スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

目指すはBurn the floor

今日は病み上がり後初の舞台練習でした。
夏に小さな舞台で踊るので、集中的にその曲だけを練習します。振り付けは、先生に考えていただいたもの。衣装は、イメージが出来上がってこれから注文。チームで踊るので、皆同じです。色は違うのかな?

今回のお話は、タナボタみたいなものです。私がどうしても出演したい!と申請してもぎとったものではないんです。
GW前に旅行に出て、現地でみっちり個人レッスンを受けてきて。やっぱり社交ダンスが好きだ~!!
と、気持を新たにして帰国。日本に帰ってきたら出演の依頼をいただいた、という経緯があります。

通しての振り付けは覚えました。後はフォーメーションの位置と、細かな修正を加えながらの、ひたすら踊りこみ!
曲がかかったらどこの振付か、なイントロドンな遊びが仲間うちでできるくらいの、踊りこみあるのみです。

ご縁があって今回の舞台出演となりましたが、出るからには最高のものを作り上げたいですよね。
練習している私たちは毎回楽しいたのしい言っていますが、どうせなら見てくださる観客の方々にも楽しんでいただきたい。
出演者も楽しい、お客さんも楽しい。片方だけは成り立たないと思うので、まずは私たち自身が楽しんで、どうしたらお客さんに喜んでもらえるか、そこまで追求したステージにしたいと思います。
目指すは、バーン・ザ・フロア。いや、どちらかと言えばフロアプレイかな。
バーン・ザ・フロア [DVD]バーン・ザ・フロア [DVD]
(2008/09/03)
フロアプレイ

商品詳細を見る

……目標は、高く持つことも時には必要です。

しかし、ほんの数分間の振り付けなのですが、見ている以上に中の人は体力使っています。
これが30分の舞台、いやバーンザフロアなら二時間です。プロダンサーの体力、おみそれしました。

関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。