スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

ダンス歴2年ということ(4)

今回で、ここ数カ月のダンス話まとめが終了です。

4)ダンスというか、組織内でもめたこと。

詳しくはWebで……は書けないのですが、自分以外の人と係わる場所には必ずといっていいほど問題も起こりますね。
ダンスだけできれば良いのですが、なかなかそうもいきません。
また、社交ダンスはその性質上、どうしても男女間のいさかいも多くなりがちです。もしくは、その男女間を元にした火種とかね。
そういったことがポツポツとあり、体調を崩すくらい凹んだ時期もありました。
それでもなんとか持ち直し、もめた事実もそっくり抱えて乗り越えて、練習で昇華できたな、とは私の感想。

問題になった相手がこれをどう思っているかは、未確認です。
しかし私はその相手さんには逆立ちしてもなれないわけで、また、心の内で考えてることもわかりません。
出来得る限り、相互理解に努めたつもりではありますが、実際のところはどうなんでしょう。
ただこれ以上気にしても、そして私の手を離れて発展した問題でもあるので、ケセラセラにしました。なるようになるさ、です。

自分の目指す社交ダンスと、相手が持っている社交ダンス観、そして目標が完全に一致することはほぼないと考えていいと思います。
そのズレが大きくなる前に軌道修正やすり合わせができれば、まだキズは浅かったのでしょうが、なかなか相手に遠慮して言い出せなかったりもします。私はその傾向が強いです。
でも踊るのは、誰のためと問われたときに、答えが出ましたねえ。
相手のために踊るのは楽しくない。見ている方にも楽しんでもらいたいけれど、まずは踊っている自分が楽しくないと。

ダンスを楽しむために始めたのに、続けていくうちに辛くてたまらなくなったら本末転倒です。
練習が上手くいかないのは、つらくないです。まだ自分の技能が足りないだけかも、または単純にかけた時間が足りないだけだと思うので。
そうではなく、ぎすぎすした関係になるのが嫌なのです。
今日は踊りたくないな、が始まるのは危険です。
踊ること以外の周りの環境に左右されたくないのです。

そうは言っても人と人が手を取り合っている特殊社会です。
これからもまだまだもめるとは思いますが、そのたびに、やっぱりダンスが好きだなあ、と前よりも一回り成長できる心持や余裕を持っていることを、忘れないでいたいです。

一時期に集中していろいろな経験をしたので、社交ダンススキルは多少なりとも上がったと思います。
今後は過集中を控え、翻訳勉強(頭脳労働)とダンス(肉体労働)のバランスをきちんと取ったうえでの、細く長い健康維持スポーツとして関わっていく所存です。

週に一度か二度は、やっぱりダンスがしたいです……。

ダンス歴、もう二年、または、まだ二年。
個人レッスンのお教室では、今年御年80のおばあさまも元気に踊っておられます。15年くらい前から習い始めて、これからラテン習い始めるのー、と意欲的です。
私も生涯現役でいられるよう、細く長く続けていきますよ!

関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。