スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

脳を単語辞書にする方法その2

早速、フランス語単語帳を買いに走りました。
本日はあいにくの雨模様ですが、会社近くに本屋さんが二軒と雨雪しのげるアーケードがあるので濡れずにすみました。さすがは東京。便利きわまりない。

徒歩数分内に大型書店が二店あると、品ぞろえも微妙に変えていたりで、フランス語の蔵書もそれぞれでした。
両方に足を運んで今の自分が一番惹かれる単語帳を選びました!

データ本位 でる順仏検単語集―5級~2級準備レベルデータ本位 でる順仏検単語集―5級~2級準備レベル
(2006/04)
久松 健一

商品詳細を見る


この1冊を覚えれば、約1800語のフランス語が自由に使えることになります。
また、仏検に対応しているため、秋(11月)の仏検を受けるときにも役立ちます。(……よね?)
なにより、今使っているドイツ語単語帳にちょこっとだけ似ていたので、そこが決め手だったともいえます。

ちなみにドイツ語単語帳はこれです。

独検合格 単語+熟語1800 改訂版独検合格 単語+熟語1800 改訂版
(2004/06)
在間 進、亀ヶ谷 昌秀 他

商品詳細を見る

単語(ドイツ語)→日本語→例文 の並びで、この例文に大変お世話になった覚えがあるので、
できるだけ単語と例文がセットになった本を選びたかったのですね。

単語だけでなく、その後の学習にも例文は活躍します。できるだけ長く単語帳とのお付き合いは続けていきたいので、イラストもCDもついていませんが、例文が豊富なこのでる順にお世話になることにしました。

新しい本はすぐに読みたい&解きたい派なので、帰り道に早速単語暗記スタート!
1)10分間(アラーム)でできるだけ単語を読む
 わからなければすぐに単語の意味を見る。1回目はさらっと流し読み程度。わからなかったところはシャーペンチェック。

2)10分後、すぐに2回目のチェック。
 わからなかったチェックを重点的に。今度は声に出しながら(電車内だったので口パクで)。なんとなく、わからなかった単語の糸口がつかめたような気が。

3)帰宅後、3回目のチェック。
 音読しながら。これで意味が取れない単語は、ノートに書き写してまた明日チェック、と思ったらこの3回目で今日の分は全部意味が答えられました。せっかく新しいノート買ったのに……まださらっぴんなノートのままですよ。

なるほどなるほど。
今の段階では、
・書けなくてもいい、意味がわかれば。
・わからなくてもいい、わからない意識を持っているうちに覚えれば。
・今日で覚えられなくてもいい、明日復習すれば。

こんな軽い感じで、まずはこの単語帳を一冊、毎日こつこつと進めていこうと思います。

一日×頁、と決めるよりは、一日10分間、と時間区切りをする方が私の性には合っているようです。
これは個人差かしら?

関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。