スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【6/8】ドイツ語はおもしろい

さきほどまでドイツ語の課題に取り組んでいました。
一番長く、集中的に取り組んできた言語だからか、元々好きなのかはわかりませんが、ドイツ語を学んでいる間はテンションがあがります。
めちゃくちゃあがります。
たとえ石みたいに固くて端っこをかみ砕くことすらできないようなテキストであっても、ドイツ語というだけでなんだか嬉しくなる。病気です(笑)

ドイツ語はとにかく、繰返しを嫌う言葉。
ドイツに生まれて記者になどなった日には、同じ意味の動詞を何十個も覚えて、使いまわせないといけません。そういった微妙な差異が初見で読みとれるのは、一般の、いわゆる出版関係にお勤めでないドイツ人でもできるのでしょうね。でも、それを自在にあやつれるかというかというのはまた別問題。
私たち日本人でも、新聞に載っている日本語を書けと言われてすぐに出てくるものじゃないですもんね。

だから、読んで調べてわかるレベル、が今の私の目標です。
あとは肌で覚えていくしかないのかなあ、と思います。そういった同音意義語ならぬ、同意異語辞典は独独辞典ならあるんですが、それだけを集めた本が欲しいな。日本語で。
なければ自分で作るか!
こうして自分だけの辞書が生まれるわけですね。

そんなわけで、本日の結果:
ドイツ語→同じ意味だけど微妙に違う動詞を学ぶ。

フランス語
→「新・リュミエール」未来形・前未来・受動態・補語人称代名詞(me/te/le/la/etc)・強調構文の復習
→「楽しく身につくフランス語(2)」第2日



【備忘録】
鼻から入れて見る喉のファイバースコープ(内視鏡:Endoscope)が大変痛い、というか非常な違和感を伴うものを知る。
オリンパス社製なんですか、へえ~

関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。