スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【読】 5分の使い方で人生は変わる

最近新しく通うようになった図書館は、広すぎず狭すぎず。ぐるり一周するのにちょうどいい広さです。
蔵書も図書館によって違いがあって面白いですね。職場近くの図書館の後に、この自宅近くの図書館に寄るはしごをすることも。

この本も、図書館ぐるり一周中に目に付いたものです。

5分の使い方で人生は変わる (角川フォレスタ)5分の使い方で人生は変わる (角川フォレスタ)
(2013/12/21)
小山 竜央

商品詳細を見る

いわゆる、「これを行ったら成功します!」系の本ですが、冒頭から衝撃です。
以下、冒頭より引用。

「いきなりですが、断言します。これまでの成功本は全て役に立ちません」

「なぜなら、過去の成功本というものは、「たまたま」うまくいった事例を、あたかも全員に当てはまるように述べられているものがほとんどだからです」

「本書は、成功哲学についてではなく、成功科学についての本であると、私は考えています。ですから、極力、万人が結果を出せるメソッドを多く紹介しています」


どうですか、これ。ものすごい自信です。
自己啓発系の本はそれなりに読んできたので、全部丸のみで実践しよう!とは思ってませんが、なかなか説得力のある文章です。

そして、章立ても細かく、多数の案が提示されているので、おそらく一つか二つくらいはそれぞれビビビッと来る(古いでしょうか)項目があるのでは?

ちなみに私のお気に入りは、
・「夢は原則、叶わない」
フェラーリに乗りたい、という夢は原則叶わない(これはこれで結構衝撃的な断言ですね!)。しかし、フェラーリを10台くらい購入できる規模の会社を興す夢を持てば、その夢の途中に、「フェラーリに乗る」ことが通過点として現れる。
つまり、夢=ゴールではなく、夢=通過点にしてしまいましょう、と提案されているのです。
これ、面白いです。
私も早速目標を一段階上げました。
今の自分ではちょっとキツイのでは、と思われるくらいの大それた目標設定です。
(ちなみに翻訳に関する目標です)
心の中と、手帳に書いた程度ですが、この効果凄いです。脳が目標を認識しなおしたのか、当初予定していた目標は、本当に「ああ、通過点だな」と気負うことがなくなりました。
このままいけば、当初の目標には到達できます。
これ、簡単にできますので是非この本をパラ、とでも読まれて試していただきたいです。
自分の認識って簡単に変わるんだな、を身をもって体験しました。

他にも、
・「世界はゲームである」と思う

・“神の視点”から自分を見る

・複雑なことは単純化して解決しよう

などなど、タイトルに沿った内容がもろもろ心に刺さります。

あとがきにもあるように、このレビューを時折自分でも見返して、忘れないことが大事ですね。
「思いこみ」と「当たり前の規準を高める」を続けていく、(一日たった)5分の努力。
良書でした。また借りたいです。


関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。