スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【Le petit prince】第2回・冠詞について

フランス語脳プロジェクトの教材は、動画と紙での解説なので、手軽にささっと場所を取らずにできるのが一番の利点だと思います。

しかし内容はささっとできるものではないのだ~。

今回は星の王子さまで学ぶ文法講座・第二回です。

現在第五回までのビデオが届いてます。授業を受けたのは第三回までです。
今週は夜に出ていることが多く、家に戻ってからPCからウォークマンにダウンロードする時間がなかなか取れないのが進まない原因です。
週末には第五回まで終わらせますよ!

***

今回は、「冠詞」です。
日本語とロシア語には冠詞はありませんが、私が習ったことのある他の言語には大抵ありました、この項目。

そしてドイツ語で何年もかかってじわじわと理解していった冠詞が、今回のビデオであっさり解明されていてちょっと面白くなかったり……。
いやいや。
こんなにすっきり解説されればこれから外国語を習得される方の時間と苦悩は大幅に軽減されるので、なんとも羨ましい限りです。

そしてフランス語とドイツ語の冠詞は似ていますが、一部やっぱり互いに独自なものがあるので、その違いが面白く感じました。

フランス語には不定冠詞・定冠詞・部分冠詞があります。
ドイツ語には部分冠詞はありません。

仏語で部分冠詞を使うのは数えられないモノに対してですが、ドイツ語であればそういった名詞は無冠詞で表すのが多いような気がします。
(※ここは後でしっかり調べておくこと※)

また、ワインひとつとってもいろいろと冠詞の違いで意味が前々違うというお話は興味深かったです。
大事なのは、冠詞を使うときの感覚。
発話する側の気持ちで冠詞が変わる。なんとも言葉は生き物ですねえ。

部分冠詞がいまいちつかめていなかったのですが、今回の動画でとっかかりができたように感じました。
うーん、動画で授業が受けられるのはとっても助かります。
通勤列車が教室に早変わりですからね。

関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。