スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

船はひろいな大きいな

元南極観測船しらせ!
現気象観測船SHIRASE!
どどーん!!!
CA3J0186.jpg
某Wikipediaに載っていたのとそっくり同じ写真が撮れました。皆さんやっぱりここが撮影ポイントですよ、ね。

先週の土日(5月24日・25日)に、千葉港京葉埠頭に係留している元南極観測船しらせの一般公開イベントが行われていました。

その名も、
「チャレンジングSHIRASE2014 第3回」
~SHIRASEで体感する『五象・五季・五感』

です。今回のテーマは、『海象』でした。

第3回ということは、今年に入ってすでに2回行われていたことになりますね。知らなかった~。
しかし今回は天候も良く、私のスケジュールも丸空き。行くしかない!

ということで、日曜日に電車を乗り継いで行ってきました、千葉県は新習志野駅まで。
ここから無料送迎バスが出ているのです。

乗り継ぎが良かったのか、駅からのバスは待たされずにすぐに出発。

お昼前には会場である京葉埠頭に到着しました。
ちなみにこの場所では、SHIRASE一般公開と同時に「マリンフェスタ2014 in 船橋」も開催されていました。
マリンフェスタの主催は、自衛隊千葉地方協力本部。
ですので、陸自や海自の皆さんともお会いできましたよ。なんで護衛艦や軽装甲機動車とパトリオットが南極観測船イベントにいらっしゃるのかと思いました……そんなものものしい警備体制なのかと一瞬びびりました。
総合案内でイベントマップとプログラムを早々にもらっておいたのに、一目散にSHIRASEに向かうから勘違いが生じるわけです。もらったものはきちんと読みましょう。はい。

CA3J0184.jpg
SHIRASEの甲板から見た、護衛艦「やまゆき」のお姿。
ノートリミング、ノーズームです。
午後からの一般見学開始時間に合わせて人がずらりと並んでいるのがうっすら見えますね。甲板から人の波が引けるのを待ってから、私もやまゆきに乗船しました。

その前に、SHIRASE船内で行われていたイベントを総体験です。
・船内スタンプラリー
・船内プラネタリウムMEGASTAR
・ソラヨミ道場
・船内見学
これだけで、3時間はゆうに楽しめました。

スタンプラリーは、南極の海に関するクイズがあちこちで出されていました(今回のテーマが海象だからかな?)
基本的に前に答えた方とは同じ問題にならないように、それぞれのポイントに複数の問題が用意されているようで、さらには難易度もそれぞれのようで……めっちゃ難しい問題ばかり当たる方もいました(それは私)。
間違ってもスタンプは押してもらえるので、カンで答えてましたが、船内を見学して資料を読んでいれば答えられた問題も多数ありました。次回は船内見学を最初にしよう。
(今回は時間の都合上、船内見学を最後の最後にしました)

そして今回の私の目的と言っていい、「MEGASTAR」での船内プラネタリウム!!
これは乗船料とは別にプラネタリウム料金をとられますが、料金支払ってでも見る、べき!というか、見てください。
MEGASTARはものすごいプラネタリウムだと話には聞いていたのですが、東京近郊ですと日本科学未来館の常設くらいしか私の家からは行けず、しかも毎回予約がすごいと聞いていたので今回SHIRASEでそれが見られる、と大興奮しました。
第一甲板の倉庫に設置されたプラネタリウムは、外から見るとこんな感じ。
CA3J0183-2.jpg
空気で膨らませているので、出入りは手前の小さな入り口から、数人ずつ空気が抜ける前にちょっとずつ行われます。
プラネタリウムテントの手作り感と、MEGASTARの言葉をなくすほどの星空のギャップ。
これは、科学未来館の常設プラネタリウムも是非とも行かねば。
今回は千葉は船橋の星空から、南極の空まで旅をしてきました。南半球の空は、私の知っている空と大分違いました。
SHIRASEが現役のころは、この星空を毎夜眺めていたのか……。
感慨深い時間となりました。またあったら絶対見ます。

ソラヨミ道場。
その名の通り、天気予報をしてみようのコーナーでした。
SHIRASEを所有しているのが民間の気象会社ウェザーニュース(現在は関連会社のWNI気象文化創造センターに移管されているようです)のため、もちろん気象もからめてきますよ。
ここは、なんというか、うん、ほほえましかったです。
ちょうどハロ(暈・かさ)が太陽の周りに出ていたのですが、その説明と、これから天気がめっちゃ悪くなる予報の雲はどれか?といったクイズが出たりでした。フリップも手作り感が。
次回はもっと凝った作りになるのか、気になって次も足を運びそうです。

船内見学は順路は完璧に決まっているものの、時間内でしたら何度でもいつでも大丈夫でした。
私のお目当ては、何度も画像で見ていた、コレです。
CA3J0192.jpg
右側に、昔懐かし床屋の目印、バーバーポールがくるくる回っています。

CA3J0195.jpg

「失敗と絶望」という名の星のもとで、鋏と櫛を手に考える――「まぁいいか!」
恐怖の理髪屋 タイガーカットハウス しらせ本店


タイガーカット。
虎刈り。
このセンス。最高です。

もちろん他にも医務室や食堂、個室も艦橋も見学しましたよ?しかし、タイガーカットハウスのインパクトが強烈すぎて。
やはり百聞は一見にしかず。

その後、やまゆきさんにも乗船しました。
流石は護衛艦。金属探知機と入念な荷物検査を経てからの乗船許可。
しかしこれくらいは当然だと思うので、むしろ安心しました。
CA3J0188.jpg
これでも護衛艦としては小さい方、というのは本当ですか?
他の艦はどれだけでかいねん。
私が見学していた時間に、SHIRASEに乗艦しているボーイスカウト(だったかな?)少年とやまゆきの自衛官による、手旗信号会話が繰り広げられていました。
手旗信号で実際に交信しているところ、初めて見ました!
以下、やまゆき艦内に流れていた放送。
(うろ覚えのため、だいたいの記憶で再現しているので細かい表現は異なっている場合がありますが、概略は間違ってないはずです)

「SHIRASEからの通信文は、『船で楽しいことはなんですか』です」
「やまゆきからの返信文は、『やはり食事ですかね』です」

こらー!
少年に現実見せたらあかん! ここは、「任務は厳しいですが、同時に楽しいものです」とかなんとか言ってください。みんな、海自の皆さんに夢見てますよ!
ご飯の時間楽しみです、って少年か!!
手旗信号の係の方の即興なのか、念入りな打ち合わせの上に行われたものなのかが激しく気になります。
そして帰宅後、この手旗信号交信がめちゃくちゃ面白かったので、手旗信号の仕組みに詳しいHPでこっそり文字を覚えようとしたのは私です。
なるほど、基本的にひらがなをなぞっているのね。


こうして、楽しい船の旅(停泊してるけど)は終わりを告げました。
下船後、埠頭の隣にあるサッポロビールの見学ツアーに参加し黒ラベル試飲で喉を潤して船橋港を後にしました。

次は7月にイベント開催予定とのこと。
真夏のSHIRASE、めちゃくちゃ暑そうです。次回は水筒持参で「チャレンジングSHIRASE」にチャレンジしますよ!

それではまた、すぐにお会いしましょう。SHIRASEさん。
CA3J0187.jpg

関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。