スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

息をするのと同じように(1)

日常の中に組み込まれると、とたんに特別なものではなくなる法則はなんと呼びますか。
始めるまでは、そして軌道に乗るまでは自分にとっては非常に大変なことだったんです。
しかし、今はまるで息をするように毎日取り組んでいるもの。

毎日続けても苦にもならない。だって息をするのと同じだから。
いえ、ちょっとは苦になっているかもしれません。風邪を引いたときに、息をするのが苦しいと感じるように、時折えらいな、と思うときはあります。
しかし、意識しないと、またはひと様から指摘いただかないと、それが特別なことだとは思わなくなりました。
だって、いつもそばにあるから。
毎日、毎時間(は無理なので一日数時間)は向き合っているものだから。

それが、今受講している、ポリグロット外国語研究所のTriviumコースです。
私が受講しているのと時を同じくして、全国、ひょっとしたら(日本国内限定講座ではないため)全世界で、少なくとも数人の方が私が学んだテキストを、これから学ぶテキストに向き合っている。
そう思うと、このコースを作られた先生とスタッフの方々に感謝のダンスを捧げたくなりますね!
私の生活の中にこんなにも入り込んできた通信講座は初めてです。

残り四分の三、楽しみながら、息をするように自然に学んでいきます。
(コースが終わったらどうなってしまうのでしょうね?息が止まってしまうのかしら。そのころには、別の息の仕方を覚えているのかな……)

関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。