スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

冬休みのTOEIC対策

もうすぐ年末年始のお休みも終わりますが、この暦に恵まれた今年の冬休みに私が集中的に行ったのは、これです。

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉
(2012/06)
Educational Testing Service

商品詳細を見る

ひたすら、TOEIC公式問題集を解きまくること。
といっても、やみくもに解いているわけではなくて、ヒロ前田氏推奨の3回チャレンジ法に従っています。

1回目→実際の試験時間に従って2時間(リスニングはノンストップ、リーディングは55分きっちり計って)
2回目→解答の記号のみチェックし、正答数だけ数えてすぐ2回目チャレンジ。このとき時間は気にせず、わかるまでひたすら問題に向き合う。
3回目→2回目の後解説を読み、完全に理解してから数日経って再び時間通りに解答。完璧に答えられる、のが理想だけれどもなかなかそうはならない。不思議。

これの、2回目がものすごく時間がかかっています。
とてもじゃないですが、試験時間内には終わりません。
聞き取れるまで、リスニング問題をリピートしてもわかりません。分からない問題は、十回聞いてもわかりません。ただ、内容が分からないのであれば語彙不足。聞き取りづらいのであれば、スピーカーのお国なまりに私の耳が対応できていない可能性も。そこを洗い出すのがこの、「分かるまでリピート」「分かるまで読み込む」2回目なのかな。

しかし公式問題はお流石です。
解答を繰り返しているうちに自然とTOEIC語彙が増えていきます。今まで金のフレーズでなんとなくなじみがなかった単語も、公式問題集で何度も出てきますから、頭にようやく定着していきます。

これは……公式問題集が永遠のベストセラーな理由がわかります。
多少お値段が張ることも目をつぶりますよ。
TOEICはつくづく、本人の英語力だけでなく、いわゆる「TOEIC力」がないと時間通りに解答できないものなのだなあ、と問題を解いていてしみじみ思います(といっても、私の英語力自体はたいしたことないのですけれども……それをカバーできるのがプラスのTOEIC力かな?)

来週の本番が楽しみです。
関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。