スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

近況報告

ここ一週間は、体調不良だったり、独立記念日だったり、ワールドカップだったり、ドイツ語小説のトークイベントに参加したりともりだくさんでした。

CA3J0250.jpg
特にこちらのトークイベントは参加できて良かった!
価格以上の価値があったと思います。

また改めてこのイベントの感想はあげたいと思いますが、あのイベントに参加された方にはこの本をお勧めしたい。
↓↓↓
ドイツは過去とどう向き合ってきたかドイツは過去とどう向き合ってきたか
(2007/03)
熊谷 徹

商品詳細を見る


これを踏まえて、
帰ってきたヒトラー 上帰ってきたヒトラー 上
(2014/01/21)
ティムール ヴェルメシュ

商品詳細を見る

この小説を読むと、いや逆ですね。この帰ってきた~を読んでから、ドイツは過去と~を読むほうが、この本が賛否両論まっぷたつだった理由が分かってより深く味わえます。

関連記事
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。