スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

三ヶ国語通信講座 (1)

140文字の世界でしょっちゅう私がつぶやいていた通信講座は、一年コースです。
英語・ドイツ語・フランス語を一年間で実務翻訳レベルまで引き上げるのが目的な、かなりハードな通信講座。

ポリグロット外国語研究所(http://www.polyglot.jp/)が執り行っているこのコースは、三ヶ国語コースの他に五ヶ国語コースまであります。
五ヶ国語コースがメインで、時間が足りない人向けに三ヶ国語を新たにコース設定したのかもしれません。単なる推測ですけれども。
一年間で五ヶ国語を実務翻訳レベルに……三ヶ国語でもいっぱいいっぱいな自分には想像もつきません。
一体どんな方が5つもの言語を一年で習得されたのか。興味しんしんです。


私の場合。
平日フルタイムで働いて、隙間時間に三ヶ国語、週三回のダンスレッスン、そして飲み会……。

GW前の海外旅行中に一度提出が遅れたことがありますが、それ以外は提出締め切りを守っています。 GWをはさんだとはいえ、よくやっていると思います自分。 もちろんこれからどんどん難しいテキストを解読していくわけですから、それにかかりきりになる時間が増えるのは当然です。まずできることは飲み会を減らすこと。ダンスレッスンも……いや、ダンスも上達させたいのでそこはキープしたいのですが。

提出課題は先に一年分いただいているので、時間があるときに一気に進めるもよし、あくまで納期を守って目の前の課題を完璧に仕上げるのに費やすもよし。
通信教育は時間の使い方が個人の采配にゆだねられているところが良いですね。
といっても、それは通学でも一緒かな。宿題をこなすのはあくまで自宅ですから。提出するか、授業で発表するかの違いだけ。

いまの私のレベルは、
英語・・・中級・作文講座
ドイツ語・・・中級・作文講座
フランス語・・・初級講座の終盤

です。

英語は学生時代に中学・高校で6年間、授業で(真面目にやったかどうかは別として)習った平均的な実力。ハリポタに熱中していたときには辞書なしでひたすら原書に取り組む、なんて無謀なこともしていました。それでもなんとかおぼろげに理解できていた(気がしてた)んです、5巻は。好きなものって偉大です。

ドイツ語は、今後のメイン言語にしていくもの。通学で5年間初級から中級の最後まで学びました。上級にあがるためには試験に受かる必要がある、と聞いたのと金銭的な理由で、いまは通学をお休みしています。C1試験に受かる自信が出来たら、また通いたいな。

対してフランス語。ゼロから始めました。まだ3ヶ月です。残り9ヶ月で、本当に実務翻訳レベルまで理解が追いつくのか!?
しかし、英語→ドイツ語→フランス語ですから、文法の理解は早かったです。ドイツ語と似ている部分が多いです(未来を現在形で表すこともある、完了形、仮定法、名詞には性がある、等々)。
違う部分は、むしろ新鮮です。
非常に規則的に配列されている言語、といった印象を受けています。今後変わっていくかもしれませんが、一から学ぶ立場には嬉しい規則性。
フランス語がこんなにシステマチックな言葉だったなんて、予想外でした。
いまはまだ発音と単語の関連性がしみこんでいませんが、もう少し読み込んでいけば、ARTE.TVのドイツ語・フランス語動画を楽しめるようになるかも。その日が待ち遠しいです。

明日は、もう少し詳しく講座内容を紹介しようと思います。
関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。