スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

トマト技術

ここ一週間ほどですが、新しい時間管理術を使い始め、その効果に驚いています。

トマトを使います。

いえ、名前だけです。
ポモドーロテクニック、と名付けられたこのツール、私には大層合っていたようです。
(ポモドーロはイタリア語でトマトの意)

25分目の前のタスクに集中。
そして5分休憩。
また25分の集中。
5分休憩。

これを繰り返していくだけです。
25分で1単位。1ポモドーロです。なんだか可愛らしい単位ですね。

4ポモドーロ集中したら、長めの休憩に入ります30分くらい。
4ポモといえば2時間ですから、通常のお仕事からするとその程度の時間で30分も休憩取ってもいいの?と思うでしょうが、いいんです。

なぜなら、このポモドーロテクニック。
めっちゃ疲れます。

1ポモドーロの間はひたすら目の前に集中です。電話が鳴ろうが、友人に呼ばれようが、ひたすら集中です。
この、集中というのが思いのほか疲労をもたらします。
4ポモももちませんでした私は。
大体3ポモ終わらせたくらいで長めの休憩を自主的に取っています。

こうして読むだけなのと、実際に体験することの差が激しいのがこのテクニックだと思います。

25分の集中もはたから見ると短く感じますが、実際に短いです。
興が乗ってきたところでタイムリミットです。しかし、残り5分くらいで目の前の数字が減っていくのを目の当たりにすると、あと×分で終わらせなければ!という意識が働くのかより一層スピードアップできます。

おかげさまで昨日の大雪でも自宅でポリグロットの課題がたいそうはかどりました。
今後も翻訳の際にはこのトマト技術を使っていこうと思います。

詳しい説明は、↓の本か、公式サイトでどうぞです。

http://www.pomodorotechnique.com/

アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門
(2010/12/16)
Staffan Noeteberg

商品詳細を見る


翻訳や語学の勉強のみならず、時間に追われがちな方には一度お試しいただきたい時間管理術でした。

ポモドーロを始める前に、まずは今日のポモ予想を立てるのですが、これが自分の作業スピードと目算能力の向上に役立ちます。この仕事は3ポモくらいかな、と思ったら4ポモかかった。逆に2ポモで終わってしまった、となれば自分の予想の立て方が甘かったということになります。
目の前の仕事に対して、自分ならどのくらいの時間(何ポモ)で終えられるのか。
これが把握できれば、翻訳の仕事に役立つこと間違いなし、ですよね。

いやあ、いいトマト仕入れられました。これからもたくさんのトマトを実らせていこうと思います。

関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。