スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【読】 『絶対ブレない「軸」のつくり方』

絶対ブレない「軸」のつくり方絶対ブレない「軸」のつくり方
(2010/12/10)
南 壮一郎

商品詳細を見る

図書館で巡り合った本。
何の気なしに手に取ってみましたが、自分の今の状況を考えるに「しかるべき時に巡り合えた本」なのかな、と思えます。

内容に関しては、賛否両論まっぷたつに分かれそうです。
読む側の気持ちやバイオリズムで、今はこの本読みたくないとなるほど、熱いです。げきアツです。
ただ、自分に発奮をかけたいときにはよい燃料となります。
作中で何度も語られる、
「待っていてもドアは開かない」
「ドアは自分でこじ開けるもの」
「行動することにリスクなどない」
これは、魔法のフレーズです。著者が自身の夢のドアを開くためにとった行動は驚きの連続でしたが、それは情熱をこめた手当たり次第で、私が目指している道にも通じる部分がありました。
もちろん、手当たり次第では効率が悪い、情報をもっと集める方が実現は早くなる、と著者も後ほど語られるわけですが、それでも当時に行ったその無鉄砲行動は、無駄ではない、と締めています。

毎日読み返すには(なにせ本文がひたすらアツいため)エネルギーが要りますが、迷ったときや少しだけ外部から元気をもらいたいときには再び手に取りたい本になりました。

関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。