スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

フィンランド語をGW中に

またまた期間があいてしまいました。
今年は激動の一年です。毎日新しいことが起こるのは変化があって大歓迎なのですが、流れに乗るのも一苦労で、なかなかじっくり考えることが難しい。でもそれが楽しいんですけどね。
たまに流れに乗りそこなってうっかり間違った流れになったりもしますが、まあなんとかなるでしょう。

そんなわけで、せめて自分でもしっかりした流れを作らねば、と長期休暇にひとつじっくりできることを考えました。
年末年始のお休みでは、TOEIC公式問題集をやりまくりました
なつかしい。もう季節がひとつ過ぎ去っているんですね。しかしあれだけ繰り返しただけあって、いまでも解いた問題をうっすら思いだせます。特に苦戦したところは。

長期のお休みは時間が取りやすく、普段のお仕事8時間分をまるまるそこに充てられるので語学には最適なのですよね。
今年のGWは飛び石ですが、職場の皆と有給調整しましたので、私もそれなりに時間があります。
そこで、今回のお休みには「フィンランド語」に挑戦します。

先日本棚整理したときに大量に出てきた過去の北欧語への憧れ。
フィンランド語、スウェーデン語は各2冊ほど参考書出てきました。
なかでも一番面白そうだった(開いた形跡はありますが、まったく記憶には残っていない)のが、この本。

フィンランド語が面白いほど身につく本―ABCから旅行会話までマスターできる (語学 入門の入門シリーズ)フィンランド語が面白いほど身につく本―ABCから旅行会話までマスターできる (語学 入門の入門シリーズ)
(2002/08)
栗原 薫、マルユットゥ コウリ 他

商品詳細を見る

今は新版が出ているようですが、私が購入したのはこの旧版。
新しく書籍を購入することなく、新しい言語が学べるという、過去の自分GJです。

今はまず、フィンランド語の響きとアクセントに慣れるため、本を開く前にひたすら音声を流している状態です。
音を体に染み込ませる前に文字を入れると、自分にはあまりよくないことが最近わかってきましたので、まずは、「音から」。

しかし可愛らしいですねフィンランド語って。
意味はわからねど、やわらかくてふわふわしていて耳に快いです。

関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。