スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

脳を単語辞書にする方法

昨日は仕事帰りにダンスの個人レッスンがあったので、ドイツ語のみで一日が終わりました。
本日は先週の虎と小鳥動画を見て聞いて解説授業にもじっくりと取り組み、仕上げに「脳を単語辞書にする方法」の解説ビデオの実践です。

どのようにしたら単語が覚えられるのか。
これは外国語を習う方々には切実な問題ですよね。
私も単語を増やすのが非常に苦手でした。今でもなかなか増えません。

しかし、今回のこのビデオ。
すぐに単語に取り掛かりたくなる作りです。

しかし手持ちのフランス語単語帳がないので(まだ買ってません)、ドイツ語単語&熟語帳1800でお試しです。

1)準備と計画
なにを、どれくらい、いつまでに。
始める前にパブロフです。
決めた時間は必ず確保。
(今日は家に帰ってすぐ、10分間アラームで強制終了)

2)記憶作業
わかっている単語より、分からない単語をリストアップ
(今日はさわりの頁だったので、分からない単語がひとつもなかった、あかん、参考にならない、か……続けていくうちに何個か出てくるだろうから、それを要チェック)

3)保持作業
翌日の単語記録時間は、前日の復習から。ざっくりでいいので最初にまずは復習。
忘れていたら、音読→書き写しの順で、手段を変えてみる。
(これは明日以降に試してみる)

これをまずは、ビデオのお勧め通り1週間続けてみます。
7日目は安息日にして、一週間分の復習日に。

フランス語の単語帳は、何を買おうかな……?
キクタンが良いのか、このドイツ語1800のようなものがフランス語にもあるのかな。
書店で探してみます。

関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。