スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

『虎と小鳥』第117話

今週の私的キーワード:
・ヴァカンスでニースに来ています、と言ってみたい
・曜日表現にもにょもにょ
・地名は日本語読みか現地読みか

今週の虎と小鳥は、いつものパリからではなく、ヴァカンス先のニースからです!

◆フランス自体訪れたことがないので、パリはもちろんこのニースもPC画面を通しての初ご対面です!!
いいところですね~私もケン先生のように海が好きなので、ヴァカンスでしたらこういった、海が見渡せる場所でぼーっと一日を過ごしてみたいです。
なんにもしないで海の満ち引きだけを感じている贅沢な時間。
うーん、理想です。
来年の夏あたり、そんなヴァカンスしてみたい!(書くだけはタダです)

Nous sommes en vacances.
私たちは今ヴァカンス中です。

Nous sommes mardi.
今日は火曜日です。

これ!このフランス語表現が、私にとってはなんというか飲み込めない部分です。
直訳すると、「私たちは火曜日です」??
こういった表現が定型なのだと頭には入れてあったのですけど、この曜日表現はドイツ語にもなかったので、まーだもにょもにょしています。
ちなみにドイツ語で同じようにしばらくもにょもにょしていたのが、やっぱり曜日関連でした。

‐‐‐ここからドイツ語‐‐‐
Welchen Tag haben wir heute?
(直訳:どの日を私たちは今日持っていますか)→(今日は何曜日ですか)
Heute ist Dienstag.
(今日は火曜日です)
‐‐‐ここまでドイツ語‐‐‐

でもこの問いかけは、「どの日を」「持っていますか」だけに、なんとなく消化できたんです。持つ、という表現であればなんだか、ストンと理解の井戸に落ちてきたというか。
しかし、我々は火曜日です、にはまだ納得いきません!
これは自分ではなかなか使えない表現だ~我々は木曜日だ!いや、私は土曜日生まれだ!(関係ないですね)

……と、ここまで繰り返し書いたので、次回からは我々は何曜日だ表現は使えるようになっていると思います。
忘れないだろう、流石に。

◆地名問題
解説の冒頭で、ケンとティファニーが「コートダジュール」と「シミエ」を発音するときの注意点を教えてくださいました。
これ、読むときもですが、訳す時も困ります。
有名どころならまだいいんですが、探しても日本語読みが載っていないところは、どう訳せばいいのか。
一年受講していた通信講座では、どう解説もらっていたっけかな……?

そんなこんなで、若干短めの今週の感想でした。

来週はどんな動画がとどくでしょうか。

また楽しみにしています♪

関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。