スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

TOEIC後の行動(2)ドイツ語編

TOEIC当日ネタでまだ引っ張ります。
受験後、買い物に走ったことは昨日書きましたが、その後喫茶店に寄って今までのドイツ語フラストレーションを解消してきました。

ドイツ語が!
読みたかったのです!!

しかしTOEICが終わるまではぐっと我慢の子をしていました。
なぜならドイツ語読み始めたら止まらないから。止められない予感があったから。
そして案の定、今までの分とばかりに、一時間半で翻訳課題をゼロから全部仕上げました。
どれだけドイツ語不足していたの私。

TOEIC受験しに行って、カバンの中にはドイツ語の電子辞書とテキスト入っていました。
終わったらやっていいよ、とこれもまた自分へのご褒美ですね。

これを踏まえてみると、自分の英語力はまだまだだなあと思いますね。
ドイツ語の翻訳課題はそれほど難しいものではなかったとは言え、一度ざっと目を通して意味の確認をしたときに、文法上不明なところが残りませんでしたもの。若干の専門用語はのちほど調べなくてはいけないですが、何が書いてあるのかさっぱりわからん、はありませんでした。

対して英語。TOEIC。リーディングは時間制限があったとはいえ、「ざっと目を通す」までのレベルにまで達していません。英語でざっと目を通したら、多分意味がとれない。ということは、読む絶対量が足りていないのですね自分。
なるほど今後の課題がよくわかりました。

そしてドイツ語がやっぱり好っきやなあ、ということも再確認できました。
TOEIC対策のためにしばらく離れていましたが、テキストを読み始めたらドイツ語が体に染み込んでいくような錯覚がありましたもの。
ドイツ語さんとはかなり長いおつきあいですから、ちょっとくらいご無沙汰でも大丈夫ってことですか。
英語さんもフランス語さんも、このレベルまで引き上げたいですね。

まず英語は多読と語彙。フランス語は文法(特に動詞の活用)と精読ですね。虎と小鳥も再開します!

関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。