スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

【Le petit prince】第9回・人称代名詞&指示形容詞&所有形容詞の復習

みっちり、むっちり、ごりごりの復習回でした。
先生ご自身も講座のなかで、今回はちょっと難しいとおっしゃられています。
実際に練習問題で復習した結果。

全12問中11問正解でした。また全問正解できなかった……。
つめが甘いとはこのことです。
それと、今回の分野は口から反射的に、つまり考えなくても正しい答えが出てくるまでごりごり練習する必要があります。とっさに間違えたら、なんだか気持ち悪いな、居心地悪いな、レベルまで昇華できればマスターと言っていいのではないでしょうか。

もちろん私はまだまだその域には達せられておりません。考えながら答えています。要修業。


<前半・僕の秘密>

物語の要である、キツネさんの大事なお話。第二十一章とは、かなり後ろの方ですね。

mon secret
僕の秘密


は、あまりにも有名になりすぎて、もはや秘密でもなんでもない状況になっております。
大切なものは……ですよ。

数量化不可能な絆と、時間を費やすことの重要性を説いていますが、実際物語のなかで王子さまとキツネはどれくらいの時間を共に過ごしたのでしょうね。少なくとも毎日同じ時間に来なくちゃ、と忍耐だよ、ということからして二、三日ではないと思うのですが。

それを言ったら、「僕」と王子さまは砂漠で遭難して水が尽きるまでの期間を一緒にいたわけですから、これまた数日間なわけですが。それでもその絆が浅いものだとは口が裂けても言えまいて。絆のためには、費やした時間+濃度ですかね、やっぱり。


<後半/
人称代名詞・指示形容詞・所有形容詞の練習>


その前に、「donner 与える」動詞の解説と練習問題から。

donner A à B
AをBに与える



前置詞 àの説明がまた実にわかりやすい矢印でした。
そう、直接目的語はまだいいのです。問題は間接目的語なのですよ……。
私の弱点も「~に」さんです。

彼女は彼に彼らの本を与える。彼女は彼にこれを与える。
Elle lui donne leur livre. Elle le lui donne.



一番考えた問題。最後から二番目のものなのですが、何故かものすごく考えました。

leur さんになじみが薄いからですね、多分。

間接目的語のleurと、所有形容詞のleurさんの使い分けができていないんです。よし、わかった。

あと何回か復習するときは、このleurさんをまず思い出すことにいたしましょう。
(ここまでleurさんにご登場いただけば流石に忘れまいて)


関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。