スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

Die Uniform gegen das Zivil 制服か私服か

お久しぶりな更新です。
ちょこちょことつぶやいていたこともあって、それほどご無沙汰感はなかったのですが
……一つ前の記事が夏休み明け、て長いお休みでしたね自分。
毎日できるだけ更新できるように、ネタ以外にもお題を探していくのもいいのかもわかりませんね。
誰かの文章を読むのも、自分で書くのも(今は、「打つのも」な時代ですが)好きで、かつそれを生業にしていきたいと夢があるなら、
なにはなくともアウトプットせな。

そんなわけで、自分の周りでネタがないとき用にお題を電子世界からお借りするのはどうだろうと思いました。
例えばこんな感じです。

***
「制服」
ユニフォーム。セーラー。学ラン。サラリーマンのスーツも含まれるのでしょうか?
現在おつとめしている会社は、女性に制服が支給されています。朝晩着替えねばならぬのが時間がかかって面倒だ、と取るか。オフィス用に私服をそろえなくてラッキー、ととらえるか、人によって違うと思われます。
いろんなところでお勤めしてきた私の感覚としては、「制服はあったら楽。ただし可愛いものを希望」などと贅沢言います。

制服があると、仕事あがりに出かける場合など便利です。社内では、「オフィスカジュアル」が最低ラインだと思いますが、これから山登りに行くの!という日でも制服さえあれば勤務時間内には制服で乗り切れる!
まあ、リュックにヤッケに登山靴でパソコンをたたく人もそうはいないと思います、が。

着替えに使うロッカーでは女性だけのどろどろしたものがあったりなかったりもしますが、それでも私は制服賛成派。
ところで、勤続年数が長くなると、新しい制服を支給されることを初めて聞いたのですが、よそさまではどれくらいの期間で新ユニフォーム支給なのでしょう?
以前いただいた制服からワンサイズ小さくお願いできたことが、今日のちょっぴり良いことでした。減量の励みになります!

***
と、いうわけで。
お題一言から、どれだけ想像の翼を広げられるか!
いや、100パーセント事実に基づく記述ですが、発想の練習には良さそうです。

関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。