スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

ホールドに始まりホールドに終わる……?

社交ダンスで何が一番難しい?
とよく聞かれますが、私の答えはいつもひとつです。

ホールド!!

男性役女性役のふたりがひとつに組んで、ひとつのステップを合わせながら踊るのが社交ダンスですよねえ。
ラテンはまだいいんです。
(と思うのは、私がラテンの入り口にも立っていないからかも。ラテン専攻の皆さま、ラテンを甘く見ているわけではありませんのであしからず)
接触面が少ないイメージですから。影響を受けるのは最小限で済むわけです。
女性はそのかわり、男性次第ではなく自分で動く必要があるわけです。これはこれで大変。

そこで、モダン(スタンダード)です。
基本はいつも、両手を相手に捧げているイメージです。
男性の右手が女性の左肩甲骨下あたりにおかれ、女性の左手は男性の右腕の上にそっと(ほんとにそっと?)置く。
逆手は互いに軽く握りあう。
これでホールドは完成です。

と、初めに習いました。
いまだに、習っています。

ダンスタイム 第9号 (講談社MOOK)ダンスタイム 第9号 (講談社MOOK)
(2011/09/26)
クレアポート

商品詳細を見る


↑イメージ画像。目指すホールドはこれです。
男性と女性の間の空間がこう、広がってほわっと見える形。

体に負担がかからず、見た目にもよく、自分たちも一番踊りやすい、
そんなホールドを、私は目指しています。

今日も練習頑張ってきます……。
関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。