スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

『虎と小鳥』第109話

今週のキーワード:
バーゲン
サ イ エ!(再び)
ディクテ
お店の外で待つのはわんこと同じです

フランスでは6月末から夏のセールが始まった、との報告から始まる今週の虎と小鳥。
つい先日私も日本で参戦してきただけに、今回のお話は何回も見てしまいました。
どの場所にいても女性の情熱って共通なのね……。

さて、今回はいつもの動画鑑賞に加え、新しいことを試しました。
ディクテです。
カミーユのナレーションを聞いて、フランス語で書きとっていく作業です。

むろん、虎と小鳥初心者である(かつフランス語音声に親しみ始めて一か月経っていない)私がいきなりチャレンジして書きとれるわけはないので、下準備込です。

まずは、動画を見る。
日本語字幕→フランス語字幕→字幕なし

→解説授業(授業メモをPDFスクリプトに書付)

→万全を期して、ディクテ。

そして冒頭のカミーユの説明で脳みそを使い果たし、終了。

一分にも満たないフランス語を書きとるのにこんなにも時間と労力を使うのですね!
最初の夏のセールを説明する第一段落だけで30分くらいは全部でかかったでしょうか。
いやあ、外国語って難しい。
だがそれが面白い。

語尾の子音を読まないフランス語なら、ディクテは聞き取った音+文法理解力が鍵ですね。
幸いにも文法知識は若干ついていたので、後で子音を書き足して一部自己採点で丸がつくところもでました。

今回カミーユは冒頭部分をそうとうゆっくりとしゃべってくれたので、初挑戦でも何度も聞けば聞き取ることができました。
小さな成功体験♪
また来週も、ちょっとだけでもディクテにチャレンジします!

***

そして忘れちゃいけない今回の大事な表現。

Alors ça y est, j’ai craqué.
さて、やっぱり負けました。

サイエさんは前にも虎と小鳥でお知り合いになったことがありましたが、今回もいらっしゃいましたね。
文脈次第でどうにもとれる万能表現、とのことですが、これは翻訳泣かせでもありますね。
こういった短い文章こそ、日常的に使われる分定訳がなくて……頭をひねり倒してうまく日本語に置き換えることができたときのあの「やった感」がたまらないのですが。
またお出ましになったときにはどんな日本語さんになられているのでしょう、サイエさん。楽しみです。

最後に一言。
もしも私なら、買い物長いのでその日は別行動にすると思います。
このインタビュー受けた男性はそうとうに優しいですね。
それか彼女にべた惚れなのか……うらやましい。


関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。