スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

フランス語脳プロジェクト参加開始

このところ、フランス語にアツかったのには実は理由がありまして。

ポリグロット研究所のTriviumコースでフランス語に初めて触れた後、これだけでは自分には足らん!
と思った部分を強化できる教材に巡り合ったからなのです。

実は、トリヴィウム中にちょいちょいネットでの評判は目にしていました。
そのときは目の前の翻訳課題に精一杯で、なんにせよこの課題の山が片付かないと新しいことは始められない、と我慢していたのですが、今月の初めにそれも落ち着き、ようやっと実態を知ることができました、虎と小鳥のフランス日記。


虎と小鳥のフランス日記」http://toratokotori.com

メンバーになると週に一回、パリの「今、なう、そして生」な動画が届き、自然なフランス語とフランス知識が身につくという画期的な教材です。

テキストのみでフランス語を学んできた私には、発音と会話がまったくできないコンプレックスがありました。
いや、もちろん今でもあります。

考えてみるとあっていいんですけれども。だってフランス語を始めて一年で、その間文字と辞書、文法書だけで学んできたのですから、それで当たり前なんです。
翻訳講座に最短でたどりつくため、どうしても削らなければならない時間をひねり出す必要がありました。それが会話と発話部分だったので、それに関しては後悔してません。

実際にそのおかげでテキスト自体は読めるようになったわけですし。

ただ、今後を考えるとこれだけではあかんと思うわけです。
フランス語も翻訳言語として考えるのであれば、フランスの方ともメールや電話でのやり取りがあるでしょうし、そのときにテキストだけ読めます、というのは明らかに不自然。
また、たった一年の知識で翻訳者として通用するか、というと答えはNonですよね。

お試し期間があったので、実際にこの虎と小鳥が自分に合うかどうか、じっくりと考えました。
結果、一年間付き合っていけると判断したため、今回参加することにしました。

決して安くはないですが、おそらく自分がこれから得るものに対しての対価としたら、安いものなのでしょうね。
というのは、来年の自分への問いかけですが。
このプロジェクトに本気で取り組めば、おそらく私がドイツ語にかけてきた6~7年間と同じくらいの実力はつくと思います。
それくらい、体系だったプログラムを組んでくださっていると思います。

今は始めたばかりなのでいつ何を何時間で、など週間予定が立っていませんが、数日中にはこのプロジェクトにも慣れ、自分の一部になるんだろうな、という予感でわくわくしています。

まずは虎と小鳥のフランス日記(動画)、星の王子さまで学ぶ文法・会話講座、それに発音講座の3本仕立てでフランス語時間の計画を立てていきます。

その合間にドイツ語(DWのTopテーマの翻訳)と英語(アメリア課題)も入れこむとなると、なかなか今後もハードな日常がやってきそうです。

しかしどれも、楽しい日常です。

関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。