る

ピエール・フランク氏の邦訳未発表本です。
自己啓発本にここ数年傾倒していますが、このジャンルのベストセラーはなんとはなしにアメリカの方が書かれたものが多いように考えていました。
初めて手に取ったのが、「シークレット」だったからかな?
(正確な統計はとってません)

シークレットは、「引き寄せの法則」で有名になりましたね。この本に出演していた先生がたの本をいろいろ読んでみましたが、どなたもちょっとずつ主張が違うのが面白いです。
ディマティーニ博士のバランス(中庸)の法則が非常に興味深い。

いろいろな引き寄せの法則について書かれた本の、邦訳→原書(英語)→そしてドイツ語版、と入手していくに従って、翻訳されたものではなく、ドイツ語を母語としている方が書かれた自己啓発本を読みたくなりました。
そこで巡り合ったのが、このピエール・フランク氏の本というわけです。

日本語版もすでに数冊刊行されていて、とても読みやすいです。
例えばこの本↓
宇宙に上手にお願いする法宇宙に上手にお願いする法
(2007/06)
ピエール フランク

商品詳細を見る


もともとのドイツ語もそれほど難しい表現を使わず、すっと頭に入っていきやすい、わかりやすく説明しているのが見てとれます。
この彼の本を日本語版と照らし合わせながらでも数冊読み終え、今回は原書のみでの読書に挑戦です。

まだ第一章ですが、目次からして結構きわどい表現がありますねえ。
これは、日本の出版社さんで翻訳出す予定はあるのかな?
例えば……

"S▲x hilft nicht bei der Partnersuche"パートナー探しにセッ▲スは役に立たない
"Verwechsle S■x nicht mit Liebe"セッ■スを愛と取り違えないこと

タイトルだけで中身まで読めていませんが、かなりきわどいことまで正直に書かれているのかしら、とドキドキします。

愛についての法則、これからじっくり読み進めていこうと思います。
イタリア語の合間に、ちょっとずつ、ね。

関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。