スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

8月に国家試験受けます

今年の8月に、ある国家資格試験を受けることにしました。
外国語関係ない試験です。

学科試験と実技試験に午前と午後で試験が分かれていますが、今回の試験はあわよくば両方合格、最低ラインが学科の合格が目標です。

2~7月までで一通り試験対策を終え、8月は事前の弱点補強に費やす計画を立て終わったところです。
まずは、二週間で教科書をさらっと一周し、その後は問題集をつぶしながら疑問点を都度教科書で確認していくスタンスをとります。

学習時間は、今の自分のマックスではなく、7~8割程度。
週に一度は休息日を設け、遅れた場合の調整日に当てます。

もちろん、この試験だけではなく翻訳も外国語学習も並行して続けます。
そのために、余裕を持った学習時間プランを立てました。

この国家資格を取ってすぐに職にありつけるわけではありませんが、確実に今後の翻訳者としての人生にもプラスの影響がでます。
この資格+翻訳者、となれば、○○分野では鬼に金棒ということも調査の結果分かりましたし、気合いを入れてまずはこの分野の理解に励みます!

しかしアルファベから日本語への学習もしくはアルファベの羅列を理解する方向でしか働かせていなかった頭でも、急に難解長文な日本語を、深くは理解できなくとも読めることは読めるのですから、やはり母語というものは強いです。

そしてこの新しいジャンルの理解を深めながら、「ほ~、こういった事象のときにはこう訳せばいいのか」と翻訳の視点からも文章にあたっているので、資格試験と翻訳者としても二倍お得な勉強時間です。

今後は計算問題や図面理解も入ってきますが、どことなくウキウキした気分で取り組んでいけそうな、楽しい予感。

関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。