スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

Uebung macht den Meister 鍛錬が名人を作る


この土日を利用して、鍛錬を積みに行きました。
某県某市は山の上。積もった雪に日の光が反射し、まぶしくて目がつぶれそうな場所です。

普段は週に2回、二時間ほどのレッスンを受けているダンスですが、この二日でどれだけ踊ったかな。
ご飯を食べたらレッスン。温泉入ってまたレッスン。朝ご飯後に最後のレッスン、とひたすら空き時間は踊っていました。
非常に密度の濃い時間を過ごさせていただき、経験値がどれほどあがったことでしょう。
家を出てから帰るまで、約34時間。
計算するとそんなものですが、私の体内時計は一週間ほどを示していました。ものすごく、長く時間を過ごしたように思えたのです。

通常のレッスンも積み重ねという点では大切です。もちろん、これがなかったら今の私はありません。
それでも時折、こうして特別な機会を設けて短期集中で何かを行うこと。
これは、ものすごく成長します。
人間は慣れる生き物ですから、たまには環境を変えて気合いを入れ直すことも必要だな、と今回の旅でつくづく思いました。
ダンスと同じですね。メリハリ。いや、ちょっと違うかな。メリハリだと緩急つけるという意味になってしまいますもんね。普段のレッスンがゆるんでいることになってしまう。これはあかん。
私は通常レッスンも120%で練習しています。ほんとですよ。

それと、私が尊敬しているダンサーの方々にお話を伺う機会もいただけて。
彼らが学生の頃にいかに練習三昧だったか、いかにその時期を乗り越えたかを知ることができたのは、大きな価値があります。
彼らだって、最初から上手かったわけじゃない。
練習と挫折を繰り返して今の踊りがあるんだよ、と教えられた気がします。
(もちろん、そんな苦労自慢みたいなことはされてませんよ。私の想像です。ただ、言葉の端々に学連時代の苦労がにじみ出ていたように思われたので、私はそう受け取りました)
今回教えていただいた基礎トレーニング、ステップや体の保持力、一朝一夕でできるものではないよ、と最後に先輩方は結んでおられました。
大事なのは、積み重ね。
今できなくても、明日はちょっとできるようになるかもしれない。明後日はさらにコツがのみこめるかも。一週間後には無意識で足型をなぞらえるようになるかも。
そう思うと、わくわくしますね。
どんな世界にいようとも、努力と忍耐。必要なのはこの二つ、かな。

翻訳もダンスも、毎日こつこつ続けましょう。そうしましょう。
関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。